転職活動の平均期間はどのくらい?スケジュールの流れを解説!【転職体験談あり】

目次

1.転職活動に要する期間は?スケジュールはどう立てればいいのか?
2.実際に転職された方の転職活動期間は?
3.転職活動 「準備~内定」までの平均期間
4.転職活動スケジュール
5.短期間で転職活動が終了した人のスケジュール
6.転職活動期間が2ヶ月の人の転職体験談

転職活動に要する期間は?スケジュールはどう立てればいいのか?

転職したい。でも大変な労力がかかりそうな転職活動を思うと、なかなか踏み出せない・・。「転職には、どのぐらいの期間がかかる?」「どのようにスケジュールを組んだらいい?」

今回は、そんな疑問を解決するため、「平均的な転職活動期間」と「転職スケジュール」について解説すると共に、「短期間で転職を成功させた人」の体験談もご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

実際に転職された方の転職活動期間は?

実際に、タイズを通じて転職をされた方の転職活動期間について調べてみました。
(転職者の声インタビューにご回答いただいた方のアンケートより)

転職活動期間

1位:3ヶ月-半年以内

2位:3ヶ月未満

3位:1年以上

一番多かったのは、3ヶ月-半年以内です。その次に、3ヶ月未満となっています。転職を実現された方は、概ね半年以内に転職を実現されていますが、1年以上活動を行った方もいらっしゃいます。

転職活動 「準備~内定」までの平均期間

平均的な転職活動期間は3ヶ月

転職活動にかかる期間は、平均約3ヶ月と言われています。「これから転職活動を始めたい」と考えている方は、まずは3ヶ月を目安に、逆算して開始時期やスケジュールを検討してみましょう。

ポイント

  • 実際に転職活動をはじめて約1ヶ月後は、面接が集中すると予測されます。現職の繁忙期と重ならないように計画しましょう!

転職活動スケジュール

転職活動スケジュール

①活動準備「平均1週間」

転職の理由・目的・判断軸を明確にする

なぜ転職したいのか?転職によって何を実現したいのか?を自分の中で整理して、求人・企業選びの「判断軸」をまず作りましょう。「年収◯百万以上」「◯◯分野に携わる仕事」など、これだけは絶対に譲れないという条件や「自分にとっての転職成功とは何か」を明確にすることが、後悔しない転職活動につながります。

転職活動の方法を考える

転職活動にはさまざまな方法があり、また多種多様な転職サービスが存在します。一般的には下記のような転職サービスを使いますが、志望先の企業が明確にある場合は、企業サイトの採用ページから直接応募する方法もあります。

・転職求人サイト

いま転職求人サイトはたくさんあり、それぞれのサイトに特徴や強みがあります。ひと通り見比べたうえで、自分の転職軸に添った求人が充実している転職求人サイトを選びましょう。

・転職エージェント

大手から中堅・中小まで無数の転職エージェントがあり、それぞれの転職エージェントに「紹介してくれる企業数がとにかく多い」「関西のメーカーに強い」「技術職に強い」など特長があります。しっかり比較して自分にフィットしそうなエージェントを選びましょう。

②転職活動スタート!求人を探して応募「平均3週間」

自分の転職軸に合った求人情報を見つけ、実際に応募します。

注意したいポイント

ここで気をつけるべき点は、「応募しすぎない」ことです。不安だからと多数の企業へ応募してしまった場合、面接予定が一気に固まって押し寄せる可能性があるからです。現職の業務に皺寄せが出たり、面接を詰めすぎた故にしっかり面接対策ができず本命の志望先を逃してしまったり、キャパオーバーで体調を崩してしまっては本末転倒になります。

また「求人情報では社内の雰囲気が良さそうだったのに、面接で実際に行ってみたら自分とは合わない空気だった」「求人情報で読んだ仕事内容と、面接で聞かされた仕事内容が違う」ことも、よくあるパターンです。できれば求人情報よりもさらに踏み込んだ情報を検討してから応募するほうが、ミスマッチを回避でき効率的です。

また、そうしたプロセスを転職エージェントに任せるのも、ひとつの方法です。あなたの経歴や転職軸を理解し、考え方や性格も考慮したうえでピンポイントな求人を紹介してくれるようなエージェントと出会えれば、応募先探しのプロセスは大幅に短縮されます。

③書類選考・面接・内定「平均6週間」

・書類制作

特に職務経歴書をしっかりと作り込んでおくことが大切です。キャリア採用の場合は職務経歴書が、書類選考や面接選考の全てのベースとなるからです。ある程度の時間がかかっても、今までやってきた仕事の棚卸しを行い、自分自身のスキル価値が的確に伝わるような経歴書を作成しましょう。

