【JIS規格の表付き】給水栓取付ねじの規格まるわかり

 

この記事では、給水栓取付ねじの形状・寸法を表付きで解説します。

ご覧の方は、主に技術者(エンジニア)の方がほとんどだと思います。

「技術者としてスキルアップしたい」

「年収やワークライフバランスを整えて、より充実した生活を送りたい。」

そう思い立ったことはないでしょうか?2005年に創業以来、メーカー一筋の転職エージェント「タイズ」は、パナソニック・村田製作所・ダイキンなど大手メーカーへの転職を得意としています!

あなたが今すぐ転職を考えていなくても問題ありません。少しでも技術者として転職に興味があれば、お気軽にご相談ください。

01. 給水栓取付ねじ規格表

基本情報

ここでは、給水栓取付ねじの基本情報をJIS規格(日本産業規格)をもとに示します。

■給水栓取付ねじについて

・管用平行めねじ(Rp)に組合わせて使用されるおねじ規格です

・外径、有効径、谷の径はすべて管用平行ねじGと同じですが、シールテープを用いた止水を前提にしているため、寸法許容差がGと比較して全て小さめでOKという規格になっています

・他のねじと違い、給水栓で使用される1/2、3/4、1サイズのみの規格となります

■給水栓取付ねじの基準寸法・寸法許容差

参考・引用:JIS B 2061:2017 

02. 給水栓取付ねじの表

給水栓取付ねじの表

ここでは給水栓取付ねじの規格、基準寸法を表として示します。ぜひ、みなさまの業務にお役立てください。

※単位:mm

ねじの種類 ねじの呼び 外径 d 有効径 d2 谷の径 d1
基準寸法 上の許容差 下の許容差 基準寸法 上の許容差 下の許容差 基準寸法 上の許容差 下の許容差
PJ1/2 13 20.955 −0.25 −0.534 19.793 −0.25 −0.534 18.631 −0.25 −0.534
PJ3/4 20 26.441 −0.25 −0.534 25.279 −0.25 −0.534 24.117 −0.25 −0.534
PJ1 25 33.249 −0.25 −0.610 31.770 −0.25 −0.610 30.291 −0.25 −0.610
備考 給水栓取付ねじは,“PJ”の記号を用いて表す。例:PJ1/2_PJ3/4

参考・引用:JIS B 2061:2017 

03. まとめ

一言にねじと言っても、ねじ山の数やねじピッチが違う様々な規格のねじが、身の回りには流通しています。

このページでは、給水栓取付ねじの規格、基準寸法を紹介しました。ぜひ、みなさまの業務にご活用ください。

 

この記事を書いた人

プロフィール写真

タイズマガジン編集部

株式会社タイズ

タイズは、2005年の創業以来、メーカー専門で転職支援を行っている転職エージェントです。15年以上の転職支援実績を元に記事を執筆しております。

受賞歴

  • 関西メーカー専門転職エージェント総合満足度NO.1(ゼネラルリサーチ調べ)
  • リクルートキャリア主催 GOOD AGENT RANKING ユーザー満足度部門入賞
  • パナソニック株式会社様 ベストエージェント賞 受賞

送信中です