【実例公開】機械設計エンジニアの年収大公開!収入アップの方法も紹介

コンセプトに基づいた機械設計を行う機械設計エンジニアの年収は、雇用形態や会社の成長性によって大きな差が生まれています。中には専門職にもかかわらず、非常に低い年収しかもらえない会社や雇用形態も。そのため、一定以上の経験を積んだ機械設計エンジニアは積極的に転職を望む傾向があります。 機械設計エンジニアは、具体的にどのような方法で収入をアップさせればよいのでしょうか。今回は機械設計エンジニアの年収の傾向と、収入アップを実現させるための方法について紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

メーカー専門の転職エージェントである弊社「タイズ」は無料の合格相談を実施しております。大手メーカーとの太いパイプと、技術職への深い知見には自信があります。あなたが、今すぐ転職を考えていなくても構いません。メーカーへの転職に興味があれば、お気軽にご相談(無料)ください。

機械設計エンジニアの平均年収

専門的な技術職である機械設計エンジニアは、他の職業と同様に所属する企業や年齢によって、年収に大きな違いが生まれます。
また技術職であるため、年収は経験やスキルの向上にともなって上昇します。

機械設計エンジニアの企業規模および年齢層別の平均年収は以下のように分布されています。

大手企業正社員 中小企業正社員
20代 400~550 380~500
30代 500~750 450~650
40代 700~900 650~700

単位:万円
引用:2023年度 タイズ経由での「機械設計」転職者の理論年収実績

もっとも高い年収をもらうのが大手企業の40代です。一方でもっとも低い年収となったのは中小企業正社員の20代。まだ技術も経験もないため、最低限の年収をもらいながら修行する期間ととらえられるようです。

更に、中小企業と大手企業では、年収以外に福利厚生にも違いがみられます。例えば、中小企業の福利厚生としては健康保険・労災保険などがあります。一方で、大手企業では保険関係に加え、持株制度などの制度面や、独身寮や医療施設などの施設面、また住宅施策なども整っています。

機械設計エンジニアが年収を上げる方法

機械設計エンジニアの年収アップにはキャリアの積み重ねとスキルの向上が重要。どのような機械設計エンジニアになりたいか、知識を活かしてどのような立場を目指すのかなど、目標を明確にすることが年収アップへの近道になるでしょう。

現在の職場でキャリアアップする

現職において機械設計エンジニアとしての評価が上がれば、給与アップが期待できるでしょう。現場での仕事を着実に成功させ、実績を積み上げることで上司や周囲からの評価アップにつながっていきます。

具体的な評価基準が定まっている会社なら、その条件を満たすように行動するのが有効です。自分ができることを明確に表現するために、社内で希少価値の高い資格やTOEICでの高得点を獲得するのもおすすめです。社内での昇進基準に英語力が含まれている企業もあり、TOEICでの点数が昇給や昇格に影響します。

また、今まで関わったことのない業務にチャレンジしたり、プロジェクトに積極的に参加し、そこで実績を残すことができれば社内の評価があがります。その結果、昇進できるケースもあり年収アップに繋がります。

今より高収入が期待できる企業へ転職する

これまでの実績とスキルに自信があるなら、より高収入が期待できる企業への転職が収入アップの近道です。

現在中小企業に勤めているならば、狙うは有名な大手企業への転職。大手企業に勤めると、部品や組立品のみを設計する下請けの企業に比べ、様々な材料に触れる機会を得られます。機械設計エンジニアとしての市場価値が高まるため、ほとんどのケースにおいて年収アップが期待できるでしょう。

中小企業から大手企業への転職は難しいと考えられる方もいらっしゃるかも知れませんが、中小企業では業務範囲が広かったり、組織規模が小さいため自己解決しなければ仕事が進まない、などの背景から中小企業での経験が大手企業への転職時の強みとなることもあります。

同程度の規模をもつ企業に転職するなら、経験が活かせるマネージャー職を目指して転職するのも有効な方法です。マネージャー職は現場の技術者とは違ったスキルを求められますが、その分大幅な年収アップが期待できます。

また中小企業の中でも、競合がいないような特殊な技術をもつ会社への転職もよい選択です。中小企業の中においても、特殊な技術を売りにする会社は利益率が高く、企業規模が小さくても高い給与が期待できるケースもあります。募集に対する競争相手が多い傾向は強いですが、挑戦してみる価値はあるでしょう。

