閉じる






関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」

2018.10.2130代前半転職成功者50人にインタビュー!~転職を成功させるためのポイント・アドバイス~

カテゴリ:転職豆知識

関西メーカー専門の転職エージェント「タイズ」を通じて、メーカー企業に転職を成功された30代の方50人に、「これから転職される方へ、転職を成功させるためのポイント・アドバイス」をインタビューしてきました。三十代前半の方、2回目の転職の方、3回目の転職の方達等、様々な転職体験談を、是非参考にしてみて下さい。

〈目次〉
①転職するかどうか迷っている方へ
②情報収集・企業研究について
③転職活動中に注意してほしいこと
1)スケジュール管理
2)応募する企業
④書類審査・面接について
⑤転職エージェントを利用してみて

①転職するかどうか迷っている方へ

「現職に対して不満を持っているなら、不満を抱えたままじっとしているよりも、まずは何かしらのアクションを起こしてみることが大事だと思います。私の場合は、新しいチャレンジがしたいという思いを行動に変えたことで、今回の転職につながりました。」T.Kさん(男性/30代前半/技術系)

「コンサルタントの方から「本気で転職するなら、自分の棚卸しをした方が良い」と言われました。コンサルタントの方に話を聞いてもらう中で、「あっ、それはこういうことですね」といろいろと私の思いを引き出してもらいました。自分一人で棚卸しすることは、できなかったと思います。また、「今の職場がそんなに悪くないなら、あせらなくてもいい、ゆっくりと探せばいい」と言ってもらえたので、変に焦って活動しなかったことも精神的に良かったと思います。」M.Sさん(女性/30代前半/その他)

「転職は誰もが経験することではないと思います。でも、今の会社に入って「転職という経験を一つクリアするだけで、私のようにずっとその会社で働いている人間とは、一線ちがうね」と言われたことがあります。「本当にそうなのかな」と感じている一方で、周りからそういう目で見られて、評価されているという実感もあります。また、転職活動を通じて、いろんな会社に触れることで、自分の価値観や考え方がすごく広がったな、とも感じています。もちろん転職にはリスクもありますが、自分の幅を広げるという意味では、挑戦することにすごく意味があったなと思います。」T.Aさん(男性/30代前半/事務/管理系)

「正直言えば、転職するならもう少し早くしておけば良かったと思います。上昇志向のある方は特に退職金のこともあるので(笑)早く決断した方が、将来的には有利だと思います。私は一昨年ぐらいまでは一切転職するつもりはありませんでした。会社が合併して親会社の圧力が強まって、転職活動を始めるほんの数か月前に転職することを決めました。」S.Oさん(男性/30代前半/事務/管理系)

「私の場合は給与面で転職することにしましたが、しばらくは苦しくても頑張って続けようと考えていました。結果として年齢面で書類審査に落ちるケースが多かったことを思うと、1年以上転職するかどうかで悩んだ時間が無駄だったと思います。もっと早く行動していれば、もう少し楽な転職活動になったと思うのです。もし、転職するかどうかで悩んでいるのなら、誰かに相談して早く行動して欲しいと思います。」S.Yさん(男性/30代/技術系)

「私の知り合いにも転職したいと話す人が意外と多いのですが、実際には動かない人が多いですね。自分が本当に変わりたいのであれば、書類の作成や面談など面倒なこともありますが、求人は早い者勝ちでもあるので、考えるだけじゃなく、早く行動に移すことをお勧めします。」K.Mさん(男性/30代前半/技術系)

「今回、私は転職することになりましたが、転職するにしても、転職しないにしても、少しでも今の仕事に疑問を感じたら、職務経歴を書いて、スキルを見直すことはいいことだと思います。今までの仕事の整理や自分に何ができて、何が足りないのかなど、自分の能力の整理ができます。今の仕事を続けるにしても、自分に足りないものがあれば、それを補うために何をすればいいのかといった課題も明確になりますし、自分を見つめ直す良い機会になると思います。」K.Hさん(男性/30代前半/技術系)

→仕事内容や給与、様々な理由から転職を考えているが、「本当に今転職をしていいのだろうか?」と一歩踏み出せない30代の方は多いと思います。まずはご自身の経歴・経験を振り返り、今後希望する業界・企業・仕事内容について情報収集を行ってみてはいかがでしょうか?

