「株式会社タクマ」企業徹底解説

メーカー専門のエージェントタイズが「株式会社タクマ」への「転職のコツ」を教えます!

「株式会社タクマ」(以下「タクマ」)の中途採用情報・求人情報です。
転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、年収などを徹底解説します!「転職のコツ」など、実際にタクマへ転職成功させてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

安部 弘樹

記事監修

担当コンサルタント
安部 弘樹

1.中途採用について

1-1.中途採用は積極的にやっている?

会社の魅力イメージ

タクマの中途採用は、主に環境・エネルギー事業の受注増加や新規事業の推進のため積極的に行われています。

1-2.中途採用の難易度は?

業界トップクラスのリーディングカンパニーで、入社難易度は高い傾向にあります。
求人ごとに求める人材やキャリアが大きく異なってきますので、そこに合致しているかが、入社できるかの大きなポイントとなります。

タイズではタクマに詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を適切にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

求人によって求められるスキル経験は異なります。また、携わる仕事や事業に対して熱い想いを持っているか、社風にマッチしているか等、お人柄面も重視されているようです。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

タクマでは以下の職種で求人募集されています。

プラントエンジニア
施工管理
電気設計
海外・国内営業
試運転
資材調達

※上記は一例で、時期によって異なります。

2-2.募集している求人情報 ※一例

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

3.タクマへ転職する方法

3-1.求められる人材

求められる人材イメージ

選考対策の前に、まずはタクマが求めている人材を把握しましょう。
採用ページには、以下のように記載されています。

1.誠実に行動すること。

当社の取り扱うプラントは量産品ではなく、一品一様です。
お客様によってニーズが異なるため、お客様に対し誠実に向き合い、ニーズを的確に捉え、当社の持つ「技術」・「ノウハウ」を
駆使してお客様が満足するプラントを提案し、完成させていきます。
また、当社は計画・設計・施工だけではなく、アフターサービスまでを一貫して行っております。30年以上に及ぶプラントの安定稼働を支え、
お客様の期待に応え続けることは、一人ひとりが職責を果たし誠実に行動することで、初めてなし得るものであると我々は考えています。

2.最後まで粘り強く、やり抜くこと。

一般廃棄物処理プラントを例にとりますと、計画から竣工まで、3年~5年程度かかります。
営業、見積計画、設計、建設など、さまざまな部署がバトンタッチをして、また、グループ会社、関係会社、取引先企業などの
さまざまな人たちとかかわりあいながら、ひとつのプラントをお客様に引き渡します。
誰かがどこかで諦めてしまうと、プラントの完成は不可能です。
困難があっても最後まで粘り強くやり抜く、そのような姿勢を大切にしています。

3.明るく、元気に、前向きに取り組むこと。

当社の創業者である田熊常吉翁は、数々の困難がある中で、必ずボイラを完成させるという固い信念の基、前向きに取り組み続け、
ついには国内初となる循環式ボイラを開発し、明治・大正年間十大発明家と称されるまでに至りました。
また、当社の80年の歴史は、決して順風満帆といえるものではございませんでしたが、社員一丸となって困難を乗り越えてまいりました。
その根底には常に「前向きに取り組む」という姿勢がありました。
当社の将来を担う方として、「危機(ピンチ)」を「機会(チャンス)」に変換できるような、そして常に新しいことにチャレンジする方を求めています。

参考:社長メッセージ

3-2.面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 1次面接+適性検査
  4. 2次面接
  5. 内定

※応募職種によって変更の可能性があります。

3-3.転職成功させるコツは?

これまで高い転職決定率で何人もタクマへ転職成功させている担当コンサルタントに、転職成功のコツを確認しました。

安部 弘樹

担当コンサルタント
安部 弘樹

面接では、転職理由や志望動機の一貫性を確認されます。転職理由やタクマを志望した理由について深掘りをされるケースもあります。
選考のポイントは、入ってからのビジョンを話せるかどうかです。タクマでこれまでの経験をどのように活かし、活躍したいかについてお話しができるようにしてください。企業研究はもちろんのこと、それを踏まえた上で自分なりのビジョンを論理立てて説明できるように準備しておくことをお勧めします。自分なりの考えたビジョンに不正解はありません。
面接は堅苦しい雰囲気ではなく、話しやすい雰囲気の中で進みますので、ぜひ面接官と熱く語れるよう楽しんで臨まれると良いでしょう。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

日々、タクマとやりとりしているコンサルタントが、

  • タクマが求める人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

4.年収について

転職イメージ

4-1.年収はどれくらい?

年収は非常に高い水準といえます。有価証券報告書によると、2022年度の平均年収は約853万円でした。高い給与水準であるといえます。公開されていませんが、年収モデルは30代で600万円以上、40代で800万円以上です。

参考:有価証券報告書

4-2.福利厚生は充実している?

