関西メーカー合格率No.1 企業多数関西メーカー合格率No.1 企業多数

「株式会社GSユアサ」企業徹底解説

担当コンサルタントが「転職のコツ」 「事業・業績」「年収」 など徹底解説

「株式会社GSユアサ」(以下、「GSユアサ」)の中途採用情報・求人情報です。転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、転職・入社された方の年収例なども徹底解説します!「転職のコツ」など、実際にGSユアサへの転職支援実績を重ねてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

田熊 聖樹

記事監修

担当コンサルタント
田熊 聖樹

1. 中途採用について

 中途採用のイメージ

1-1.中途採用は積極的にやっている?

GSユアサの中途採用は長年積極的に行われています。

GSユアサは現在、積極的にグローバル事業展開に取り組み、またリチウムイオン電池事業の成長が加速することを背景に、人材採用を強化しています。採用意欲は非常に高い状態にあると言えそうです。
また、景気の変動を受けにくい事業形態でもあるため、毎年安定した人数を採用しています。

1-2.中途採用の難易度は?

採用人数が多いことからも「狭き門」ということではないですが、やはり人気の大手企業ということもあり、難易度は高い傾向にあります。
また、GSユアサの選考では、スキルのマッチ度はもちろんですが、社風とお人柄のマッチングを重要視されているのも特長です。

タイズではGSユアサに詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を適切にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

学歴や業界にはこだわらずにご経験・お人柄重視で選考されています。
求人によって求められるスキル・経験は異なりますので、一概にすべてが高いレベルで必要というわけではありません。お人柄の良さで入社されたケースもありますよ。
また時期によっては未経験可や第二新卒歓迎求人が募集されることもありますので、業界経験やスキルがなくても転職するチャンスはあります。

GSユアサの第二新卒・未経験可な求人一覧

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

GSユアサでは以下の職種で求人募集されています。

設計開発
システムエンジニア
品質管理/品質保証
生産管理
営業
サービスエンジニア

※上記は一例で、時期によって異なります。

2-2.募集している求人情報 ※一例

3.GSユアサへ転職する方法

3-1.求められる人材

選考対策の前に、まずはGSユアサが求めている人材を把握しましょう。公式サイトより、押さえておきたいポイントをまとめました。

「求めるのは、新たな革新をリードできる人材。」

企業は、時代の変化とともに生まれ変わっていかなければなりません。新たな挑戦を始めたGSユアサにとって、これからはまさに「革新と成長」の時代。そうした中で新しい人材に求めるのは、何よりも自分の手で変化をつくり出してやろうという気概と情熱です。

引用:株式会社GSユアサ 採用サイト トップメッセージ

日本電池の創業者である島津源蔵は「日本のエジソン」と呼ばれ、「チャレンジスピリット」を大切にしていたそうです。
GSユアサの採用でも、その精神を受け継ぎ、新しい製品開発やモノづくりに挑戦する意欲的な人材が求められています。

3-2.応募書類は何が必要?面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. 一次面接
  4. 筆記試験・適正検査
  5. 最終面接
  6. 内定
  7. 入社

3-3.転職成功させるコツは?

これまで何人もGSユアサへ転職を成功させている担当コンサルタントに、転職成功のコツやポイントを聞いてみました。

田熊 聖樹

担当コンサルタント
田熊 聖樹

GSユアサの面接では、スキルや経験も重視されますが、「お人柄がGSユアサの社風に合っているか」も非常に重視されるため、面接は会話形式のアットホームな雰囲気の中で行われることが多いです。
面接の中で、しっかりご自身の伝えたい事を整理して伝えることができるように、準備して臨んでいただくことが、転職成功への1つのポイントになります。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

連日、GSユアサとやりとりしているコンサルタントが、

  • GSユアサが求めている人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

1分の簡単登録!
まずはお気軽に、
転職エージェントへ
ご相談ください。

3-4.GSユアサとタイズの関係は?