転職サポートへのご登録はこちら

②情報収集・企業研究について

「私自身の転職活動を振り返って、もっと自分から積極的に、応募先の会社を研究すればよかったなと思います。100とはいかなくとも、そのうち10でも20でも自分で知る努力をすればよかったと。結果的に満足の行く転職ができましたが、最初のころは何社か選考に落ちてしまいました。理由を後で考えてみると、やはり「研究不足による志望動機の弱さ」が挙げられます。どんなにキレイな志望動機でも、そこに”想い”が見えなければ、相手には響かないものです。その会社のことを自分なりに知った上で、「ここで働きたい」という想いを持ってこそ、志望動機にもオリジナルの気持ちが込められるのではないでしょうか。」H.Tさん(男性/30代前半/技術系)

「私は前職企業に中途入社した際には、転職サイトを利用しました。今回、転職エージェントを通じ転職して感じたのは、転職エージェントがもたらす情報量の多さです。特にタイズの担当コンサルタントの方はさまざまな企業に直接足を運び、各社に精通していることから、その企業の「実際のところ」を社内の雰囲気に至るまで詳しく教えてくださいました。また、同じ転職エージェントでも、紹介の仕方はエージェントによって大きく違うと感じました。これから転職活動を行う方も、企業選択の大切なポイントとなる情報を、多くもたらしてくれる転職エージェントを選んでいただきたいと思います。」S.Hさん(男性/30代前半/事務/管理系)

→企業研究・業界研究は、求人選びや応募書類作成、面接前など、企業への理解を深める上でとても大切です。しかし、在職中の転職活動で、企業研究に十分な時間が割けないなど、1人で情報収集をできる量には限界があるかもしれません。情報収集先としては、企業HPや求人情報、また転職エージェントのサポートサービスを利用してみるのも1つの手です。
企業研究にお役立ち〈タイズマガジン〉
転職サポートへのご登録はこちら

③転職活動中の注意点

1)スケジュール管理

「転職活動はできれば短期決戦で自分の気持ちが高ぶっている時にやりきってしまうことが大切だと思います。やっぱり勤務してきた会社にも情が湧いて、「もう少しここで頑張ってみるか」と伸ばし伸ばしになってしまいがちですが、きちんとモチベーションを維持して走りきるとこが大事だと思います。」M.Kさん(男性/30代前半/技術系)

「私は転職活動中、スケジュール管理で失敗しかけたことがありました。「今週の金曜に面接に来てください。」という急な打診を会社側から受けた時に、それはさすがに無理だと思って一度は断りかけたんです。タイズのコンサルタントの方が、昼休みの時間帯に電話をくれて「絶対に行ったほうがいいです。でないと2番目の候補者にチャンスを取られてしまいます。」と強くアドバイスしてくださいました。無理やり都合をつけて面接に行きましたが、あの時そうしなかったら今どうなっていたんだろうと思うと、かなりゾッとします。実際、私が断ったために空いた時間帯に、他の候補者の面接予定を入れるところだったと聞きました。聞けば「それはそうだろうな」と思うことでも、自分一人ではなかなか気づけなかったです。ですから、エージェントの言うことはちゃんと聞いたほうがいいと思います。」S.Tさん(男性/30代前半/技術)

あまりスケジュールを詰めすぎると良くないと思います。企業研究もおろそかになるため、ある程度余裕を持って活動することをお勧めします。また、いきなり第一志望の会社を受けるよりも、他の会社の面接から始めて、選考に慣れることも大事だと思います。私の場合は偶然でしたが、結果的にそれが良かったのだと思います。」T.Kさん(男性/30代前半/技術系)

