社内SEへの転職は難しい?成功させるコツや求人情報などをご紹介!

こんにちは、メーカー専門の転職エージェント「タイズ」です。 本記事では、社内SEへの転職事情について詳しく解説します。タイズ経由で社内SEに転職された方の事例もご紹介します。ぜひご覧ください。

この記事は約14分で読み終わります。

社内SEへの転職
こんにちは、メーカー専門の転職エージェント「タイズ」です。

本記事では、社内SEへの転職事情について詳しく解説します。タイズ経由で社内SEに転職された方の事例もご紹介します。ぜひご覧ください。
タイズは、メーカーを専門とした転職エージェントです。サービスや事例を知りたい方はぜひ以下のボタンよりご確認ください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

―目次―

1.社内SEとは?仕事内容や求められるスキル、平均年収などを解説!
1-1.社内SEの仕事内容
1-2.社内SEに求められるスキルや経験とは?
1-3.【年代別】社内SEの平均年収は高い?
1-4.社内SEとSIerの違いとは?
1-5.社内SEは将来性のある職業!
1-6.社内SEのキャリアパスは?
1-7.社内SEに向いている人とは?
2.【事例付き】社内SEの転職事情とは?
2-1.社内SEへの転職事例(転職先もご紹介!)
2-2.社内SEへの転職は人気!理由を解説!
3.【地域別】社内SEの求人をご紹介!

社内SEとは?仕事内容や求められるスキル、平均年収などを解説!

社内SEへの転職

社内SEは、自社のシステム構築や運用保守などを行う職種です。自社内の業務のみ行うため、クライアントワークなどはありません。

社内SEの仕事内容

1.システムの企画や選定、導入による課題解決

自社の経営戦略などに基づいて、課題を解決するために最適なシステムは何か、企画の部分から選定、導入まで行います。

また、選定や導入にあたって、予算の作成などを行う必要もあります。

2.システムの開発

システムの導入が決定した場合、開発段階に入ります。開発はベンダーが行うケースと社内SE行うケースがあります。社内SEが行う場合は、システムの設計から開発、テスト、ローンチまで一貫して担当する必要があります。

3.システムの運用や保守

導入したシステムの運用業務や保守業務も社内SEの仕事です。障害やトラブルなどが発生しないよう、日々対策を講じたり、万が一発生した場合はその対応を行います。

システムの導入や開発がない場合は、こちらがメインの仕事となるでしょう。

4.ベンダーとの調整対応

開発や運用など、ベンダーに外注するケースもあります。その場合は、ベンダーと納期や予算の調整などを行います。

5.社内対応(問い合わせなど)

社内SEは社員のお問い合わせ窓口のような役割も持っています。システムの操作方法について社員に説明したり、不具合が発生したときは対応します。

社員にどれくらいのITリテラシーがあるかによって、問い合わせの数も変わります。

社内SEに求められるスキルや経験とは?

社内SEへの転職

社内SEは企業のITインフラを支える重要な役割を持っています。そのため、求められるスキルは多岐にわたります。

技術的な知識やスキル

社内SEはシステムの開発を行う場合もあるため、プログラミング言語やコーディングなどの技術的なスキルが必要になります。

下記は必要なスキルの一例です。

  • ネットワーク管理(LAN/WANの設定・管理や、ネットワークセキュリティなど)
  • サーバー管理(Windows ServerやLinuxの設定・管理など)
  • データベース管理(SQLの理解とデータベースの運用など)
  • ソフトウェア開発(プログラミング言語(Python、Java、C#等)など)
  • セキュリティ(情報セキュリティの知識(暗号化、認証技術)など)

コミュニケーションスキル

社内SEは社員からの問い合わせ対応や、システムの説明などコミュニケーションを取ることが多い職種です。また、経営層にシステム導入などの上申をすることもあるため、コミュニケーションスキルは一定レベルで必要になります。

課題・問題解決能力

社内SEは経営戦略や事業戦略に基づいて、課題や問題を解決することが求められます。どの職種にも求められることですが、問題や課題をしっかり把握するためのクリティカルシンキングの力など論理的な思考力も必要になります。
なにか問題や課題を解決した経験があれば、しっかりアピールするようにしましょう。

プロジェクト管理能力

社内SEはシステムの導入などプロジェクトを進めることも多いです。そのため、プロジェクトを予定通り進行させる能力が必要になります。関係各所と調整を行う調整力も重要です。

マネジメント経験があるとアピールポイントになるでしょう。

【年代別】社内SEの平均年収は高い?

