2019.10.25【転職コンサルタント監修】面接突破に欠かせない事前準備とオススメの練習方法

カテゴリ:面接について

面接突破に欠かせない事前準備とオススメの練習方法

面接は事前準備で決まる

転職活動における面接は、採用企業と応募者が実際に顔を突き合わせてコミュニケーションを取ることで、両者がちゃんとマッチングをするかどうかを確認する場です。ですから、無理に自分を取り繕ったり、その場しのぎの嘘でごまかすようなことをする必要はありません。だからといって、何の準備もせずに面接に臨むのもNGです。

面接の練習をしておかないと予期せぬ質問をされたときにうろたえてしまいますし、それが企業側に伝わると「うちの会社に本気で入社するつもりはないのかな?」と思われてしまうこともあり得るからです。

「面接は事前準備で決まる」−−まずはこの言葉を肝に銘じておきましょう。そのうえで、面接の練習方法をご紹介していきます。

おすすめの面接対策・練習方法

ここからは、面接に効果的な練習方法を紹介していきます。

1.面接でよく聞かれる質問をチェック

面接の肝は、採用担当者からの質問にどう答えるかにあります。相手の希望通りの回答ばかりする必要はありませんが、淀みのない受け答えができると、それだけで相手に好印象を与えられます。

質問にスムーズに回答していくためには、面接でよく聞かれる質問をチェックしておくことがポイントです。企業や応募職種などによって質問内容は異なりますが、ある程度パターン化が可能です。こちら(https://www.ee-ties.com/magazine/58950/)のページのように、インターネット上には数多くの想定問答がありますので、まずは検索してみるといいでしょう。

さらに、その質問に対してどのように答えるかを事前に考えておくことも欠かせません。面接の経験が少ない人の場合、文章に書き出しながら整理をしていくのもオススメです。合わせて、応募先企業の企業情報もしっかりとチェックしておきましょう。

2.転職対策や面接対策を購入する

面接対策や練習方法はインターネット上に数多く掲載されていますが、書籍を購入するのもオススメです。面接対策がまとめられた書籍には、面接のコツはもちろん、転職活動全般のポイントがわかりやすく書かれているので、転職活動に臨む際の心強いパートナーとなるでしょう。

3.面接マナーのチェック

面接では受け答えだけではなく、一般的なマナーやビジネスマナーが身についているかもチェック項目となります。そこで、事前にNGなマナーなどを把握しておきましょう。

4.模擬面接の実施

想定問答を上手くまとめられたなら、次にすべきは模擬面接です。頭の中で考えるだけではなく、実際に口に出していくと、本番でもスムーズな受け答えができるようになるでしょう。

模擬面接は家族や友人に手伝ってもらってもいいですし、企業や社団法人等がセミナーを実施している場合もあります。あるいは、面接対策をサービスの一環として提供している転職エージェントもあります。特に転職エージェントの面接対策は、豊富な経験とノウハウを持ったコンサルタントが丁寧に練習に付き合ってくれるので、不安な方は是非活用してみるといいでしょう。

転職エージェント「タイズ」の面接対策を利用した方の転職体験談

私は在職しながらの転職活動をしていたため、想定問答をつくる時間をなかなか取ることができませんでした。そこで、タイズの面接対策サービスを利用しました。タイズの面接対策は、まず担当コンサルタントの方から想定問答集をいただき、文章で回答を書き出していきました。その後、電話で模擬面接を実施し、良かったこと、悪かったことを指摘してもらい、回答内容を精査していくことを何度か繰り返しました。

本番に臨む前に模擬面接を実施したことで、自分の強みがしっかりと伝わる回答集を作れましたし、自信を持って面接に臨むことができ、無事に内定をもらうことができました。転職活動は孤独な部分もありますし、在職しながらだとしっかりと準備をするのも難しいので、同じような境遇の方には転職エージェントのサポートを受けて面接対策することをオススメしたいと思います。

採用担当者に聞いてみた「準備不足だな」と感じるケース

採用担当者に聞いてみた「準備不足だな」と感じるケース

一方で、どのような受け答えをすると、相手が「準備不足だな」と感じてしまうのでしょうか。実際に企業の採用担当者に聞いてみました。

話す内容がまとまっていない

受け答えがしどろもどろになってしまったり、取り留めもなく話し続けるなど、話す内容がまとまっていないと、準備や練習をしていないことがバレてしまうようです。特に「自己紹介や転職動機、強みや弱みなど、定番な質問なのにスムーズに回答できない時に強く感じる」と話す採用担当者も。せめて定番の質問には淀みなく回答できるようにすべきでしょう。

企業理解が浅い

事業内容や商品情報、代表者名、沿革など、“調べればわかる”レベルの情報を把握していないと「企業理解が浅い」と思われてしまいます。その場合、「うちの会社の志望度は低いんだな」と取られてしまい、採用担当者にとってあなたのプライオリティは下がってしまうでしょう。最低限、応募先企業のホームページをチェックしてから面接に臨むようにしましょう。

まとめ

如何にコミュニケーション能力に自信がある人であっても、事前の準備と練習をせずに面接を突破するのは簡単ではありません。また、仮に第一志望の企業でなくとも、しっかりと準備をして面接に臨むのが礼儀であるとも言えます。こうしたことを念頭に置いた上で、抜かりない準備と練習をしていきましょう。

タイズには豊富な経験を持つコンサルタントが多数います。もし面接に不安を抱える方は、一度ご相談ください。しっかりと寄り添いながら、あなたの面接力アップのお手伝いをいたします。

カテゴリ:面接について