タクマの福利厚生は非常に充実しています。特に寮、社宅についてはその環境の良さが評判なようです。

◯福利厚生制度

  • 持株会
  • 財形貯蓄
  • 独身借上寮(入寮条件有)
  • 企業年金制度
  • 育児・介護休職制度
  • 昼食補助
  • カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)
    毎年一定のポイントが付与され、保有しているポイントの範囲内で会社の定めたメニューから自由に選択・利用することができる制度です。

参考:採用情報

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

5.企業・事業について

5-1.タクマってどんな会社?

タクマはボイラの技術を源流とするごみ焼却施設などの一般廃棄物処理プラント、バイオマス発電所などのエネルギープラント、ならびに水処理プラント、のEPC(※1)や運転管理、アフターサービスなど、エネルギーの活用と環境保全の分野を中心とする事業を展開している会社です。

※1 プラントの設計、調達、建設、試運転を含む、プロジェクトの建設工事請負契約

設立 1938年(昭和13年)6月10日
代表者 取締役社長 南條 博昭
資本金 13,367百万円
従業員数 〔連結〕4,278人 〔単体〕1,054人
本社 〒660-0806 兵庫県尼崎市金楽寺町2丁目2番33号

参考:トップメッセージ
会社概要

5-2.どんな事業を行っているの?

タクマが展開している事業は以下の通りです。

  • 各種ボイラ
  • 機械設備
  • 公害防止プラント
  • 環境設備プラント
  • 冷暖房ならびに給排水衛生設備の設計、 施工及び監理
  • 土木建築
  • その他工事の設計、施工及び監理

参考:会社概要

5-3.理念は?

タクマの経営理念は下記の通りです。

◯経営理念
世の中が必要とするもの、世の中に価値があると認められるものを生み出すことで、社会に貢献し、
企業としての価値を高め、長期的な発展と、すべてのステークホルダーの満足をめざす。

参考:経営理念

5-4.会社としての強みや特長は?

1963年に日本で初めて全連続機械式ごみ焼却プラントを完成させて以来、国内で最も多く一般廃棄物処理プラントを建設してきたリーディングカンパニーです。また、海外進出の歴史も長く、最近はバイオマスプラントに注力しています。

5-5.今後の展望は?

長期ビジョン「Vision2030」には以下のように記載されています。

ESG経営の推進によりお客様や社会とともに持続的に成長し、
再生可能エネルギーの活用と環境保全の分野を中心に
リーディングカンパニーとして社会に必須の存在であり続ける。

ESG経営の推進によりお客様や社会とともに持続的に成長することで、ありたい利益水準として「2030年度に経常利益200億円」を目指します。

ESG経営の核となる事業活動の展開に際しては、6つの事業活動を中心に、当社グループの強みであるエネルギーの活用や環境保全に関する技術・ノウハウと、長期にわたるアフターサービス等を通じて培われたお客様との信頼関係を基に、「お客様の良きパートナー」となり、不屈の発明家精神を継承した当社グループの「イノベーション」によって生み出された有益な技術・サービスを通じて、再生可能エネルギーの活用と環境保全の分野を中心にお客様や社会の課題を解決いたします。
この事業活動を通じてESGに関する重要課題に取り組み、持続的な成長を目指します。

参考:経営戦略

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

6.業績について

業績イメージ

6-1.業績の状況は?

有価証券報告書によると、タクマの業績は2023年も増収で安定しています。

2022年3月期:売上高836億6,900万円、経常利益68億3,800万円
2023年3月期:売上高890億5,000万円、経常利益107億5,300万円
2024年3月期:売上高916億1,600万円、経常利益71億7,000万円

参考:有価証券報告書

 

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

7.社風や労働環境について

7-1.残業は多いの?

部門によって異なります。全社の平均残業時間30時間/月です

7-2.タクマはどんな風土の会社?

日々、タクマに訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

安部 弘樹

担当コンサルタント
安部 弘樹

真面目で優秀な社員が多いです。社内の風通しも良く、若手も意見を言える風土があります。また給与水準が大手並みに高く、高い定着率を誇っています。社会貢献度の高い事業に魅力ややりがいを感じられる方にはおすすめの企業です。

7-3.転勤はあるの?

総合職のため可能性はありますが、比較的転勤が少ないと言えるでしょう。

7-4.女性でも働きやすい?

働く女性イメージ

女性社員の方も含め、自己都合離職率が1.7%(2022年度)と高い定着率を維持しており、長く働きやすい環境が整えられていると言えます。また、半日年休や在宅勤務制度、時差出勤制度なども整っており、仕事と子育ての両立がしやすくなっています。

参考:人材育成・能力開発

 

SNSでシェア

タクマへの転職をお考えの方へ

タクマは業界を代表するリーディングカンパニーですが、中途採用も募集しているため、取り組み方次第で転職は十分可能です。

転職をご検討されている方は、タクマを詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

送信中です