閉じる






関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」

2018.10.2020代転職成功者50人にインタビュー!~転職を成功させるためのポイント・アドバイス~

カテゴリ:転職豆知識

関西メーカー専門の転職エージェント「タイズ」を通じて、メーカー企業に転職を成功された20代の方50人に、転職体験談をインタビューしました。第二新卒や2回目の転職の方など、様々な転職成功者からの声を、是非参考にしてみて下さい。

〈目次〉
①転職するかどうか迷ってる人へ
②情報収集・企業研究について
③書類審査・面接対策について
④転職エージェントを利用してみて

①転職をするかどうか迷ってる人へ

前職の仕事が面白くないと感じてから、実際動き出すまで1年くらいかかりました。転職後は本当に仕事を面白くやれていると思います。転職を決めるのは、将来の自分を想像できるかどうかだと思います今のところにいても将来何もないと思うのなら、新しいところに行って、新しいことをした方が良いと思います。」T.Mさん(男性/20代/技術系)

悩んでいる人たちには、まず行動してくださいということです。私も最初は悩みましたが、転職活動すると自分を見つめ直す良い機会にもなりますし、自分が勤めている会社を客観的に見ることもできます。結果がどうあれ、やってみて損はないと思います。私も結局、転職サイトや転職エージェントに登録しないと何も始まらないと思ったので、まずはそこからスタートしました。」A.Tさん(男性/20代/技術系)

「最初から本気で転職することを決めている方より、「転職しようかな」くらいの軽い気持ちで求人を探す方の方が多いと思います。私は現職の会社に関して、調べれば調べるほど、入りたいという思いが強くなりました。転職活動では苦労もしましたが、その思いがあったので、頑張ることができました。だから、まずは入りたい会社をしっかり調べて転職へのモチベーションを高めることが大切だと思います。」Y.Sさん(男性/20代/技術系)

「人それぞれ転職の目的があると思います。 今の職場で目的が達成できそうになければ、転職はその解決に向けた一つの手段だと思います。私自身、全く知らない環境に移ることはリスクのあることだと思いましたが、転職エージェントに登録すること自体には、それほど勇気は必要ありませんでした。転職は勇気が必要な判断だと思いますが、一歩踏み出すことで、納得できない現状を変えることができるかもしれません。ぜひ勇気を出して、転職を検討されることをお勧めいたします。」M.Mさん(男性/20代/技術系)

「転職をやるもやらないも、本人の考えだと思います。 何が正しいのかも人それぞれ違う。 私自身、漠然とですが、転職活動をすることに、あまり良いイメージを持っていませんでした。 でも、踏み出してみると意外と自分にマッチした求人案件がある。 悩んでいるのであれば、まずは踏み出してみる。 それが結構大事だと、今は思いますね。」T.Yさん(男性/20代/事務/管理系)

→「本当に今転職をしていいのだろうか?」と一歩踏み出せない20代の方は多いと思います。まずは、転職したい理由を整理し、今後希望する業界・企業・仕事内容について情報収集を行ってみてはいかがでしょうか?

転職サポートへのご登録はこちら

②情報収集・企業研究について

「応募先企業の情報をできるだけ多く集めて、自分の培ってきたスキルが求人の業務内容にこんなにもマッチしているとアピールすることが、転職活動の一番の肝だと思います。自分個人の力だけでは限界があるので、情報収集にはエージェントに協力してもらい、どんどん情報を集めてもらう方がいいと思います。」 S.Mさん(男性/20代/技術系)

「基本的なことですが、面接に行く会社を研究して、どんな人材を求めているのかを理解し、そのニーズに応えられる回答を準備することが大切です。ホームページの情報だけで、それを汲み取るのは難しいかもしれませんが、面接に行く前に下調べをして、その企業に合わせて臨機応変に対応することをお勧めします。」 M.Yさん(男性/20代/技術系)

「やはりアドバイザーというかタイズのコンサルタントのようなプロの方からアドバイスを受けた方が良いと思いました。活動当初は一人で情報を集めていましたが、やはり情報量が少ない。業界の現状だとか外からは分からない企業の内情をある程度知っている方からお聞きする話はとても役に立ちました。」S.Uさん(男性/20代/技術系)