株式会社GSユアサ 採用ご担当者様の声

タイズだからこそ、当社の魅力を
伝えていただけると思います。

当社がキャリア採用で期待することは、即戦力に加え、当社で活躍していただけるような知見や技術などの「経験」なのですが、採用に苦戦している状況です。
今でこそ、我々が手がけている「電池」が注目を集め、当社の知名度も上がってきてはいますが、当社の事業内容や働く環境を理解し、求職者様に正確にお伝えいただかないと応募まで繋がらないと考えております。

タイズは、事業内容、社風、働く環境だけでなく、当社の求める人材や募集の背景まで十分理解した上で、採用にご協力をいただいていることを実感いたしております。担当だけではなく、会社全体として当社を理解されており、担当以外の社員の方々からのご協力を感じる場面も多々あります。

それが会社にとっては”良い人材の採用”、求職者様にとっては”自分に適した企業への就職”に繋がるのだと思っています。

タイズから株式会社GSユアサへ応募するメリット

年間採用実績数

11

2019年度実績

書類選考合格率

40.1%

2019年度実績

当社とGSユアサ社のお付き合いは長く、毎年10名前後、弊社からのご紹介でご入社いただいています。

そのため、多くのコンサルタントがGSユアサ社の事業内容だけではなく、社風まで理解しているので、ご志向性とのアナログマッチングもさせていただいてます。

また、弊社では企業様と個人様の両方をご担当していますので、強みを細やかに伺い、直接GSユアサ社に売り込むことや、入社後のキャリアプランなど細かい情報まで擦り合わせたご紹介も可能です。

4.年収について

年収のイメージ

4-1.年収はどれくらい?

比較的業界内では高い水準

GSユアサの年収モデル(※月平均残業時間は20時間で計算)は、

  • 29歳:520万円~540万円
  • 35歳(リーダー職):600万円~620万円
  • 38歳(リーダー職):680万円~690万円
  • 40歳:700万円~710万円

となっており、比較的業界内では高い水準にあります。
また、上記に別途扶養家族手当や、住宅手当などの支給制度も充実しており、待遇面での満足度は高いように思います。

GSユアサ担当コンサルタントによる年収診断も実施しています。「どれくらいの年収になるか」、お知りになりたい方はお申し込みください。ご面談の際にお伝えさせていただきます。(無料)

転職支援サービスのお申し込み

4-2.福利厚生は充実している?

様々な福利厚生制度が充実

GSユアサでは一般的な各種社会保険や企業年金/財形貯蓄制度、育児・介護休業に加えて「結婚祝金」や、勤続10、20、30年到達時に旅行クーポン券を支給する「永年勤続慰労金」の支給、またサッカー・野球・生花・スキーなどのクラブ活動を行うなど、さまざまな制度を用意しています。

5.企業・事業について

5-1.GSユアサってどんな会社?

「オートバイ用鉛蓄電池世界No.1」「自動車用鉛蓄電池アジアNo.1」のシェアを誇る電池の専業メーカーです

GSユアサは「オートバイ用鉛蓄電池世界No.1」「自動車用鉛蓄電池アジアNo.1」のシェアを誇る電池の専業メーカーです。世界初、電気自動車用リチウムイオン電池の量産開始をするなど、日本を代表する電池のリーディングカンパニーとして、グローバルに事業展開を行っています。

設立 2004年4月1日
代表者 代表取締役 取締役社長  村尾 修
本社所在地 京都府京都市南区吉祥院西ノ庄猪之馬場町1番地
拠点一覧 京都本社、東京支社、北海道支社、東北支社、中部支社、関西支社、中国支社、九州支社、京都営業所、新潟営業所、四国営業所など
売上高 413,089百万円(2019年3月期)
従業員数 グループ連結 13,542名(2020年3月31日現在)
資本金 330億円

5-2.どんな事業を行っているの?

GSユアサは電池専業メーカーとして以下の3つの事業を展開しています。

1.自動車、バイクエンジン始動用の鉛蓄電池事業
2.産業用電池電源事業
―非常用の電池電源や太陽光、風力光発電などのパワコンと蓄電装置など
3.車載用のリチウムイオン電池事業

5-3.経営理念は?

「革新と成長」

GS YUASAは、社員と企業の「革新と成長」を通じ、人と社会と地球環境に貢献します。

引用:株式会社GSユアサ

GSユアサは経営ビジョンでも「電池で培った先進のエネルギー技術で世界のお客様へ快適さと安心をお届けする」ことが記載されており、電池事業を通して人と社会と地球環境に貢献することを理念としています。また、創業者が大切にしていた「チャレンジスピリット」の精神を受け継ぎ、革新的に成長していくこと、持続的に発展していくことを方針として掲げています。

5-4.会社としての強みや特長は?

