閉じる






関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」

2018.10.04転職エージェントによって、書類選考通過率は変わる?

カテゴリ:転職豆知識

※本記事は2016年に公開されたものを再編集したものです。

 

1)一般的な書類選考基準

皆さんは、書類選考の基準について考えたことがありますか?

書類選考でチェックされるポイントは色々とありますが、例えば「履歴書」であれば、
直筆で丁寧に書かれているか、ビジネスマナーに則った証明写真が添付されているか、
といった点が一般的に言われるところです。

また「職務経歴書」では、自らのキャリアを整理して、成果とそこに至った
プロセス、ということに具体的なエピソードを入れて、、、というような
アドバイスも、転職エージェントやWEBで見聞きされたことがあるかもしれません。

しかし、逆の立場になって考えてみてください。

2)書類を選考するのは誰?

皆さんの書類を選考する採用担当の方は、採用専任担当の方とは限らず、日々の他の業務も
抱えておられる中、正直申し上げて全ての書類の詳細に目を通す余裕がない場合もあるのです。

「こんなに真剣に考えているのに!」と怒らないでください。逆の立場に立ってもらえれば
少しは理解してもらえるかと思いますが、書類選考での情報は、面接したいと思える
ような少しでも興味を持たせることが出来る情報があれば、それ以上のことは面接前に
改めて確認するのです。

3)書類選考通過率は転職エージェントによって変わる?

実は、「面接したいと思える情報」は職務経歴書以外にも眠っているのです。

それは、転職エージェントの担当からの口頭情報です。

つまり、応募条件に合致していなくとも、信頼している担当者から、
「この方は書類では分からない部分でこのような魅力があり、御社での活躍が期待
されるので、是非一度会っていただきたい」
と言われれば、書類以上の情報として重視する企業も多いのです。

とある採用担当の方に聞くと「◯◯さん(紹介会社の担当)がオススメした人は、書類を見る前に
会うことを決めている」という話もあるくらいです。つまり、書類選考の基準が紹介会社に
委ねられているケースが実在するのです。

それだけ人と人の情報というのは貴重なものです。

このように、書類の通過率を考えて紹介会社を選ぶ、という観点もぜひ頭の隅に入れていただければと思います。

関西メーカー専門の転職エージェントタイズでは、関西の大手メーカーにご紹介した方の書類選考通過率は平均40%を超え、2社応募すれば1社面接に進んでいます。

転職サポートへのご登録はこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
カテゴリ:転職豆知識