機械設計の仕事がきつい!そんな時の対処法をご紹介

機械設計は製造業の上流過程にあたり、回路設計やソフト設計を含めた設計段階を経て生産フェーズに進みます。重要な役割を担い、企業にとっても必要性の高い仕事ですが、きついと感じる人も少なくありません。 そこで今回は、機械設計がきついといわれる理由について解説し、その対処法についてもお伝えします。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェントである弊社「タイズ」は無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。あなたが、今すぐ転職を考えていなくても構いません。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計はなぜきついのか

機械設計がきついといわれている理由について、代表的な意見を紹介しそれぞれ解説します。

覚えることが山程あるから

機械設計の仕事は、最初から覚えることが大量にあり、必要な知識量の多さに挫折する人も少なくないでしょう。

最低限必要な学問は機械力学、材料力学、流体力学、熱力学の「4力(よんりき)」といわれています。この学問は大学の工学系の学部や高専などで学ぶことができるものの、残念ながらこれだけでは「設計」をすることができません。

4力に加えて、まず機械要素のネジやバネ、歯車などの機構を知る必要があります。

各要素には目的や性質の違いによって多くの種類があり、それらすべてを網羅してもあくまで基礎の部分でしかないでしょう。

ほかにも製図や設計ツールの使い方はもちろんのこと、次のフェーズである生産段階で実施する加工や組み立てなどのの知識も必要とされます。

探究心や追求心を刺激されて、逆に意欲的になるという場合もあるでしょうが、あまりにも覚えることが多くあるため、そこできついと感じるのは仕方ないかもしれません。

納期に追われるから

会社で納期を守るのは当然のことですが、機械設計では非常にきつい部分でもあります。設計の役割としては、製造過程で上流の過程なので、終わらなければ次の工程に移ることができません。

そのため、仕事を急かされることも多く、ここで遅れてしまうとあとに響くというプレッシャーも感じるでしょう。

さらに複数のプロジェクトを同時進行することもあるので、そこでも大変さがあります。会社側も利益を上げるために、多くの案件を獲得しようとするケースもあります。

求められるQCD(品質・コスト・納期)の中で、設計上の工夫が求められ、それに対応するためにはタイトなスケジュールで仕事しなければ間に合わない事態も発生します。

通常の勤務時間だけでは追いつかず残業が多くなるでしょう。

また、クライアントによっては短期間で高いクオリティを求めることもありますので、依頼内容に合わせた対応をしなければなりません。

業務範囲が広い

機械設計という言葉のイメージから、設計をすることだけが仕事だと思われがちですが、実は幅広い業務を行っています。

単に設計だけをやれば良い訳ではなく、仕様の要望を顧客とすり合わせたり、製品完成後の評価や、不具合が起きればその修正を行ったりなど、コミュニケーションを取る機会が多く、作業範囲は多岐に渡るのです。

このような業務をこなしながら、先ほどの納期までにプロジェクトも完了させなければならないため、機械設計の負担が大きいのは想像しやすいことでしょう。

きついと思ったときの対処法

機械設計できついと思う場面に遭遇したとき、どのように対処すれば良いかについて紹介します。

とにかく経験を積む

業務内容がきついと感じているときは、多くの経験を積んで機械設計としての仕事を上達させることが重要です。

経験を積むことで、要領やペース配分などさまざまな部分で改善できることが増えるため、解消される大変さもあります。

そのためには、小さくても責任のあるプロジェクトや役割を担い、その中で自分で苦労しながらも結果を残すことで成長できます。

初めのうちは上手くいかないこともあるでしょうが、その中でもトライアンドエラーを繰り返してPDCAサイクルを回していくことによって、少しずつ改善点が見えてくるでしょう。

大規模プロジェクトばかりでは、この繰り返しが長期間かかってしまい、経験の数を増やすことができません。

もしも会社に大きな案件しかない場合は、設計で困っている人の仕事を手伝ったり、他部署の応援に行ったりすることでも経験数を増やすことができます。

覚えることが多いことについては、覚えきってしまえば解消されるので、いつか終わりのあるきつさだと割り切っておきましょう。先輩や上司の仕事を見たり、相談したりすることで身についていくこともあります。

さまざまな経験を積み、新しい仕事にチャレンジする機会があれば、新たな業務範囲を任されることもあるでしょう。そうなる頃には、少しずつ仕事の面白さが見いだせるようにもなり、以前よりもきつさが軽減しているかも知れません。

機械設計としてのきつさではない場合は職場を変えてみよう

機械設計の仕事としてのきつさよりも、職場の人間関係や待遇、考え方が合わないなどのきつさであれば転職をしてしまった方が良いでしょう。

残業時間などの労働環境についても、企業の考え方や方針によって大きく変わるため、負担が大きすぎる勤務体系であれば、職場を変えることで負担を減らすこともできます。

機械設計は経験者であれば採用されやすく、3年は実績があった方が転職もスムーズといわれているため、3年未満であればもう少し会社に残った方が良いかもしれません。設計経験を積む機会がない場合は、学生時代に研究室やロボコンなどを通じて得た知識も転職活動において評価対象になります。

しかし、健康を害するほどのきつさがあるときは、無理をしない方が良いでしょう。転職する際は、自らの条件をしっかりと定めて求人を探してください。今がきついからといって、どこでも良いから転職するという考え方では、同じような環境を繰り返してしまう可能性があります。

希望どおりの求人を探すためには、転職エージェントに相談すると良いでしょう。転職エージェントと接点を持っておくことで、希望の求人が出たときに教えてもらえ、忙しい中でも効率的に転職活動を行うことができます。

機械設計を辞めたい人必読!転職はできる?その方法は?

仕事を変えたいと思ったらタイズがおすすめ

転職エージェントといっても、会社によって特徴などがさまざまで、いざ探してみると選ぶのも難しいでしょう。

機械設計の転職では、希望の条件どおりの求人を紹介できるタイズがおすすめですので、その理由について解説します。

タイズのアナログマッチング®であなたに合った職場を紹介

タイズはアナログマッチング®という方法で、転職コンサルタントがあなたの悩みや仕事のつらさを聞いたうえで、あなたに本当に合っている企業を紹介します。

一般的なマッチングでは、収入や職種などの表面的な情報からデジタルにマッチする求人を選出するため、希望にそぐわないことも多くあるのです。

多くの求人を集めても、ミスマッチしている内容では意味がありません。そうならないためにも、タイズではコンサルタントが一人ひとりに適した求人を厳選して提供しています。

製造業に精通した転職コンサルタントから適切なアドバイス

機械設計の仕事内容は多岐に渡るため、同じ職種への転職でもあなたのスキルや経験が活かせるかどうかは求人票からは読み取ることができません。

タイズのコンサルタントなら、製造業に精通しており、さらにメーカー企業の内情にも詳しいため、あなたの経験が確実に活かせる企業のみをご紹介することができます。各企業が求めている人材や業界の市場感なども把握しており、適切な面接や応募書類の対策が可能です。

希望に合う企業を効率的に探したい、スムーズな転職を行いたいと考えている方は、ぜひタイズにご相談ください。

まとめ

今回は、機械設計がきつい仕事だといわれる理由とその対処方法について解説しました。

業務を遂行するためには、膨大な知識を身に付ける必要があり、さらには多岐に渡る仕事をこなしながら納期にも間に合わせなければなりません。

しかし、それほど大変な仕事ができるようになれば、企業への貢献度も高く、やりがいと自信を持って働くことができるでしょう。辛さが業務以外の部分にある場合は、転職することで解決できることもあるため、状況に応じて検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です