【JIS規格の表付き】一般用メートルねじ(基準山形)の規格まるわかり

この記事では、一般用メートルねじ(基準山形)の形状・寸法を表付きで解説します。

ご覧の方は、主に技術者(エンジニア)の方がほとんどだと思います。

「技術者としてスキルアップしたい」

「年収やワークライフバランスを整えて、より充実した生活を送りたい。」

そう思い立ったことはないでしょうか?2005年に創業以来、メーカー一筋の転職エージェント「タイズ」は、パナソニック・村田製作所・ダイキンなど大手メーカーへの転職を得意としています!

あなたが今すぐ転職を考えていなくても問題ありません。少しでも技術者として転職に興味があれば、お気軽にご相談ください。

01. 一般用メートルねじ(基準山形)規格表

基本情報

ここでは、一般用メートルねじ(基準山形)の基本情報をJIS規格(日本産業規格)をもとに示します。

■一般用メートルねじ(基準山形)について

従来の JIS B 0205 (1997) (メートル並目ねじ)および JIS B 0207 (1982)(メートル細目ねじ)は廃止され、ISO 68-1 (1998)、ISO 1261 (1998)、ISO 262(1998)、ISO 724(1993)を基礎として、以下の4部に置き換えられた。

・”並目(coarse)” および “細目(fine)” という用語は、従来の慣例に従うために使用した。しかし、これらの用語から、品質の概念を連想してはならない。”並目(coarse)” ピッチが、実際に流通している最大のメートル系ピッチであることを理解しなければならない。

・(略)一般用メートルねじ規格の要求を満たすねじは、文字 “M” に続けて、記号 “X” で区切ったよび径およびピッチの値(ミリメートルで表す)によって示す。
例:M8 X 1.25
JIS B 0205-2 に載っている並目ねじに関して、ピッチは省略してもよい。
例:M8
(※以上:JIS B 0209-1 (2005)、5.2項より)

 

■一般用メートルねじ(基準山形)の基準山形

 

寸法 図1に示す基準山形の寸法は,表1による。JIS B 0209-1に規定する基礎となる寸法許容差及

び公差は,この基準山形の寸法に適用する。

 

参考・引用:JIS B0205-1 : 2001 (ISO 68-1 : 1998) 

02. 一般用メートルねじ(基準山形)の表

一般用メートルねじ(基準山形)の表

ここでは一般用メートルねじ(基準山形)の規格、基準寸法を表として示します。ぜひ、みなさまの業務にお役立てください。

※単位:mm

ピッチ
P
5/8 H 3/8 H H/4 H/8
0.2 0.173 205 0.108 253 0.064 952 0.043 301 0.021 651
0.25 0.216 506 0.135 316 0.08 119 0.054 127 0.027 063
0.3 0.259 808 0.16 238 0.097 428 0.064 952 0.032 476
0.35 0.303 109 0.189 443 0.113 666 0.075 777 0.037 889
0.4 0.346 410 0.216 506 0.129 904 0.086 603 0.043 301
0.45 0.389 711 0.243 570 0.146 142 0.097 428 0.048 714
0.5 0.433 013 0.270 633 0.162 380 0.108 253 0.054 127
0.6 0.519 615 0.324 760 0.194 856 0.129 904 0.064 952
0.7 0.606 218 0.378 886 0.227 332 0.151 554 0.075 777
0.75 0.649 519 0.405 949 0.243 570 0.162 380 0.081 190
0.8 0.692 820 0.433 013 0.259 808 0.173 205 0.086 603
1 0.866 025 0.541 266 0.324 760 0.216 506 0.108 253
1.25 1.082 532 0.676 582 0.405 949 0.270 633 0.135 316
1.5 1.299 038 0.811 899 0.487 139 0.324 760 0.162 380
1.75 1.515 544 0.947 215 0.568 329 0.378 886 0.189 443
2 1.732 051 1.082 532 0.649 519 0.433 013 0.216 506
2.5 2.165 063 1.353 165 0.811 899 0.541 266 0.270 633
3 2.598 076 1.623 798 0.974 279 0.649 519 0.324 760

参考・引用:JIS B0205-1 : 2001 (ISO 68-1 : 1998) 

03. まとめ

一言にねじと言っても、ねじ山の数やねじピッチが違う様々な規格のねじが、身の回りには流通しています。

このページでは、一般用メートルねじ(基準山形)の規格、基準寸法を紹介しました。ぜひ、みなさまの業務にご活用ください。

 

この記事を書いた人

プロフィール写真

タイズマガジン編集部

株式会社タイズ

タイズは、2005年の創業以来、メーカー専門で転職支援を行っている転職エージェントです。15年以上の転職支援実績を元に記事を執筆しております。

受賞歴

  • 関西メーカー専門転職エージェント総合満足度NO.1(ゼネラルリサーチ調べ)
  • リクルートキャリア主催 GOOD AGENT RANKING ユーザー満足度部門入賞
  • パナソニック株式会社様 ベストエージェント賞 受賞

送信中です