社内SEへの転職

社内SEの平均年収は534.6万円です。一般的な会社員の平均年収は461万円(国税庁調べ)なので、比較的高い水準にあることがわかります。

年代別の平均年収は、下記の通りです。

年代 平均年収
20~24歳 約322万円
25~29歳 約403万円
30~34歳 約480万円
35~39歳 約545万円
40~44歳 約649万円
50~54歳 約644万円
55~59歳 約732万円
60~64歳 約427万円
65~69歳 約358万円

参考:運用・管理(IT)-職業詳細| job tag

年齢を重ねるごとに年収も上がる傾向にありますが、60代を越えると下降傾向にあります。年収のピークは55~59歳の732万円です。

社内SEとSIerの違いとは?

Slerは「企業」のことで、SEは「職業」のことです。SlerはIT技術を活用してシステムの開発などを行い、提供する企業のことです。
一方で社内SEは企業で働くエンジニアのことです。

社内SEは将来性のある職業!

DXやITの重要性が高まってきているため、社内SEの需要は高まり続けています。

また、リモートワークの導入が増加していることから、ネットワークの構築やセキュリティ対策など幅広い知識に精通している専門家が必要不可欠となったのです。

社内SEのキャリアパスは?

社内SEへの転職

社内SEにはどのようなキャリアがあるのでしょうか。キャリアパス・キャリアプランについていくつかご紹介します。

社内SEとして転職する

他社に転職することは一般的なキャリアパスです。

企業規模によって仕事内容や役割が変わってきます。
中小企業など規模が小さい企業では、1人~数人の組織であることが多いです。そのため、幅広い業務に携わることができます。

中堅・大企業など規模が大きい企業では、数名~数十名の組織であることが多いです。業務は細分化されていることが多く、特定分野のスペシャリストになれる環境にあります。

転職前に何がしたいのかどんなポジションに立ちたいのか整理するようにしましょう。

タイズはメーカー特化の転職エージェントで、社内SEの求人も数多く保有しています。大手・中堅企業と太いパイプを持っているので、企業の情報など詳しくお伝えすることができます。転職をお考えの方はぜひご相談ください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

マネジメント職になる

プロジェクトの予算や進捗などマネジメントすることもキャリアパスのひとつです。昇給も見込めるところが多いです。

スペシャリストになる

マネジメントが苦手で、自分の専門スキルや知識を突き詰めていきたい方は、特敵の技術分野に特化するスペシャリストを目指しましょう。

ITコンサルタントに転職する

ITコンサルタントとはIT戦略などの立案支援やシステム導入など、企業の支援を行う職種です。企業の上流の戦略に携わることも多いため、幅広い知識が求められます。

転職先としてはSler企業やコンサルティング企業になります。

ITコンサルタントの転職は30代前半までを対象としていることが多いため、なりたい場合は早めに動くようにしましょう。

インフラエンジニアに転職する

サーバーやネットワークの構築、運用、保守の道に進みたいと思ったら、インフラエンジニアの道も考えてみましょう。

▶あわせて読みたい関連記事
社内SEの将来性|キャリアプランと転職のポイント

社内SEに向いている人とは?

社内SEへの転職

社内SEに向いている人は下記の通りです。

ITや情報処理に関する知識に興味がある

社内SEはさまざまな仕事を任されることが多いため、幅広い知識が必要です。そのため、あらゆる経験からスキルを吸収したり、ITや情報処理に関する専門知識を身に付けたりすることが求められます。経験が少なくても、興味を持つ分野であれば積極的に学ぶことができるでしょう。

コミュニケーションを取るのが得意

社内SEは多くの部門とやり取りする仕事です。ベンダーなど社外の人間と関わることも多く、コミュニケーション力が重視されます。

社内ではサポーターとして、あるいはシステム導入プロジェクトの中心人物として相手が求めていることを理解し、伝えるスキルが欠かせません。外部企業とのやり取りにおいても、自社が抱える課題を担当者へ正しく伝えて、最適なシステムを提供してもらう必要があります。

陰から支えることにやりがいを感じる

社内SEは、必要がなければ外部企業や人材と関わることは少なく、営業などで積極的に前面に出て行く仕事ではありません。縁の下の力持ちとしてコツコツ地道にやっていく仕事が多く、人によっては、目立たない職種と感じるでしょう。

陰から会社や社員を支える仕事の重要性を理解し、やりがいを感じる方であれば、楽しくスキルを身につけていけます。

▶あわせて読みたい関連記事
社内SEってどんな仕事?向いている人の3つの特徴ややりがいとは

【事例付き】社内SEの転職事情とは?

