機械設計の転職失敗パターン5選!成功方法も解説

近年は、スキルやキャリアアップ、ワークライフバランスや待遇の改善など、さまざまな理由で転職を考える人が増えています。 機械設計の分野は、企業によって働き方や条件の違いが大きいため、より自分に適した職場を探している方も多いでしょう。 しかし職場を変えることで逆に状況が悪くなる可能性もありますので、転職は簡単に決断できることではありません。 そこで今回は、機械設計の転職で失敗しないためのポイントについて解説しますので、成功させるための参考にしていただければと思います。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェントの弊社「タイズ」は無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。あなたが、今すぐ転職を考えていなくても構いません。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

よくある機械設計転職での失敗パターン

まずは、機械設計の転職で失敗しやすいパターンを紹介します。同じようなミスをしないようにしっかり確認しておきましょう。

求められていたスキルと自分のスキルの相違が合った

ひとくちに機械設計といっても、その役割や求められるスキルは職場によって大きく異なります。

転職先を探して求人を見ても、詳細な業務内容までは読み取れない場合があり、自身のスキルが企業側の求めているものと違う可能性もあるのです。

そのようなミスマッチの状態では、当然採用されにくくなり、書類選考の段階で落ちるケースもあるでしょう。

仮に転職できたとしても、入社後に想定とのギャップが生じて、自分の強みが活かされないことでの悩みが増えるかもしれません。

仕事内容は希望通りだが、社風が合わなかった

スキルなどが活かせる希望どおりの仕事に転職できたとしても、そこで快適に働けるとは限りません。

新しい会社に勤める際は、職場での人間関係も新たに構築していく必要があります。

同僚や上司との相性、職場の雰囲気、半ば強制的な飲み会参加など、入社してみないと分からないことも多いでしょう。

また仕事内容は適していても、業務に対するスタンスや重視するポイントが自身の考えとズレていると、少しずつストレスに感じるかもしれません。

働き方などにもその違いは現れやすく、残業や休日出勤が日常的に行われている会社であれば、ワークライフバランスを重視する生活は難しくなります。

人事評価の制度も企業ごとに特色があり、理念や会社方針と合わせて納得できなければ、転職しても失敗したように感じるでしょう。

有名企業に転職することにこだわり過ぎる

有名企業や大規模な会社に憧れを持つ方は多く、ブランド力による安心感が意外な落とし穴となるケースもあります。

会社の知名度や認知度に重点を置き過ぎると、転職後に自分がやりたかった業務ができないなど、結局は後悔するリスクが高まるのです。

有名企業では大規模なプロジェクトがあるなど、キャリアアップの意識をしっかりと持った上で選んだのならば問題ありません。

しかしそうでなければ、名を捨てて実を取るという言葉があるように、体裁よりも中身を重視して企業選びをする必要があるでしょう。

機械設計から未経験分野に転職したが、難しかった

現在の会社で機械設計の業務に不満があるからといって、簡単にほかの分野への転職を決めるのはおすすめできません。

転職先の分野にもよりますが、基本的には大きく働き方が変わるため、想定していた以上の困難に直面するものです。

特に接客や営業が必要な職種では、今までは重視されていなかった部分のスキルが要求されるため、いちから仕事を覚え直すことでの挫折もあるでしょう。

機械設計の仕事自体が嫌いでなければ、転職して機械設計を続けた方が賢明です。

職場を変えるだけでも、今不満に思っていることが解決されるかもしれません。

仕事と転職活動の両立が難しい

一般的な転職活動は、現職と同時に行うことになるため両立が難しいです。

現職の仕事が忙しく求人を探すのも大変な上に、有給休暇を取得して面接をうけることになるため一度に受けられる企業も限られるでしょう。

自身の希望やスキル、思いなどはある程度考えることができても、面接する会社に対しての理解や対策に割く時間が確保できない方が多くいます。

結果的には、企業側にあまり良い印象を与えることができず、採用もされにくくなるでしょう。

特に現職で労働時間や休日の少なさに不満を持っている方は、転職活動との両立が難しい場合が多く、満足のいく企業への転職ができない可能性があるのです。

失敗しないためにできること

 

