機械設計の魅力を解説!きつい反面、やりがいが大きい?

こんにちは。メーカー専門の転職エージェント「タイズ」です。 機械設計はモノづくりを支える重要な仕事です。やりがいのある仕事ですが、一方で「業務がきつい」という声を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 機械設計の仕事に興味をもっている方へ、ここでは業務がきついといわれる理由はどこにあるのか、どのようなやりがいがあるのか紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

タイズは無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計がきついといわれる理由

なぜ機械設計はきついといわれるのか、その理由には、次の4つが挙げられます。

・業務量が多いため
・指摘を受けやすいため
・納期、締切に追われやすいため
・専門知識や技術が求められるため

それぞれ詳しく説明しましょう。

業務量が多い

機械設計は業務範囲が幅広く、業務量も多くなりがちです。体力面できついと感じることも少なくありません。

日々の業務は設計だけでなく、サプライヤーとの打ち合わせや見積もり依頼などの作業も含まれます。不具合が発生すればイレギュラーな対応も行わなくてはなりません。また、設計自体もひとつの設計に集中して取り組むのではなく、複数の案件を並行して担当することが一般的です。

このような業務量の多さから、機械設計の仕事がきついと感じることがあります。

指摘されることが多い

機械設計の仕事は、生産における上流工程にあたります。設計したものに対して、各部署から指摘や要望を受けることは珍しくありません。さらにデザインを確認する会議(デザインレビュー)では、直属の上司や先輩といった同じ部署・部門の仲間からダメ出しを受ける場合もあります。

デザインレビューでは設計に誤りがないかに加えて、コスト面などもチェックされます。とくに新人や経験の少ない人材は、自分よりも知識や経験が豊富な上司や先輩から多くの指摘を受けます。

指摘に応えることで経験を積める一方で、あまりに多くのダメ出しが続くと、自信をなくし、人によっては「機械設計の仕事がつらい」と感じてしまうでしょう。

納期や締切に追われる

機械設計は、納期に追われることも珍しくない仕事です。納期はクライアント側の都合で決まることが一般的で、間に合わせるために残業することもあります。

また、前述のとおり一人の担当者が複数の案件を並行で設計しているケースが多く、ある案件で不具合が生じれば、イレギュラー対応で他の業務が圧迫されてしまいます。不具合対応で他の案件の設計や開発が遅れると、新たに残業する必要も生じるでしょう。

予定通りに作業が進まず、締切までに多くの業務を完了させなければならないとなると、きつさを感じてしまうことがあります。

身につける知識や技術が多い

機械設計は専門知識や技術が求められる仕事です。技術の発展が進むなかで、新たな知識や技術を積極的に身につけていく姿勢が必要とされます。

日々の仕事に加え、覚えることが多いことに、きついと感じる人もいます。

一方で、機械設計の仕事がきついと感じている方の多くが、現在も同じ職場で活躍していることも事実です。そのような方たちは、どのような対処法を実践しているのか、以下のページで具体的な方法を紹介しています。

機械設計の仕事がきついときはどうすればいい?対処法をご紹介

【機械設計】きつい反面、やりがいも大きい

機械設計の仕事がきついといわれる理由は複数ありますが、見方を変えると、やりがいが大きい仕事ともいえます。

機械設計の仕事で感じられるやりがいは、次の3つが挙げられます。

・重要な役割を担える
・連帯感や達成感が得られる
・技術が身に付く

それぞれ詳しく説明しましょう。

モノづくりの重要な役割を担える

機械設計は、製品開発の上流工程にあたります。一連の作業の初期段階を担うため、製品の仕上がりや機能を大きく左右する重要なポジションです。

どのような開発も、土台に不具合があればその後の工程や進捗、性能に大きな影響を与えかねません。開発の要として、その後行われる下流工程を意識した作業が求められます。

重要な役割を担うプレッシャーや成功に導く過程を考えることは、大変である反面、成功したときの喜びも大きくなるでしょう。

自身が関わった製品が世の中に出て活用されるなど、目に見える形で成果が残るため、やりがいを感じやすいのも大きなメリットです。

自分の技術が社会に役立っていること、これまでの勉強や経験が確かに身についていることの両方を実感できます。

チームの連帯感や達成感を得られる

前述のとおり、機械設計の現場では設計した案件に対してデザインレビューが行われます。上司や先輩と一緒に、さまざまな角度から設計内容を評価して、改善を繰り返していくのが機械設計の主な仕事です。