社内SEへの転職

社内SEの転職事情について解説します。

社内SEへの転職事例(転職先もご紹介!)

タイズ経由で社内SEに転職された方の事例をご紹介します。

30代前半 パナソニックの社内SEへ転職成功

◯転職理由
工場向けのシステムの保守を担当していたが、IoTやAIといった新しい技術が出てきており、そうした最新技術を習得して、スキルアップをしたいと考えられたため、転職を決意されました。

◯転職してよかったこと
パナソニックは大企業なので、グローバルな展開をしており、自分が頑張って希望をすれば、海外でも活躍できるので、やりがいを感じて働けているそうです。

また、働き方改革も進んでいて、ワークライフバランスがきちんとしており、キャリア支援も手厚く、会社からの補助金も出るので英会話の学習など自己研鑽にも励んでおられるようです。

▶すべて読む
30代前半でパナソニックの社内SEに転職成功

30代後半 村田製作所の社内SEに転職成功

◯転職理由
2つ理由があり転職を決意されました。

1つ目は子供が生まれるなどのライフイベントのタイミングで地元へ帰りたいという希望があったことです。

2つ目は、「より深く製造業に関わる仕事がしたい」という想いがあったためです。

前職は製造業をクライアントとしたソリューション提供に携わってきましたが、どちらかというと機能重視の提案やパッケージの提供などが多く、今後は「モノづくりの業務全体を把握し、日本のモノづくりの更なる向上に貢献するようなソリューションを提供していく仕事がしたい」と考えられたためです。

◯転職した結果
村田製作所はキャリア採用も積極的に行っているため、中途向けの教育プログラムが非常に充実しており、立ち上がりまでしっかりサポートしてくれる環境で、働きやすいとお声をいただいています。

▶すべて読む
30代後半で村田製作所の社内SEに転職成功

他職種から社内SEへの転職事例

◯転職した理由
前職では風土が合わない面があり、上司に改善をお願いしたのですが、逆に諭されるカタチとなり、風土改善が見込めず、その風土で働くのは困難だと考え転職を決意されたそうです。

◯転職してよかったこと
前職の“風土が合わない”が劇的に改善されたそうです。

▶すべて読む
鉄鋼メーカーの電機制御設計から電機メーカーの社内SEに転職成功

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

社内SEへの転職は人気!理由を解説!

社内SEへの転職

社内SEが人気、勝ち組と言われる理由を解説します。

ワークライフバランスを実現しやすい

社内SEはSlerなどシステムを提供する企業と比較すると、残業時間が少ない傾向にあります。そのため、ワークライフバランスを重視する人には人気です。

上流工程のスキル・経験を積める

社内SEは経営戦略や事業戦略に基づいて、システムの選定や導入に携わることができます。一般的に、SlerなどのSEは開発から携わることが多いので、上流に携わる機会が少ない傾向にあります。

納期に追われることが少ない

クライアントワークではないため、融通が効きやすいことも社内SEの魅力のひとつです。Slerなどのシステム開発企業の場合、納期に追われることがほとんどですが、社内SEの場合は極端に納期に追われることはありません。精神的にプレッシャーを感じたくない人には、人気な傾向があります。

年収が高いケースが多い

下請け企業の場合、年収が低い場合もあります。社内SEの場合は、年収の幅があまりないため、高年収を狙いやすいです。

社内SEへの転職は難しい?