2)行きたい会社に応募すること

「他エージェントでは「練習がてら受けれるだけ受けて、違うと思ったら途中で辞めたらいいじゃないですか」と言われるのですが、いざ書類が通過し、面接が進み出すと、途中で辞めるのを許さない雰囲気になります。無責任だなと感じました。点数を稼ぐために、より効率的に転職させて、大量生産している感じがしました。また、ある企業の選考が進み出すと、それ以降の書類選考がまったく通過しなくなりました。転職者は最初自分の実力が分からないので、焦りもあって、言われた通り数多く応募しますが、途中で辞めにくくなります。自分が本当に行きたい会社だけに応募してください。」F.Kさん(男性/30代前半/営業系)

「私はメーカーに行きたいというのがありましたが、一番大切なことをあきらめずに、自分の希望を押し通した方がいいと思います。あれもこれもじゃなくて、大切なことは1点集中することをお勧めします。私は、エンジンやクルマ、工場設備など、そもそも転職動機であった自分の会社で製品を製造している会社ばかりを受験しました。」R.Aさん(男性/30代前半/技術系)

「何を優先して、何を捨てるかなど自分の基準、自分の価値観を具体的に見える化することです。世間的には良いけれど、そもそも自分の今やりたい価値観に合わなければ、採用される側もする側も互いに幸せにならないと思います。だから、判断基準を明確化し、何を実現したいのかを可能な限り具体化することが大切だと思います。だらだらとエージェントに「どこか紹介してください」ではなく、「こんな会社でこんな仕事・条件が良いです」とはっきりと伝えることで出てくる求人も違ってくるはずです。」C.Yさん(男性/30代前半/営業系)

「大切なのはぶれないことだと思います。私はこういう仕事がしたいという思いがあれば、決まらないからといって、他の職種に手を出したりするのは良くないと思います。あとは焦らないことです。焦って妥協するのはダメだと思います。」S.Iさん(女性/30代前半/事務/管理系)

転職条件を決めておき、それをはっきりと伝えることが大事だと思います。条件をしっかりと決めておかないと、よく分からない状態になって、流されてしまうと思います。給与や待遇を決めておいて、「給与はこれだけ欲しい」とか「管理職採用にしてほしい」など意思表示して、とりあえずしっかりと伝えるべきだと思います。そこから、それでは条件面のすり合わせをしましょうという会社でないとダメだと思います。条件面をはっきりさせてこれ位を考えていますがいかがでしょうかと伝えてみる。最初は、多少強気位のスタンスでいてもいいと思います。」H.Mさん(男性/30代前半/技術系)

→在職中の転職は、忙しい中で複数の企業と面接日程の交渉を行わなければいけません。また、有給を使用する場合は、その期間で効率よく面接を受けられるよう、綿密なスケジュールを組む必要がありますが、面接日程を詰め込みすぎて、企業研究や自己分析がおろそかになってしまう可能性があります。転職の軸をしっかりと定めて、本当に自分が受けたい企業に絞って、転職活動を行って下さい。

④書類審査・面接対策について

私が持っている技術を売り込む位の意識で転職活動をしていました。自分がやってきたことをいかに的確に人に伝えられるかがまずは大切だと思います。会社で働くことは、人と人とのつながりなので、自分がこうしたことができるということを、自分の研究分野を知らない人に簡潔に伝えることができる能力が必要だと思います。そして、自分がそれを楽しんでやっていることをアピールする能力も大切だと思います。企業の事業分野と自分の専門分野が多少違っていたとしても、人と協調できる能力、物事に取り組む姿勢や自分がやってきたこと、これができるということを、楽しくアピールすることが大切だと思いますね。」N.Sさん(男性/30代前半/技術系)

自分の一番の強み、自分でこれだけは人に絶対負けないという強みをアピールすること。一度社会に出た以上、それがないと新卒と同じになるので、自分のコア技術を伝えることが大切だと思います。」T.Sさん(男性/30代前半/技術系)

