【事例あり】機械設計のキャリアプランとは?

機械設計エンジニアとして、今後どのようにキャリアを形成するかは大きな課題です。ひとつの会社の中でもさまざまな選択肢があり、転職によってさらに可能性が広がる場合もあるでしょう。どのようなキャリアプランがあって、そのために何をするべきなのか紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェントである弊社「タイズ」は無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。あなたが、今すぐ転職を考えていなくても構いません。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計のキャリアプラン~同じ会社で働き続ける場合~

まずは同じ会社で働き続けると、どのようなキャリアプランがあるのか見ていきましょう。
以下が勤続年数ごとの主な役職と仕事です。次項から詳細について解説いたします。

勤続年数 役職 主な仕事内容
1~5年 社員 後輩指導
5~10年 プロジェクトリーダー メンバーの教育・指導
10~15年 係長 マネジメント業務
15~20年 課長、部長 責任者、数字管理

入社1〜5年目

入社してしばらくは、業務をこなしながら技術を習得して、一人前のエンジニアを目指します。先輩社員からの指導や助言を受けて問題点を改善し、単独で設計業務ができたり、プロジェクトの一端を担えたりするのがゴールです。そのころには、後輩社員の指導もできるようになるでしょう。

入社5〜10年目

入社から5年も経つと、自分の裁量で進められる業務が多くなり、技術的な問題を解決する能力も身についているはずです。主任やリーダーなど責任のあるポジションを任されるようになるので、自分自身だけでなく、周囲にも目を配らなければいけません。具体的には、教育や指導、プロジェクトのスケジュールや品質の管理などを行います。

入社10〜15年目

10年目あたりからは、係長などの役職に就ける可能性が高まります。自分が担当するプロジェクトだけでなく、組織全体を考えて業務を進めなければいけません。少しずつエンジニアの実務よりも社員のマネジメントに重点を置くようになります。顧客との窓口になって折衝を行ったり、トラブルに対応したりする機会も増えるでしょう。

入社15〜20年目

これまでの実績を認められれば、課長や部長などの要職に就くようになります。

課長であれば案件を受注し、各チームに業務を振り分け、経営方針に沿うように遂行しなければいけません。品質やスケジュールの管理はもちろん、売上や利益、コンプライアンスにも目を向けます。

部長は中長期的な計画を立てて実行に移し、配下の組織を統率するのが役割です。経営者としての視点も求められます。評価次第で統括部長や取締役など、さらなる上のポジションも目指せるでしょう。

スペシャリストコースのキャリア

このように、多くの企業ではキャリアを形成するうちにマネジメントへシフトするのが一般的ですが、エンジニアのスペシャリストを目指すコースもあります。

その分岐点となるのが10年目以降です。機械設計はもちろん、製品や技術の開発、研究、分析などの責任者を担い専門性を突き詰めます。最初はひとつの分野に集中しますが、最終的には総合的な技術力を持ち、大規模で重要なプロジェクトのリーダーを務めるのが理想です。

機械設計のさらなるキャリアアップのためにできること

では、これまで紹介したキャリアプランを実現するには、何をすればいいのでしょうか。

キャリアアップするために必要なこと

まず、最初の10年間は単独で自らの業務を遂行できるように、必要な知識や技術を習得するのが優先です。入社直後は周囲に指摘されないと自分の知識や技術不足に気づけないかもしれませんが、いずれは不足を自覚して、積極的に改善する姿勢が求められます。

上司や先輩社員の要求を理解して確実に実行し、後輩社員にもアドバイスできるようになった時点で、次のキャリアアップへ進めるといえるでしょう。

その上で、今後に役立ちそうな知識や技術を先取りで習得しておきたいところです。例えば、海外での勤務を目指しているのであれば、英語力は不可欠です。TOEICなら600~800点が目安となります。

