機械設計を辞めたい人必読!転職はできる?その方法は?

機械設計は専門的知識や技術に加え、問題を把握・解決するためのコミュニケーション能力や判断力も求められます。需要はあり、やりがいのある仕事ですが、忙しい毎日に離職や転職を考える方も少なくないでしょう。 中には機械設計の仕事自体は好きだが、「本当にやりたい仕事ができていない」「職場の雰囲気が合わない」など、別の理由で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、機械設計を辞めるべきか悩んでいる方へ、悩みの理由としてあげられるものと転職を検討するときのポイントをご紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェントである弊社「タイズ」では限定で無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。メーカーへの転職の際は、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計を辞めたい!と思うその理由

転職を決めかねている方は、まず機械設計を辞めたいと思った理由を整理してみましょう。悩みによっては、業務への取り組み方や考え方を変えることで改善できる場合もあります。

現在の職場で働くことを辞めたいのか、機械設計の仕事自体が合わないと感じているのか、理由を見直すと転職時に重視したいポイントの整理にも役立ちます。志望動機を作成するときの参考にもなるため、一度自分の中の不安や不満を明確化しましょう。

一般的に、機械設計を辞めたいときに多い理由は以下の5つです。

納期に追われ、残業時間が長い

複数のプロジェクトに関わるケースもあり、複数の業務を並行して行わなくてはならない機械設計職もいます。それぞれに期限があるため一方が終わっても残りの業務に追われ、勤務時間が長くなってしまいます。

また、職場が人手不足の場合には一人が担う仕事量が更に多く、どれだけ残業をしても終わらないというケースもあります。

業務量の少ない部署へ異動を希望する方法もありますが、機械設計のニーズは高く、容易には叶わないでしょう。会社全体で残業が恒常化している場合は、仮に異動できたとしても勤務時間の改善は期待できません。

職場の人間関係

業界や職種問わず、転職理由の上位にあげられやすい理由のひとつが、職場の人間関係です。人間関係の悩みと一口に言っても、個人個人に原因がある場合もあれば社内の教育制度や業務体制などに原因がある場合もあります。

上司にかけあうことで改善される可能性も考えられますが、多くの人が関わっており個人の努力では解決できないケースも多いものです。

機械設計は他部門の従業員とすり合わせを行う機会が多く、高いコミュニケーション能力が求められます。単純な人間関係のみではなく、ときには技術やコスト面などで意見が食い違うこともあるため、さまざまな理由で頭を悩ませてしまうでしょう。

新しい技術を学べる環境にない

機械設計の仕事は、勤務先や配属先によって異なります。代わり映えのしない設計内容やマイナーチェンジばかりを任される職場では、新しい技術を取り入れたり専門知識を活かしたりする機会がありません。

更に残業の多い職場では、個人で新しい知識や技術を身に付けられる余裕も持てず、やりがいを感じにくくなります。自分自身のスキルを磨くモチベーションに影響するため、キャリアアップを希望する方はストレスを溜め込みがちです。

給料が合わない

他社で同様の業務にあたっている友人や知り合いがいる方は、職場環境や待遇面で比較したときに不公平な気持ちを持つこともあります。とくに明確な数字として表される給与の差に目が行きやすく、差が大きければ大きいほど嫌気を感じるものです。

残業が多い職場やひとりあたりの業務量が多い職場で働いている場合、ハードワークのわりに見合った給与が得られていないと分かると、不満はより大きくなるでしょう。

会社や業界の業績不振

機械設計自体の需要は高いとは言え、勤務している会社や業界全体の業績が好調とは限りません。実際、機械設計の求人数は全体的に減少傾向にあります。高いスキルや実績を持ったマネジメント層か若手社員は求められていますが、中間層プレイヤーの求人が減っているからです。

ハードワークのわりに新規案件が少なかったり、自社の業績不振が続いたりしているのであれば、スキルや経験を積み、他社や他業種への転職を検討してみるのも良いでしょう。

斜陽産業に居続けては待遇改善が期待できないうえ、自分自身の将来性も危ういものとなりかねません。

機械設計は辞めてしまってもいい?