企業がどういうことを望んでいるのか、どんなタイプの人を求めているかを知った上で、面接などのアクションをしない限り、ずれや違和感、本当は武器になるのに、なっていないといったことが起こります。まずは自分と相手を知った上で、それをプロに伝え、帰ってきた答えを自分に落とし込む。コンサルタントの方の意見をしっかりと受け止めて、職務経歴書などに反映し面接の準備をさせていただけたことが良かったのだと思います。」S.Iさん(男性/30代前半/技術系)

面接に行った際、面接官だけでなく、例えば廊下で、すれ違う人を多く見るようにし、その会社の雰囲気を感じて入社されるか、判断してもよいのかなと思います。」H.Uさん(男性/30代前半/技術系)

「どういう会社に転職するにしろ、まずは自分がどういう人間であるかを分かっていないと、人に説明することもできませんし、その会社に合っているかを自分も判断できないし、エージェントや面接官にも分からない。だから、転職するなら自分がどういう人間かを一度見つめ直した方が良いと思います。」S.Kさん(男性/30代前半/製造系)

「一番大切なのは、相手が求めていることに対して、自分に何ができるのかをきちんと考えて、アプローチしないと受からないということです。キャリア採用は特に「こういうことをやりたいから、こういう人材を採用する」ということがはっきりと決まっています。それを理解したうえで、アプローチしないと採用されるのは難しいと思います。」J.Tさん(男性/30代前半/技術系)

「すべての方に当てはまるかどうかは分かりませんが、面接してもらった部長に入社してから言われたことで、印象に残っていることがあります。それは、「面接時に前職で苦労した仕事の話をしてもたった時の話し方、思いの伝え方を通じて、実際にそうだったのだろうと伝わってきたということ、そして、前職の会社のことも、愚痴でもなく、誇張でもなく、ありのまま語ってくれたことで、その会社で自己成長できて、育ててもらったという思い、それを活かしてこれから当社でチャレンジしたいという思いもしっかりと伝わってきたこと、そういったことが、採用の決め手だった」と言われたことです。

採用する側は、「どんなことができるのか」というのは、書類の内容からある程度つかんでいますので、それを実際にどのようにやってきたのか、特に、どんな苦労をして、どう乗り越えたのかなど、実際にあった事実と、その時々の「思い」を聞きたいのだと思います。どんな仕事にも苦しみがあり、またどんな会社にも苦しい時期があり、時には退職者が出ることもあります。そんな苦しみを一緒に乗り切っていける、だからこの人と働きたいと思ってもらえる共感性や納得性をいかに持ってもらえるかということが、転職活動では最も大切なポイントなのではないかと思います。」H.Yさん(男性/30代前半/事務/管理系)

→30代の転職活動では、「経験」「スキル」が求められ、即戦力として期待されることが多いです。退職理由と志望動機をしっかりリンクさせ、自分の言葉で面接官に伝えることが大切になってきますので、面接対策はしっかりと準備して下さい。
転職サポートへのご登録はこちら

⑤転職エージェントを利用してみて

「転職活動を振り返ると、企業の採用活動には、採用担当者と転職エージェントとのコネクションが多分に影響していると感じました。これは転職活動を行ってみて、初めて気付くことでしたね。転職を成功させるためには、自分自身の力を向上させることも勿論大切ですが、それに勝るとも劣らず、自分が転職を希望する企業と強いパイプを持つ転職エージェントを探し出すことがとても重要だと思います。そんな転職エージェントをどう探すか、ということはとても難しいですが、不動産屋さんに物件の相談に行く時と同じように、ストレートに自らが転職を希望する企業のことを聞いて、その反応やいただける情報量によってある程度判断できると思います。」H.Kさん(男性/30代前半/営業系)

「転職活動は一人でもできますが、タイズ社のようなエージェントを通して行うと職務経歴書の作成や面接対策などのアドバイスをもらえるのはもちろん、事前にプロフィールなどを企業側に送って説明してもらえます。だから、信頼できるエージェントを見つけて、そこを通して活動する方がいいですね。」T.Jさん(男性/30代前半/事務/管理系)