キャリアアップを目指すなら転職エージェントの利用がおすすめ

年収アップを目指し大手への転職を目指す機械設計エンジニアは多く、それだけに競争も激しくなります。少ない枠を確実に勝ち取るには、プロの手を借りるのが近道。大手への転職を希望するなら、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

信頼できるプロがあなたの価値を最大化

即戦力となる機械設計エンジニアは、市場でも非常に人気の職種です。

しかし機械設計エンジニアの求人で求められるスキルは、非常に細分化されている傾向が強いです。そのためエンジニア自身が自らの市場価値をしっかり把握できていないと、ライバルが多い大手企業への転職はなかなか叶わないでしょう。

大手への転職を目指すなら、ぜひ転職エージェントのサポートを受けましょう。転職エージェントは数多くの求職者を企業とマッチングさせてきた転職のプロです。転職を希望するエンジニアの適性を分析し、希望に合った求人を選んでくれるでしょう。

また自分の市場価値を把握するためのアドバイスを受けることも期待できます。スキルの分析も転職エージェントの得意分野です。求職者本人が気づいていない強みを見つけ、その強みが活かせる転職先を提案してもらえるため、転職の成功率はかなり高くなります。

タイズは大手企業に強いエージェント

機械設計エンジニアが転職を目指すなら、ぜひメーカー専門の転職エージェント「タイズ」をご利用ください。

タイズは関西地方のメーカーへの転職に特化した転職エージェントです。さまざまなジャンルのエンジニアの転職を数多くサポートして参りました。

メーカーに特化している分、各企業とのコネクションも強固。大手企業とのコネクションも豊富に持っており、大手志望の求職者がご希望の求人案件をご紹介いたします。

機械設計エンジニアを担当するコンサルタントは、業界の動向や転職市場の変化を熟知。求人票だけではわからないニーズを敏感に察知し、有望なエンジニアを求める企業と求職者をマッチングいたします。

また他の転職エージェントとタイズが大きく異なる点にアナログマッチング®があります。

多くの転職エージェントでは「年齢・職種・勤務地・年収」といった求職者側の条件と、「年齢・経験職種・勤務地・年収」といった企業側の条件をデジタルで照らし合わせ、一定以上の一致率の企業への応募を促します。

これでは求職者が本当に働きたい会社はわからないとタイズは判断。より長期的な働きやすさ、居心地の良さを重視したマッチングを行っています。

タイズが行うアナログマッチング®では、先に挙げた条件に加え「社風、働きごこち、会社の将来性、スピード感、やりがい」といった、求人情報では図れない要素を重視。求職者が本当に重視したい条件と、企業側が大切にしている条件のマッチングを目指しております。

そのためタイズでは、同時に数十件への応募をさせるような無駄な活動はせず、相性のよい数社のみとじっくり交渉していただき、満足度の高い転職が実現するようサポートいたします。大手企業への転職を希望される機械設計エンジニアの方は、ぜひ一度タイズまでご相談ください。

まとめ

コンセプトに基づいた機械を設計する機械設計エンジニアは、各分野のメーカーにおいて需要がある職業です。一方で得意分野、専門分野は細分化されており、いつでも誰でも給料の高い大手企業に転職できるとは限らない、競争の激しい職業でもあります。

機械設計エンジニアが年収アップを目指すなら、現職での昇進、特殊な技術を持つ中小企業への転職、給料の高い大手企業への転職が選択肢として考えられます。機械設計の分野は工程によって仕事内容が大きく異ることから、求人票を見て自分で転職先を選ぶのは中々難しいでしょう。そこへ年収アップも期待するのであれば、さらに慎重な企業選びが重要になり、自分の市場価値を正確に見極める必要も出てきます。

タイズのアナログマッチング®なら、転職者の強みと企業のニーズとを理解した上でのマッチング。企業と求職者の単なる技術だけでない、社風と人柄も含めたマッチにより、長期的に働ける環境での年収アップをお手伝いします。

この記事を書いた人

プロフィール写真

安達 篤史

株式会社タイズ

これまで17年間、転職エージェントのコンサルタントとして従事し、これまで1,000名以上の転職支援を実施。
技術系を中心に幅広い知識・経験があり、納得感のある転職を実現している。

安達篤史のプロフィールはこちら

送信中です