ハードワークの職場では同僚に罪悪感を覚える方もいますが、自分自身の健康やキャリアアップのためには転職を前向きに検討することも大切です。以下の記事では転職のコツを解説しております。

「【転職コンサルタント監修】機械設計エンジニア」が知っておきたい転職のコツとは

現在の職場から転職を考えるときは、以下のように2通りの方法があげられます。

機械設計の仕事が合わない場合は別業界へ転職

数年、機械設計の仕事を続けるうちに、職種自体が自分に向いていないと気付くこともあります。

そのような場合には、無理に続けてストレスを溜め込むよりも、早急に別業界へ転職する道を模索してはいかがでしょうか。

新しい技術を学ぶことや、モノづくりに興味が持てないのであれば、別の専門性を極めるほうが自分自身の可能性を広げられます。

【機械設計の適正チェック!】向いてないと感じたら転職も

ただし、現職のスキルが活かせない業界へまったくの未経験で飛び込む場合は、20代前半の第二新卒ならチャンスがありますが、それ以外のケースでは、最初は一定の給料や社格の低下も覚悟しなければなりません。さらに、年収や社格を落とさずに20代のうちに全くの別業界へ転職することは難しいため、その場合には別の選択肢を考えたほうが良いでしょう。

職場の環境が合わない場合は同業種へ転職

機械設計の仕事にやりがいや将来性を見出している方は、単純に職場の環境や任されている業務が合っていない可能性が考えられます。上司に異動を希望する他、同業他社へ転職する選択もおすすめです。

・自分がやりたいことは何か
・希望する環境や待遇はどのようなものか
・活かしたいスキル・学びたいスキルは何か

転職を検討する方は、上記のポイントを自問自答してみましょう。自分に合う企業を見つけるためには、要望や理想を明確化することが重要です。

すでに機械設計としての業務経験がある人材は未経験者よりも採用されやすく、培ってきた経験やスキルを活かして活躍することができます。

機械設計への転職はタイズを

機械設計への転職は、無料配布されている求人誌など一般求人が多い媒体ではなく、業界専用のエージェントを頼るのが効率的です。他の職種が含まれていないうえ機械設計の求人を紹介してもらえるため、複数社を比較できます。
タイズがご紹介できる求人は数多くございます。また転職のサポートがあり、初めて転職に挑戦する方や自分に合う企業がなかなか見つからないという方も安心です。

機械設計への転職は、専門の転職エージェント「タイズ」にお任せください。

 

機械設計への転職はスキルや実績が大切

機械設計は業務範囲が広かったり、勤務先によっては仕事内容が細分化されていたりと求人ごとに特徴がさまざまです。そのため、求人票の限られた情報のみでは、自分のスキルが活かせるか、馴染みやすい雰囲気かどうかを判断することはできません。

自分に合う職場を探したい方こそ、業界に精通したタイズの転職コンサルタントへご相談ください。仕事内容や要望をヒアリングし、豊富な知識とこれまでのサポート業務による豊富な経験をもとにスキルの整理を行います。

タイズならアナログマッチング®で本当に合っている企業へ

タイズは、転職をサポートした求職者の方から満足度92%の評価をいただいております。紹介先の企業は大手・優良メーカーが多く、独占求人枠を得るほど強い信頼関係を築いてきました。

紹介先から特に評価される点が、ミスマッチの少なさです。タイズは書類上の情報のみで求職者を分類することはせず、個人個人に向き合って最適な求人を紹介するアナログマッチング®を行っております。

スキルはもちろん、人柄や価値観も考慮したうえでどのような社風・雰囲気を持つ企業が最適か見極めたうえで紹介する独自のシステムです。

よって、入社後に人間関係や会社の雰囲気に馴染めないことで悩む心配はありません。業務内容も要望に合う求人情報を紹介するため、最適な転職先でキャリアアップを目指せます。

転職自体を決めかねているという方も、無料相談からぜひお試しください。

まとめ

自分の専門性を磨く機会に恵まれる機械設計の仕事ですが、業務量や職場に慣れない方もいます。仕事内容に愛着を持っている場合は、転職に踏み切って良いものか悩ましいものです。

人によっては時間の経過とともに業務量や職場に慣れてきますが、改善が期待できない悩みであれば、思い切って転職を検討してはいかがでしょうか。

機械設計として他社で活躍したい方や、経験を活かして他職種への転職を希望する方は、業界専門の転職エージェントであるタイズへぜひご相談ください(無料)

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です