ここからは、転職を失敗しないためにやるべきことを紹介します。

いまの職場を辞めたい理由を明らかにする

まずは、現在勤めている会社にどのような不満があって、なぜ辞めたいと考えているのかを明らかにしましょう。

待遇や労働環境などのネガティブな部分や、もっと新しい仕事に挑戦したいなどのようなポジティブな側面などを含めて、自分がこれからどうしたいのかを整理してください。

なぜ転職したいと思ったのかを改めて見つめ直すことで、どのような条件で次の会社を探すべきかが見えてきます。

次はどういう風に働きたいか、転職して実現したいことを考える

辞めたい理由が分かると、自分がどのような働き方がしたいのかが見えてくるでしょう。

仕事内容、環境、会社のあり方などを含めて、どういったところで働きたいかを整理してみてください。

そして、自分が何を重視しているのか、妥協できない部分を3つほど出しておくと転職先も見つけやすくなるでしょう。

希望やスキルを理解してくれるエージェントに相談

転職したい理由や実現したいことを具体的に考えて言葉にするのは、簡単なようで意外と難しいという方も多いです。

そのようなときには、転職エージェントのコンサルタントに相談することで、求職者のスキルの棚卸しや希望の言語化を手伝ってもらえます。

さらに企業側が求めている人物像について詳細な説明を受けることができ、自分で求人票を探すだけでは分からない情報も得ることができるでしょう。

転職エージェントを適切に活用することで、効率的に考えの整理や情報収集をすることができるのです。

スケジュールに配慮があるエージェントに相談

転職活動は、現職の勤務状況に応じて進めていくことが大切ですが、転職エージェントによっては「3ヶ月の間に決める」など、コンサルタント自身が会社からノルマを課せられている場合もあります。

短期的に大量に面接を受けさせられることもあるかも知れません。

しかし、無理なスケジュールで転職先を決めると、本当に希望どおりの条件かを判断する余裕がなくなります。

そのため、無理のないスケジュールで転職活動を進めてもらえる転職エージェントを選び、現職の状況に合わせて転職先を厳選できるようにしましょう。

タイズを頼って成功確率をあげる

業界のスキルに精通していてスケジュールの配慮もできる、そのような転職エージェントはあまり多くありません。

しかし「タイズ」はメーカー専門の転職エージェントなので、製造業に関する情報を豊富に取り扱っており、機械設計のスキルに対しても深く理解しています。

それ以外にも、転職を成功へと導く特長がありますので具体的にお話します。

転職エージェントならタイズ

タイズなら、今の職場が合わなかった理由や今後の希望を加味して、最適な求人を紹介できます。

それは、アナログマッチング®を実施しているからです。

このマッチングでは、求職者から単純な条件だけを聞いて企業を選ぶのではありません。一般的な年収や職種などの情報に加えて、企業の社風や将来性、やりがいなど求職者の価値観と密接な部分も総合的に判断した上で紹介します。

転職で失敗しないためには、どれだけ希望に合った求人を見つけるかが重要なポイントになるでしょう。

また、ほかの転職エージェントでは期間が決められて大量に応募させられる可能性がありますが、タイズではそのような期日を設けていません。

現職の状況に合わせたスケジュール調整ができますので、安心して転職先を見つけることができます。

キャリア相談からスタートして、長期的な転職活動のサポートをさせて頂くことも可能ですので、納得案のある良い転職がしたい方はぜひタイズにご相談ください。当社がご紹介できる求人も数多くございます。転職を成功させたい方は、まずは求人をご検索ください。

まとめ

今回は、機械設計の転職で失敗しないためのポイントについて解説しました。

求めるスキルや社風は企業によって異なり、入社後にしか得られない情報もあるため、希望どおりの転職をするのは簡単ではないようです。まずは、現状を確認して会社を辞めたい理由や自分の理想について見つめ直し、じっくりと条件に合う企業を見つけることが大切になります。

しかし、働きながらの転職活動は時間的な余裕がないため、より失敗リスクを減らすためには転職エージェントの利用も重要になるでしょう。

その場合には、業界のスキルに精通していてスケジュールの配慮ができる「タイズ」がおすすめです。

 

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です