「エージェントでサービスを受けると基本的に待ちの姿勢になってしまうと思うのですが、私は自分でいろいろと情報収集して「こんな会社があるな」「こんな会社に行きたいな」と興味を持った会社や仕事があれば、タイズのキャリアコンサルタントの方にお伝えして、「書類を送ってください」とお願いしていました。求人もなくなることがあるので、転職は短期間で決めることが重要です。自分は特殊なケースだとは思いますが、エージェントに丸投げするだけではなくて、自分でも自発的に動いてみる。そうした姿勢が大切だと思います。」M.Yさん(男性/20代/技術系)

→企業研究・業界研究は、求人選びや応募書類作成、面接前など、企業への理解を深める上でとても大切です。しかし、在職中の転職活動で、企業研究に十分な時間が割けない等、新卒の就職活動時と違い、1人で情報収集をできる量には限界があるかもしれません。情報収集先としては、企業HPや求人情報、また転職エージェントのサポートサービスを利用してみるのも1つの手です。

転職サポートへのご登録はこちら

③書類審査・面接対策について

「転職活動をしようと思ったら、まずは自分の今までのキャリアをまとめておくことをお勧めします。そうすることで、転職活動が進みやすくなるはずです。また、退職理由と志望動機をどれだけリンクさせるかが大事です。そこがずれると、基本がずれるので、その基本をしっかり作っておくことが大切だと思います。」E.Tさん(男性/20代/技術系)

「まずは、転職の目的をはっきりさせることが第一かなと思います。何が不満で、それを解消するために、どういう会社に行けばいいのかを明確にする。職務経歴書の作成に当たっては、自分に何ができるのか、自分の強みをしっかりと掘り下げて書く。そして、それを第3者のエージェントや友人に見てもらって、客観的に掘り下げていく。経験や強みをしっかりと記述し、面接で正直に話し、求人とスキルがマッチしていれば、面接はまず通ると思います。当たり前に聞こえるかもしれませんが、自分のやりたいことを見極め、自分の強みを掘り下げ、それを論理的に説明していくことが、転職では一番重要だと思います本当に転職するのが良いのかどうかも含めて、目的をしっかりと考えてほしいと思います。」C.Sさん(男性/20代/技術系)

なぜ転職活動をしたいのか、なぜその会社を志望するのかをリンクさせることが大事だと思います。こういったことは、いろいろとエージェントのコンサルタントの方が助けてくれると思うので、何度も相談することでより完成度が高まり、自分の志望する会社へ転職することができるんじゃないかと思います。」M.Tさん(男性/20代/技術系)

「転職するのであれば、まず自分が望んでいることが、今の会社で本当に実現できないのかをつきつめて考えることが大切だと思います。面接では、そうした質問が出ます。だから、転職する理由があいまいだと、それが面接官に伝わらないのです。また、異動などの融通を利かせてもらえるのであれば、今の会社で働き続けることもできます。それができるかどうかをよくよく考えた方がいいと思います。「それだったら今の会社にいてもいいじゃない」と言われないにしても、心の中で思われるでしょうし、とにかく辞めたいからつくった理由だと思われます。その理由が本当だとしても、面接官は「うちの会社も辞めるのでは」と考えると思います。」R.Tさん(男性/20代/事務/管理系)

→20代の転職活動では、経験やスキルも大切ですが、「お人柄」や「ポテンシャル」が求められることも多いです。退職理由と志望動機をしっかりリンクさせ、自分の言葉で面接官に伝えることが大切になってきますので、面接対策はしっかりと準備して下さい。

転職サポートへのご登録はこちら

④エージェントを利用してみて

「あまり自分一人で活動しない方が良いと思います。企業選びや面接対応など、アドバイザーの方から話を聞くことをお勧めします。まず、転職の候補先を絞り切れないですし、履歴書や職務経歴書の書き方も忘れているので、最初自分一人で始めた時はてんやわんやでした。私にとっては、そんな時にタイズのコンサルタントの方からいただいたアドバイスは大きかったです。」K.Gさん(男性/20代/技術系)

