この求人の応募は終了しました

LG Japan Lab 株式会社の求人紹介をご希望の方は、コンサルタントへご相談ください。

関西メーカー合格率No.1 企業多数関西メーカー合格率No.1 企業多数
求人番号:66178

【計算科学】マテリアルズインフォマティクス

  • 500万円~800万円
  • 本社研究所(東京都品川区) 【出張】 国内・韓国年間複数回
年間休日120日以上
募集要項
企業情報

仕事内容

・第一原理計算を用いた新規材料開発(分子探索/構造設計/物性予測)
・マテリアルズインフォマティクス手法/環境確立
・新規材料分野と協力し、実験Dataを分析/識別するため、深層学習(Deep Learning)のAlgorithm設計/構築
・企業/大学/開発機関/韓国本社との協業
・研究開発成果の特許化/学会発表/査読論文化
・技術情報の収集/モニタリング

【採用背景】
LG Japan Labは、2017年7月にLGグループの5つの日本研究所が統合し、日本の研究開発、及び、オープンイノベーションの拠点として発足しました。先端技術研究室は、LGグループの将来の事業の種となる技術を創出することを目的に、2018年1月に新設された部署で、中長期的な視点に立って、未来志向型・融合複合型の研究開発テーマを立案・推進し、社会的/経営的価値を創出していくことを目指しています。先端技術研究室では、研究開発領域の拡大、及び、研究開発テーマの進捗に伴い、必要な業務を担当して頂ける人材を募集しております。

必要な経験・能力

【必須】
<専門知識>
・分子動力学手法、分子軌道法、密度汎関数法などの第一原理計算手法の知識(修士以上)
・物理/化学の知識
<開発経験>
・第一原理計算を用いた無機/有機材料の研究または開発経験
(修士以上 or 企業などで3年以上)
<スキル>
第一原理計算による分子設計技術

【尚可】
・上記分野で博士号/企業での開発経験5年以上
・Deep Learningなど機械学習手法の知識
・Pythonなどプログラム言語の知識
・マテリアルズインフォマティクスに関する知見
・外部企業、研究機関との共同研究経験
・論文投稿/学会発表の経験
・特許出願経験
・プロジェクトの企画/立案経験
・TOEIC600点以上 or 韓国語: 中級以上(何れも必須ではないが、英語論文を読めるレベルは必要)

勤務地

本社研究所(東京都品川区) 【出張】 国内・韓国年間複数回

年収・給与

年収:500万円~800万円

給与事例

年収設定基準:経験に応じて支給。 上記年収は時間外手当、賞与含む。
給与形態:年俸制(12分割)  ※月40時間相当の固定残業代を給与に含み支給。 超過分別途支給。
給与事例:
その他給与:前職の給与を考慮の上、決定

就業時間

09:00~18:00 (所定労働時間08 時間00分、休憩60分)
フレックスタイム 無

休日

年間 128日 (内訳)土曜、日曜、祝日、夏期、年末年始、その他

その他福利厚生

保険(雇用・労災・健康・厚生年金)
社名 LG Japan Lab 株式会社
事業内容 LG Groupは2017年7月に日本での融合複合型研究開発及び製品開発の拠点となる統合研究所を設立し、各々の研究所で培ってきた研究開発力を集約しました。素材から要素技術開発の各段階と連動したOpen Innovation活動を強化することで様々なSynergy効果を生み出し、未来に役立つ革新的研究開発成果を創出していきます。
日本地域でのR&D及びOpen Innovationの拠点として、素材からDeviceまでの研究及びMobile/TV/白物家電の開発活動を行い、事業に寄与する成果を創出しLG Groupの将来の成長に貢献しています。
設立日 2010年(平成22年) 9月1日
決算情報 【前々期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【前期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【今期予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【未来予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
従業員数 【単体】180名【連結】93,642名(2018.12)