・面接スケジュールの調整

個人応募の場合、先方とのスケジュール調整はすべて自分で行う必要があるので、在職中の方は苦労する点になるかもしれません。繁忙期を避け、応募先をできるだけ絞り込んで、有給も活用しつつ進めたいものですね。

・企業研究・面接対策

面接までに、面接先企業の情報にはできる限り目を通しておきましょう。各企業のコーポレートサイトでは、事業領域や経営理念、採用ページがあれば社員の仕事ぶりや社風なども垣間見ることができます。また、ニュースサイトで社名検索すれば直近の出来事も確認できます。

経歴書に記載した内容も頭に入れておき、実績やスキルを口頭で説明する際に、具体的な数値やエピソードも絡めて話せるよう準備しておきましょう。できれば模擬面接を行っておくとベターです。模擬面接と事前のアドバイスをしっかり行ってくれる、転職エージェントを活用することもひとつの方法ですね。

④退社交渉・入社準備「平均2週間」

転職先企業の内定を得てから、現職企業に退職意志を伝える流れが一般的です。退職が決まれば、後任への引き継ぎは多少面倒でもキッチリと行っていきましょう。状況や担当業務にもよりますが、引き継ぎ期間を「1ヶ月間」としてあらかじめ計画を立てる人が多いです。

たとえ異業種への転職であっても、長い人生、今後どこで元同僚と関わりがあるか分かりません。立つ鳥跡を濁さずの精神で、ぜひ可能な限りの円満退職を目指してください。

短期間で転職活動が終了した人のスケジュール

スピード転職 イメージ画像

一般的に平均3ヶ月間といわれる転職活動期間ですが、中にはそれよりも早期に転職活動を終える人もいます。


1ヶ月半で転職活動を終わらせた人のスケジュール例

  1. 転職を考え始め、転職エージェントに電話で相談
  2. 翌日に求人紹介を受け即応募
  3. 1週間後に面接。それまでに書類準備や面接対策
  4. 面接から内定まで2週間
  5. 退職交渉に2週間。内定先へは1ヶ月後に入社

まさに理想のスピード転職ですね。

それでは最後に、転職を短期間で成功させた人の体験談をご紹介します。転職活動を考える上でぜひ参考にしてみて下さい!

転職活動期間が2ヶ月の人の転職体験談

S.Hさん(男性/30代前半/事務/管理系)
転職先 大手電子部品メーカーの法務
前職 大手化粧品メーカーの人事

「実は転職を考えていて…」とエージェントに電話で相談。法務の仕事は求人の数が少ないため、転職活動には1年ぐらいかかるだろうと当初は覚悟していました。

ところが翌日には「ピッタリの求人がありました」とエージェントが連絡をくれて。あまりの早さに驚きました。

そこから即、面接に入り、2週間後には内定。あっけないほどスムーズに決まりました。

大変だったのは、転職先が決まった後の退職交渉。

交渉を始めてから2週間ぐらいは退職時期の目処が立ちませんでした。

転職先との調整、さまざまな助言や励ましなど、担当エージェントが内定後もしっかり伴走してくださり心強かったです。

最終的には内定から1ヶ月で転職先へ入社することができました。

ポイント

ここでのポイントは「転職活動をできるだけ早期に、スムーズに終わらせたい!」という場合、活動の初期段階から転職エージェントをフル活用するということです。

ただし転職エージェントは、各社さまざまな特徴があります。メールや求人紹介等のレスポンスの良し悪しひとつでも、転職活動の円滑さは変わってきますので、できる限りレスポンスの速い転職エージェントを使うこともポイントです。

転職活動中の方へ

転職のこと、プロに相談してみませんか?「応募書類の添削」「面接対策」「退職交渉」まで全て無料でサポートさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

プロフィール写真

タイズマガジン編集部

株式会社タイズ

タイズは大阪に本社を置き、2005年に創業して以来ずっと関西メーカー一筋に転職支援を行っている転職エージェントです。10年以上の転職支援実績を元に記事を執筆しております。

受賞歴

  • 関西メーカー専門転職エージェント総合満足度NO.1(ゼネラルリサーチ調べ)
  • リクルートキャリア主催 GOOD AGENT RANKING ユーザー満足度部門入賞
  • パナソニック株式会社様 ベストエージェント賞 受賞
まずは無料相談!登録はこちら

お名前

メールアドレス

電話番号

生年月日

職務経歴書・履歴書
・職務経歴書・履歴書のご用意がない場合でも、お気軽にお申し込みいただけます
・3ファイルまで添付可能(xlsx、docx、pptx、pdf、gif、png、jpg)

さらに追加する

お申込み後、タイズよりメールまたは電話にてご連絡させていただきます。

送信すると利用規約・個人情報の利用目的に同意したものとみなされます。