電池専業メーカーとしてこれまでに培ってきた「技術開発力」が強みの1つ

GSユアサは電池専業メーカーとしてこれまでに培ってきた「技術開発力」が強みの1つです。基幹事業である「鉛蓄電池」以外にもリチウムイオン電池や産業用蓄電池システムの分野で高い評価を得ています。
また、国内メーカーで初めて黒字化に成功した「リチウムイオン電池」は自動車の進化にともない市場での存在感が高まっており、今後も成長が見込めることも魅力の1つですね。

5-5.今後の展望は?

最先端技術に挑戦し続けることにより、「エネルギー・デバイス・カンパニー」を目指していく

100年以上の歴史を持つGSユアサは、次なる100年においても、最先端技術に挑戦し続けることにより、「エネルギー・デバイス・カンパニー」を目指していくことが記載されています。

具体的に、

・新規事業である「リチウムイオン電池事業」の推進
・成長市場である「海外事業」の推進、未開拓市場の獲得
・既存事業である「国内自動車電池事業」のさらなる技術革新

以上3つに注力していくことが今後の方針として掲げられています。

GSユアサのビジョン

6.業績について

業績イメージ

6-1.業績の状況は?

【GSユアサ好調の秘訣】

最近、車載用リチウムイオン電池の競争は国際的に激化。将来性を心配している方もいらっしゃるかもしれません。
そんな中で、GSユアサの業績が好調な理由は、展開フィールドが広く、技術力(付加価値)が求められる分野で供給を行っているからです。収益性の高いビジネス展開に成功しています。
また、GSユアサは「エンジン始動用のリチウムイオン電池」の開発にいち早く成功し、競合が少ないことも業績好調の理由の1つです。

2018.3 売上:410,951百万円 経常利益:21,387百万円
2019.3 売上:413,089百万円 経常利益:24,728百万円
【今期予測】2020.3 売上:430,000百万円

引用:株式会社GSユアサ 決算説明資料

7.社風や労働環境について

7-1.残業は多いの?有給休暇も取得できる?

ワークライフバランスが非常に保ちやすい風土

GSユアサは年間有給取得日数が平均15日と高い水準を誇っています。
また、全社平均残業時間も、一般的には20時間~40時間の企業が多い中で、20時間/月(※営業・エンジニア部門は平均より多い傾向にあります)と、ワークライフバランスが非常に保ちやすい風土です。メリハリをつけて働ける環境があります。

7-2.ダイセルはどんな風土の会社?

日々、GSユアサに訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

田熊 聖樹

担当コンサルタント
田熊 聖樹

GSユアサは「品質第一」の質実剛健で落ち着いた風土に感じます。温厚な方が多く、離職率も2%以下で平均勤続年数は16.3年と、定着性の高さが特徴です。落ち着いて長く働きたい方にピッタリの企業です。

GSユアサは中途入社の方でも、社内レクリエーションやクラブ活動(野球、サッカー、テニス、バスケ、バドミントンなど)に参加しやすいアットホームな雰囲気の企業です。中途採用入社でも比較的馴染みやすい環境があると言えそうです。

7-3.転勤はあるの?

所属部署によって国内・海外の各事業所への転勤がありますが、技術系職種の方は、京都・滋賀と関西圏内での転勤が多いです。

<勤務地例>
[本  社] 京都
[研 究 所] 京都
[生産拠点] 京都・滋賀・神奈川・群馬・静岡
[営  業] 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡 他
[海  外] アメリカ・イギリス・オーストラリア・東南アジア・インド・中国 他

7-4.女性でも働きやすい?

仕事と育児を両立しながら働きやすい環境が整備されています

GSユアサは、一般的な育休・産休制度に加えて、子どもが小学6年生の学年末を迎えるまで利用できる「育児フレックス」制度があるなど、家庭と仕事の両立支援制度が整い、比較的女性が働きやすい環境が整っていると言えそうです。

タイズマガジンで企業の雰囲気を知ることができます。こちらも合わせてご覧ください!

GSユアサの中途採用インタビュー

GSユアサへの転職をお考えの方へ

GSユアサは業績好調で人気のある企業ですが、取り組み方次第で転職は十分可能です。転職をご検討されている方は、GSユアサを詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

1分の簡単登録!
まずはお気軽に、
転職エージェントへ
ご相談ください。

GSユアサ志望の方がよく見られている企業