社内SEへの転職は比較的難しい傾向にあります。その理由は、下記が挙げられます。

・募集枠が少ないため倍率が高い
・スキルや年齢など即戦力が求められる

基本的に、社内SEは少数精鋭で組織構成されていることが多いため、募集枠が少なく、即戦力が求められています。
そのため、社内SEへの転職は比較的難しいと言えるでしょう。

社内SEへの転職で失敗する人の特徴

社内SEへの転職で失敗する人の特徴を解説します。転職に失敗しないために、しっかり確認しましょう。

1.技術的スキルの不足
特定のスキルに偏りすぎており、幅広いスキルが不十分な場合は、社内SEには向いていないと判断されることもあります。
また、最新技術のキャッチアップがなかなかできない人も、要注意です。

2.ソフトスキルの欠如
社内SEは様々な部署やベンダーと関わりを持つ機会が多いです。そのため、コミュニケーション能力や問題解決能力が欠如している人は、お見送りにされるケースが多いです。

3.組織理解の不足
社内SEは自社のビジネスモデルや業務プロセスを理解する必要があります。
この能力や、自社のビジネスモデルや課題とITソリューションを結びつけて考えられる能力が不足している人も、お見送りにされるケースが多いです。

【年代別】社内SEへの転職を成功させるポイント

社内SEに限らず、転職は年代によって成功させるポイントが異なります。
社内SEへの転職を成功させるポイントを年代別で解説します。

年代 成功させるポイント
20代 ・基本的なスキルを習得する

プログラミング言語やネットワーク、サーバー管理などの基本的なITスキルを習得して、CCNAやCompTIAなどの基礎的な資格を取得するなど、技術的な基盤を固めましょう。

・実務経験を積む

プロジェクトに参加するなどして、実績を積みましょう。ジュニアポジションに応募することも有効な手段です。

30代 ・スキルを専門化する

特定分野の専門性を高めましょう。また、CISSP、AWS認定などの上級資格を取得し、専門知識があることの裏付けを取りましょう。

・マネジメントスキルを習得する

チームやプロジェクトのリーダーを担当し、進捗管理や予算管理などマネジメントスキルを磨きましょう。

・業界知識を身に着ける

最新の技術トレンドや業界ニュースを素早くキャッチアップし、業界知識を深めましょう。また、IT関係の知識だけでなく、経営やマーケティングなどの周辺知識も身につけるようにしましょう。

40代 ・リーダーシップをさらに深める

管理職やディレクター職として、自社の経営戦略や事業戦略に深く関わるようにしましょう。

・若手社員の育成をする

若手社員のスキル向上など、指導を行い、部下の成長を手助けできるようにしましょう。

社内SEになりたい人がすべきことは?

社内SEはこれまで述べてきた通り、技術的なスキルやコミュニケーション能力などのソフトスキル、そして自社のビジネスモデルや経営/事業戦略を深く理解することが重要です。

スキル周りだけでなく、幅広い知識を身に着け、最新の技術トレンドもキャッチアップできるよう心がけましょう。
未経験でも転職できる?
社内SEは未経験でも転職できる場合があります。未経験でも転職するためには、下記がポイントです。

1.基本的なITスキルを習得
オンラインスクールや専門学校などで、プログラミングやネットワーク、データベース、システム管理などの基本的なITスキルを学びましょう。資格を取得することもおすすめです。

2.実務経験を積む
IT関連のインターンシップや非営利団体、コミュニティプロジェクトなどのITサポートボランティアに参加し、実務経験を積みましょう。

3.自己学習とプロジェクトを行う
自宅で小規模なネットワークを構築したり、ウェブサイトを開発したりして、実践的なスキルを磨きましょう。

4.ソフトスキルを強化してアピール
コミュニケーション能力や論理的思考力などの問題・課題解決能力を高めましょう。

5.エントリーレベルのポジションに応募
エントリーレベルのポジションに応募したり、中小企業やスタートアップ企業に応募することで未経験でも通過しやすくなります。

【地域別】社内SEの求人をご紹介!

地域別の社内SEの求人をご紹介します。希望地域の求人をチェックしましょう。

関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
北海道・東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)
関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)
上信越・北陸(新潟・富山・石川・福井・山梨・長野)
東海(岐阜・静岡・愛知・三重)
中国(島根・岡山・広島・山口・鳥取)
四国(徳島・香川・愛媛・高知)
沖縄・九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

SNSでシェア

この記事を書いた人

プロフィール写真

長友 美悠

株式会社タイズ

  • 関西メーカーへの高い合格率に自信あり。メーカーへの深い知見、太いパイプを活かした転職のご支援をさせていただきます
  • 「勤務地・給与」といった条件だけではなく「働きごこち・忙しさ・社風」など転職の軸を丁寧にヒアリングさせていただきます。
  • 転職成功者の満足度は92%! ※当社経由でご転職に成功された方へのアンケートより

送信中です