設計段階でこのように身近な仲間が関わることはもちろん、製造段階へ進めば、より多くの人が案件に関わります。ひとつの課題をチームで解決し、さらに下流工程も含めた大きなチームで設計を製造段階へ進めて世に出していく工程の中で、一体感が生まれます。

多くの人が関わって完成した製品が世に出て評価されれば、個人としてのやりがいに加えて、チーム全体で喜びや達成感を味わえるでしょう。

着実に技術力を身につけられる

日々の業務で設計能力や技術知識を育てられるうえ、CADやCAMなど設計ソフトの操作スキルも磨けます。設計ソフトの操作スキルはさまざまな現場や業界で求められることから、あらゆる環境に通用する人材に成長できるでしょう。

また、機械設計は設計業務だけではなく、突発的な不具合対応や打ち合わせなどの業務も任されます。決して楽な仕事ではありませんが、幅広い経験ができます。

機械設計の仕事を通して、技術力や知識の更なる向上をはかることはもちろん、チームやクライアントからの指摘やニーズに柔軟に応える対応力も身につくでしょう。

機械設計に転職するならタイズがおすすめ

【転職コンサルタント監修】機械設計エンジニアが知っておきたい転職のコツ

機械設計は業務の範囲が幅広い一方で、着実に実力が身につく仕事でもあります。そのため「自分の力を試したい」「より専門的に成長したい」と考える方に最適です。

AI化が進む現代においても残り続ける仕事のため、自分に向いていると感じている方は、転職を前向きに考えることをおすすめします。機械設計の将来性については、以下の記事で詳しく説明しています。

機械設計の仕事はなくなる?エンジニアの将来性について考察

しかし、機械設計へ転職を検討している方の中には、転職活動がうまくいかないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。機械設計は多くの業務を担当するため、求人においてもさまざまなスキルや特性が求められます。

例えば、クライアントやチームと円滑にやり取りできるコミュニケーション能力や、論理的思考力、CADなどを操作するためのPCスキルなどです。すでにスキルを持っている方も、応募先の企業に自身の強みが正確に伝わらなければ、転職活動が難航してしまうかもしれません。

機械設計への転職に不安がある方は、転職エージェントへの相談がおすすめです。専門家のアドバイスを受けることで、選択肢を拡げられるメリットがあります。メーカー に特化した転職エージェント「タイズ」にご相談ください。

タイズは独自の手法を用いたアナログマッチング®で、表面的な能力値だけではなく、価値観や企業に求める働きやすさなども考慮した求人紹介を行っています。未経験職種への転職はもちろん、同業種・同職種への転職も業界知識の豊富な担当者がしっかりサポートしますので、安心してお任せください。

メーカーとの信頼関係により、担当者は企業の内部事情についても熟知しています。求職者の能力や希望のキャリアプランを考慮して、研修制度が整っている企業への紹介もご相談いただけます。

まとめ

機械設計の仕事は業務内容が幅広く、イレギュラーな対応が求められることもあるため、人によってはきついと感じる場合もあります。一方で、自分が設計したりチームに関わったりした製品が世に出て評価を得たときは、大きな達成感を感じられる魅力もあります。

機械設計への転職を検討している方は、転職エージェントの活用がおすすめです。メーカーに強いタイズなら、独自のマッチング技術と丁寧なヒアリングにより、待遇面だけではなく企業理念との相性や働きやすさも考慮したサポートができます。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です