「タイズ社のホームページに「アナログマッチング」と謳っている通り、本当にコンサルタントの方が親身になって、なぜ転職したいのか、どんな適性を持っているのかなど、じっくり話を聞いてくれます。今回、コンサルタントの方や現在の会社との出会いやご縁などがあって転職することができました。まさに「アナログ」的なことが大切だったと思います。転職サイトの仕組みの中で行われるのは、あくまでもデジタル的なマッチングで確実性が低いと感じました。転職はやはり人間が中心でやるべきもの。だから、人と人とのつながりを大切にしていくことが大切だと思います。」H.Yさん(男性/30代前半/技術系)

「私は今回の転職活動で、「良い求人は、ある所にはあるものなんだな」ということが身にしみてわかりました。ネット等に公開されている中にも良い求人はありましたが、やはりどうしても競争率が高く、厳しかったです。タイズ社のコンサルタントの方が紹介してくださった求人は、ネットに載っていないものでした。仕事のやりがいや待遇面も含めて良い条件でありつつも、マッチした人だけに紹介するため、落ち着いて選考に臨めました。これほどスムーズに転職できるとは思わなかったです。これから転職活動をする方も、転職エージェントを含め色々な方法を試されてみてはいかがでしょうか。」M.Iさん(男性/30代前半/技術系)

「当初のエージェントを使っての活動では、「書類審査は20社受けて、通るのは数社程度」と言われたので、やみくもに申し込みました。実はこの時、現職の会社も書類審査で落ちたとそのエージェントから言われていたのです。別のエージェントにも一度落ちたことを伝えると、「それだともう受けることはできません」と言われました。この時に数社からの内定をもらいましたが、行きたい会社ではなく、他に受けたい会社もなかったので、どうしようかと悩んでいる時にタイズのコンサルタントを紹介されました。タイズのコンサルタントの方は、「人事までいかずにエージェント段階ではじかれることもあるので、一度確認してみます」と言われて、確認を取っていただくと現職の会社で書類審査をした形跡がなく、応募資格があることが分かって応募することにしたのです。ですから、やみくも求人に応募することはやめておいた方が良いと思います。自分が本当に行きたいと思える会社から順番に応募することをお勧めします。」F.Kさん(男性/30代前半/営業系)

地域性や特色を持ち、かつ個人に対するケアがしっかりできるエージェントを選ぶ方が、転職活動がスムーズにいくと思います。」I.Wさん(男性/30代前半/技術系)

人材紹介会社とどう付き合っていくのかが大切だと思います。私の場合は、タイズのキャリアコンサルタントの方を完全に信じていました。だから、提供された資料に対して、真摯に向き合いました。私もきちんと対応し、コンサルタントの方もしっかり対応してくれたから、最短距離で成果が出せたと思います。紹介会社によって、情報の精度・鮮度にはかなりばらつきがあります。付き合う紹介会社のコンサルタントの方を見極めながら、どういう風に付き合っていくのか、どこにお願いするのかをしっかりと考えることが一番の近道ではないかと思います」D.Mさん(男性/30代前半/事務/管理系)

→転職エージェントを利用するメリットは、キャリア相談、最適な求人紹介、履歴書・職務履歴の添削、面接対策、求人企業との面接日程調整、給与・年収などの交渉等、これらのサービスを無料で受けることができる点です。また、企業に応募する際に推薦状を書いて、客観的な視点からのスキルや人柄、経験を企業側に伝えてくれます。
転職サポートへのご登録はこちら

以上、30代前半で転職について悩んでいる方のために、転職成功体験談を一部ご紹介しました。

→タイズを通して、転職成功された30代前半の皆様からの、詳しい転職体験談集はコチラ

関西メーカー専門の転職エージェントタイズでは、転職を考えている方ご相談に乗らせていただいています。

転職サポートへのご登録はこちら

転職を考えている方向け求人・転職情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
カテゴリ:転職豆知識