「大手エージェントは大量の求人情報を持っていますが、その分、個別にいろいろとケアするのは得意ではないと思っていました。送られてくるオファーメールも、登録したレジュメを機械的に検索してひっかかったものに送られている感じがしました。(オファーも直近の職種である営業系がほとんどでした。)やはり直接、お話しして、希望や人となりを見て、それに合った求人を探してくれるエージェントと活動することが必要だと思います。コンサルタントの方とお話しするうちに、自分の考えとか希望とかがはっきりと見えてくることも多いと思います。」T.Iさん(男性/20代/技術系)

企業との出会いも大切ですが、エージェントとの出会いも大切だと思います。タイズのコンサルタントの方は対応も早くて、約束をきちんと守っていただきました。」H.Iさん(男性/20代/技術系)

良いことも悪いことも率直に言ってくれる、信頼のおける転職エージェントを見つければ、転職活動の効率や満足度は格段にアップすると思います実際に私がそうでした。また、親身に並走してくれる転職エージェントに出会ったとしても、一切を頼りきるのではなく、主体性を持って考え行動することも大事だと思います。自分一人ではなかなか難しいことではありますが、転職エージェント選び次第で、それが可能になるんだということを今回実感しました。」Y.Oさん(男性/20代/事務/管理系)

「手続きや書類の提出、日程調整などはすべてコンサルタントさんがやってくれます。私がしたのは履歴書と職務経歴書を書いて、送って、コンサルタントさんと電話をしただけ。通常、転職活動には色んな手間がかかり、転職するのにエネルギーと勇気が必要になります。ただでさえ忙しいのに、これ以上忙しくなるのは避けたいですよね。また、面接予定の企業に私の人となりも伝えていただいたので、面接当日も話しやすかったです。忙しい人ほどコンサルタントにお世話になって活動することをお勧めします。」H.Eさん(男性/20代/技術系)

少しでも転職を考えているなら、自分だけで考えず、一度エージェントの話を聞いてみるのも、良い機会になると思います。また、登録すれば、いろいろな情報も送ってもらえるので、今のままでいいか、そうじゃないのかを検討することもできます。少しでも転職が頭に浮かんだら、チャレンジしてみるのも大切だと思います。自分の思いをいろいろとお話すれば、エージェントの担当者はプロなので、自分では理解していない長所なども教えてくれます。まずは踏み出してみること、それをオススメしたいですね。」S.Tさん(男性/20代/技術系)

「私は前職を早く辞めたいという気持ちが強く、まず退職してから活動を始めようかと思っていました。しかし、コンサルタントの方から、「収入がない状態で転職活動をするのは怖いですよ」とアドバイスいただきました。今になって、冷静に考えると本当にその通りだったと思います。ネガティブな気持ちの強い転職活動でしたが、自分だけで動かず、コンサルタントの方にお願いしたので、良い方向になって良かったと思います」G.Iさん(男性/20代/技術系)

「なぜその会社に入りたいのか、志望動機を自分ひとりでどれだけ考えても、あくまで自分の感覚だけで、相手に納得していただくには、ぜんぜん足りません。転職活動は1人でやらない方がいいと思います。エージェントの方や家族、友人、同僚、上司など周りの方々を巻き込んで、協力してもらいながら進めることをお勧めします。」K.Iさん(男性/20代/事務/管理系)

→転職エージェントを利用するメリットは、キャリア相談、最適な求人紹介、履歴書・職務履歴の添削、面接対策、求人企業との面接日程調整、給与・年収などの交渉など、これらのサービスを無料で受けることができる点です。また、企業に応募する際に推薦状を書いて、客観的な視点からのスキルや人柄、経験を企業側に伝えてくれます。

以上、20代で転職について悩んでいる方のために、転職成功体験談を一部ご紹介しました。

関西メーカー専門の転職エージェントタイズでは、転職を考えている方のご相談に乗らせていただいています。

転職サポートへのご登録はこちら

転職を考えている方向け求人・転職情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
カテゴリ:転職豆知識