また、キャリアアップするにつれてエンジニアの実務よりもマネジメントの能力が重視されますから、組織の運営や人材管理はできるようになっておいたほうが良いでしょう。

手法はある程度確立されていますが、実行するとなると自分ではなく部下を動かさなければいけません。相手は人間ですから、理論だけで動かすのは難しいでしょう。

普段から周囲とのコミュニケーションを深め、いざというときに部下を巻き込める熱量を持つなど、人間力を高めるのも欠かせません。

もしマネジメントではなく、エンジニアのスペシャリストを目指すのであれば、必要なのは実績です。どれくらい良い結果を出してきたかを重視されます。専門性を高めるのはもちろん、品質や性能、コスト面において顧客や自社を満足させるのも大事です。

同職種への転職

現在の会社で思ったとおりのキャリアプランを描けないようであれば、同職種への転職を考えるのも良いかもしれません。例えば労働に見合った給与や待遇を受けられない、エンジニアのスペシャリストを目指したいのにマネジメントしかキャリアプランが無いなどです。

ただし、機械設計は業務の幅よりも専門性の深さが重要なので、むやみに転職を繰り返すのは良くありません。ひとつの会社でじっくりとスキルや知識を身につけることが大切です。何も身についてない状態で転職を考えるのは時期尚早といえるでしょう。

「機械設計エンジニア」が知っておきたい転職のコツとは

セールスエンジニアへ転職

実務の中で、ほかの職種に興味を持って適性を感じた場合は、キャリアチェンジによって道が開ける可能性もあります。セールスエンジニアへの転職もそのひとつです。

例えば、顧客との折衝を得意としていたり、やりがいを感じていたりするなら、キャリアチェンジで本領を発揮できたり、給料や待遇を向上させたりできるでしょう。人脈づくりも強みになるかもしれません。

同様に上流工程に興味があるなら開発部門を目指す、マネジメントに興味があってマネージャーやコンサルタントを目指すなどのキャリアパスもあります。ただし、セールスエンジニアに比べると需要が限定される点は注意が必要です。

まったくの異業種へ

もちろん、機械設計や製造業から離れて、まったくの異業種へ転職する道も無いわけではありません。ただし、前職で培ったスキルや経験がほとんど役に立たないため、ほぼゼロからのスタートになります。

その結果、前の会社にいたほうが良かったということになりかねません。また、20代でなければ転職市場での需要も少ないでしょう。

機械設計エンジニアの転職については、以下の記事も参考になります。

【事例あり】機械設計の転職事情と求められる人材とは

理想のキャリアプランを描くには

キャリアプランの実現には長い時間がかかるため、「こんなはずではなかった」と後悔するのは避けたいものです。どのような点に気をつければいいのでしょうか。

自分のやりがいを見つめ直す

まずは普段の業務の中で、どこにやりがいを感じるのか見つめ直してみましょう。例えば難しいプロジェクトを成し遂げたとき、実績を上げられたとき、部下を指導しているとき、顧客に喜ばれたときなどです。やりがいを重視すると、自ずとキャリアプランは絞られてきます。

求める給料や待遇もキャリアプランの決定要素です。何歳までにいくら稼ぐか、どのポジションにいたいか、海外で働きたいかなど考えてみましょう。そのための要件は会社側で設定しているはずです。

人事考課についても知っておきましょう。実力主義と年功序列という違いや、品質優先かスピード優先かという違いもあります。それによって力の入れ方も変わってくるでしょう。

転職で理想のキャリアプランを描く

これらを踏まえた上で、現在の会社では自分の思い描いているキャリアプランを実現できそうにないと感じたら、転職を視野に入れても良いでしょう。

タイズは、メーカーに特化した転職エージェントです。タイズ独自のアナログマッチング®により、転職のプロであるコンサルタントがご希望や理想をヒアリングし、求職者の価値観や人柄についても深く理解したうえでマッチしている求人をご紹介します。エンジニアの仕事内容、市場価値、転職状況などについて熟知しており、求人先がどのような人材を求めているかを把握しておりますので、最適な企業をご提案いたします。

キャリアプラン実現のために転職をお考えの際は、タイズにご相談ください。

まとめ

機械設計エンジニアは自力で業務を遂行できるようになると、次第にマネジメントの比重が増えて、上のポジションを目指すのが一般的です。もちろん、エンジニアのスペシャリストも目指せますし、別の職種へキャリアチェンジすることもできます。もし、現在の会社でキャリアプランの実現が難しいようであれば、転職も検討してみると良いでしょう。お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です