機械設計のやりがいとは?向いている人の5つの特徴

機械設計は、専門知識と技術で多くの開発を支える重要な仕事です。幅広い業務を担い、ときには不具合対応などイレギュラーな案件を抱えることもありますが、大きな達成感を味わえることが魅力です。 そんなやりがいある機械設計の仕事に興味をもっている方の中には、「転職して活躍できるだろうか」と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 ここでは機械設計への転職を検討している方へ、どのような人が向いているのか紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェント「タイズ」は無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計に向いている人の特徴5つ

機械設計は製造における上流工程、つまりは土台部分を担う重要な仕事です。初期の工程にあたる機械設計が正確でなければ、その後の開発作業も不具合が出たりスケジュールが滞ったりと多くの影響が出てしまいます。場合によっては転職を考えている方もいるでしょう。

【転職コンサルタント監修】機械設計エンジニアが知っておきたい転職のコツ

そんな重要なポジションを任される機械設計には、以下のような人が向いています。

1.モノづくりが好きな人

大前提として、モノづくりが好きなことがあげられます。自分が手掛けた設計で製品が完成することや、開発に関わったチームの製品が世の中で役立つことに喜び・やりがいを感じられる人であれば、楽しみながら働けるでしょう。

モノづくりに探求心や情熱を注げる人なら、幅広い業務を担う機械設計の仕事も積極的に取り組めるはずです。現場では上司や先輩からの指摘により、新たな知識や技術を身につける機会も多く、業務の中で知的好奇心を満たすこともできます。

2.学び続けることができる人

機械設計では、日々多くの新しい知識や技術が生み出されています。働くうちに自分の知識や常識が通用しなくなるケースも珍しくありません。

そのため、常に新しい情報を取り入れ、学び続ける姿勢が求められます。新しい技術を積極的に学べる人や、学ぶことが苦にならない人なら、機械設計の仕事は向いているでしょう。

反対に、勉強することに苦痛を感じる方や、新しいものに抵抗を感じる人は、機械設計の仕事を辞めたくなってしまうおそれがあります。機械設計に必要な知識については、以下の記事で詳しく説明しています。

機械設計の転職に必要な知識は?実はCAD資格は必要ない?

機械設計で最低限求められるスキルのひとつが、PC操作です。CADをはじめ、業務で数多くのソフトやツールを使用する以上、PCでの作業は避けられません。

ソフトなどの使い方は働きながら身につけていくこともできますが、基本的なPC操作は機械設計を目指すうえで身につけておきたいスキルです。PCスキルが豊富であれば、面接の場でも好印象を与えられるでしょう。

もちろん、すでにCADやCAMなど専用ツールの使い方を身につけている人や、関連ソフトの知識を豊富にもっている人は、転職でより有利になるでしょう。

4.コツコツ作業ができる人

機械設計は一度設計すれば終わりではありません。試作を繰り返したり、上司やクライアントからの指摘に応えたりと同じ段階の作業を繰り返し行うことの多い仕事です。コツコツ作業することが苦にならない人であれば、着実に業務をこなしていけます。

また、慣れないうちは上司や先輩から指摘を受けることも多くあります。設計内容だけではなく、コスト面や強度も考慮して機械設計を行わなくてはならないため、想定外の指摘を受けることも珍しくありません。

多くの指摘や目の前の課題に、めげずに取り組んでいける根気強さがあれば、多くの企業で重宝される人材に成長できます。

5.細かい作業が得意な人

細かい作業が好きな人や得意な人は、機械設計が向いているといえます。

機械設計は、製図作業だけでなく、試作品を作るときにも、ミリ単位での綿密な作業が求められます。設計が完成するまで何度も試作品を作るケースも多く、人によっては複数の案件を並行している場合もあるため、短期間で多くの細かい作業を行うことも少なくありません。

細かい作業をすることが得意なことはもちろん、何度も繰り返し行っても苦痛にならない、好きだと思える人であれば、楽しみながら働けるでしょう。

機械設計に向いていない人とは

機械設計の業務は多岐にわたるため、幅広い能力をもち、学ぶ意欲の高い人ほど向いています。

では反対に、機械設計の仕事が向いていない人はどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは機械設計に向いていない人の特徴を紹介します。

コミュニケーションが苦手な人

設計作業はPCのソフトやツールを使い、ひとりで行うことが多いため、人と接することが苦手な人でも問題ないと思われがちです。しかし、実際の業務はチームで取り組む場面が多く、さまざまな部署や部門、立場の人と接する機会があります。

また、クライアントとの打ち合わせや不具合が生じたときの対応も多いため、臨機応変に対応できるコミュニケーション能力や調整力が必要です。

機械設計の仕事は、プロジェクトを通して多くの人と関わります。上司や先輩、同僚とのチーム連携も欠かせません。必要なときに共有事項を素早く伝達したり、相手の意図を正確に読み取ったりできるコミュニケーション能力がなければ、機械設計の仕事は難しいでしょう。

努力を続けることが苦手な人

先ほど説明したとおり、機械設計はコツコツと作業を行ったり、細かな作業に長時間対応したり、周囲からの指摘や要望に応えたりする必要があります。中には手間のかかる作業や複数のステップがある作業、イレギュラーな対応も多く、それらを的確にこなしていかなくてはなりません。

プロジェクトによっては、長いスパンでの仕事となる場合もあります。スケジュール通りにいかず、納期に間に合わせるために連日残業することもあるでしょう。

現場で活躍するためには、機械設計としての技術や知識を常に磨き上げていくことも重要です。

このような日々の努力や、勉強を続けることを苦手に感じる人は、機械設計の仕事に向いていないといえます。

機械設計には多くのやりがいがある

機械設計は業務量が多く、並行して複数のプロジェクトを進めるなど、マルチタスクが求められる仕事です。そのため、人によってはきついイメージをもつこともあるのではないでしょうか。

しかし、自分が携わったプロジェクトの製品が世に送り出され、誰かの役に立っている場面を目にすると、大きなやりがいや達成感を得られます。

自分が培ってきた知識や技術で世の中の役に立つものを作りたい、自分の仕事を目に見える形で残したいと考える方は、機械設計への転職を検討してみてはいかがでしょうか。以下の記事では転職のコツを解説しております。

 

機械設計をはじめとした技術職の転職がうまくいかないと悩んでいる方は、転職エージェントの活用がおすすめです。タイズ」は大阪・神戸・京都・姫路・滋賀など関西エリアを中心にメーカー特化した転職エージェントとして、数多くの実績をもっています。

担当者の中には業界経験者も多く、技術職ならではの需要や悩み、転職のコツを熟知しています。丁寧なヒアリングと独自の「アナログマッチング®」が高精度なマッチングを実現している理由です。給与などの待遇はもちろん、企業理念や働きやすさ、人間関係などの環境など、内部事情も考慮したうえで紹介する求人を厳選しています。

応募書類の書き方や面接でのふるまい方など、実践的なサポート体制も整っているため、初めての転職でもお任せください。

まとめ

機械設計に向いている人は、専門知識や技術が豊富な人だけではありません。機械設計はコツコツ作業をこなしたり、多くの関係者と円滑にコミュニケーションを取ったりなど幅広い業務を任されるため、細かい作業や繰り返し作業が得意な人、コミュニケーション能力に長けた人に向いています。

今回紹介した内容に当てはまる方は、機械設計への転職を検討してみてはいかがでしょうか。メーカーに特化した「タイズ」なら、豊富な業界知識と独自のマッチング技術によって、最適で働きやすい企業への転職をサポートします。まずはぜひご相談ください。

 

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です