求人番号:92166

NEW【大阪】生産技術(工程設計)(油圧機器生産技術部)

  • 450万円~900万円
  • 大阪府堺市 美原区木材通4丁目15番5号
1000名以上
上場企業
年間休日120日以上
ここに注目!
●業績絶好調、海外売上比率約72%!社会貢献性も高く、積極的な投資活動・事業拡大を展開中!
●給与水準は関西トップクラス!リモートワークも推進中。
●中途入社も多数活躍されています!

募集要項

仕事内容 油圧機器生産技術部にて製造計画立案、各拠点への展開、実行支援業務をお任せします。

【具体的な仕事内容】
※統合前はクボタの油圧機器生産技術部に所属、組織統合後に製造部に異動し製造体質強化推進
①クボタ精機製造部門の短期SEQCD課題の解決
②クボタ精機中期体制強化計画PTを通じた生産性大幅改善の推進

配属予定部門:油圧機器生産技術部 生産企画課

【ポジションのやりがいや魅力】
油圧機器製造スタッフとして、現在油圧機器製造拠点の中心であるクボタ精機で製造管理ノウハウの習熟を図っていただきます。クボタへの組織統合後、生産性改善活動の企画・推進活動に関わり、中期事業拡大計画の実行を通じて自己成長に繋げていただきます。

【現在の課題と目指す姿】
①油圧機器事業ユニット売り上げ2倍、内製化率50%を2030年までに計画中
②製造リソース不足により、製造新拠点を堺に立ち上げ計画中(2023年量産開始予定です。)
③2024年以降、新拠点でのラインナップ拡充し、2030年までに事業量拡大
④新拠点、クボタ精機での量産に向けた中期計画の詳細立案と実行が必要
必要な経験・能力 【必須】
・生産技術経験(ライン工程設計・敷設・改善、運営管理)
 使用ツール/資格:CAD

【歓迎】
・油圧機器加工・組立設備、及び運転設備調達経験
・設備制御(シーケンス)知識、製品制御(電磁バルブ)知識
・工程設計、治・工具設計、設備導入
・設備投資計画の起案・実行
勤務地 クボタ精機 本社(大阪府堺市美原区木材通4丁目15番5号) ※南海高野線「金剛駅」バス15分 (通勤用社バスあり)車・バイク・自転車通勤可 ※2023年5月クボタに統合予定です。 統合前はクボタ精機へ長期出張となります。
年収・給与 年収:450万円~900万円
給与事例 年収設定基準:※最終学歴・就業経験年数などにより変動致します。
給与形態:■月給制 ■賞与:業績、評価によって6月・12月支給
給与事例:■初任給:大学院卒(修士)/月給257,500円 大学卒/ 月給237,000円  
(年収参考例)
・539.2万円/27歳(残業代を除く)
・715.8 万円/34歳(残業代を除く)
就業時間 8:00~16:45(休憩時間12:00~12:45)
休日 125日■内訳:年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇 、土曜日、日曜日、その他(製造部門は事業所ごとに決定)事業所の年間所定休日。有給休暇は最高20日(入社時は14日付与あり)
その他福利厚生 通勤手当(※会社規程による)、住宅融資、財形貯蓄、団体貯蓄保険、社内持株制度 、慶弔見舞金制度、災害補償など

応募希望求人 : 株式会社クボタ (【大阪】生産技術(工程設計)(油圧機器生産技術部)) (92166)

お名前

メールアドレス

電話番号

生年月日

職務経歴書・履歴書
・任意で3ファイルまで添付可能(xlsx、docx、pptx、pdf、gif、png、jpg)
・ご用意がない場合でも、お気軽にお申し込みいただけます

さらに追加する

上記ボタンを押すと 利用規約・個人情報の利用目的に同意したものとみなされます。

企業情報

社名 株式会社クボタ
事業内容 ★創業130年を迎え、食料・水・環境に関わる地球規模の課題を解決し続け、海外売上比率70%以上★
建設機械、農業機械、水環境事業を展開し、農機メーカーとしては国内シェア1位、世界シェア3位。ICT×IoT(農業機械)で自動運転や農業の見える化を可能にする「スマート農業」のシステムを実現。小型建設機械は海外売上高19年連続世界1位。現地ニーズをくみ取り、新製品開発を進めており、競合が参入できない土壌を創出。
社風は穏やかな人柄の社員が多く、風通しが良く、技術者をじっくりと育てる風土がり、「定年までクボタで」と言われるほど定着率が抜群の企業。
設立日 1930年12月22日
決算情報 連結
【前々期】2020.12 売上:1,853,234 百万円 経常利益:185,899百万円
【前期】2021.12 売上:2,196,766百万円 経常利益:252,559百万円
【今期予測】2022.12 売上:2,450,000百万円 経常利益:253,000百万円
従業員数 【単体】11,711名【連結】43,293名(2021.12)