関西メーカー合格率No.1 企業多数関西メーカー合格率No.1 企業多数
求人番号:65054

営業業務改善プロジェクト担当(メンバー)~残業月平均14時間/グローバルに展開~

  • 400万円~800万円
  • 京都市南区(京都本社)
上場企業
年間休日120日以上
募集要項
企業情報

仕事内容

■業務概要:
営業業務改善に関わるプロジェクトメンバーとしてユーザ折衝、システム設計を担当頂きます。Salesforceを使った営業系の業務改善活動がプロジェクトとして動いており、メンバーとして参画して頂きます。ユーザとの協議を得て、改善策の実現に向けシステム設計をして頂く予定です。また、ERPシステムとして利用しているSAPとの連携も強化しているので、SAP-Salesforceの連携基盤の強化を推進して頂きます。

※入社後は在籍している社員から、まずは日本電産の人脈や文化、業務内容の教育を行います。経験を積んで頂き、その先は若手メンバーを育成していく立場になってもらいたいと考えています。

■職務の魅力:
・営業支援に関わる領域は手作業の部分も多くの改善ポイントを多く抱えています。プロアクティブに動ける方であれば、どんどんと提案ができ、カバー範囲を拡大できることが可能となります。業務改善を進め、その改善具合を自分の目で見たいという方にとっては遣り甲斐を感じて頂けると考えます。
・グローバルで展開している製造メーカーの業務知識を吸収することが可能となります。ニーズを的確に捉えるためのコミュニケーション能力が鍛えられ、改善策を進める上で納期を必達させるための実行力も確実に身につくと考えます。

■組織の特徴:
チーム員は16名、そのうち半数が中途入社社員であることから、職場としては受け入れる環境が整っていると考えます(情報システム部は60名、同じく中途入社者が半数)。やりたいことがあれば年齢や職制に関係なくどんどんと進めることができる職場です。

必要な経験・能力

【必須】※下記いずれかのご経験をお持ちの方:
・IT系の営業経験をお持ちの方
・SalesforceのForce.comで作成した内製アプリケーションの開発に携わった経験、
もしくはSalesforce以外の製品でSFA(営業支援)のアプリケーション構築、導入に携わった経験をお持ちの方

【尚可】
・英語力※TOEIC(R)テスト500点

勤務地

京都市南区(京都本社)

年収・給与

年収:400万円~800万円

給与事例

※給与詳細は経験・能力・年齢を考慮のうえ決定
■昇給:年1回(4月),■賞与:年2回(7月・12月)
年収目安:
係長(35歳前後)500万円~600万円
課長(40歳~)700万円~900万円
次長(45歳~)850万円~950万円
部長(50歳以上)900万~1000万

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

就業時間

8:30~17:30(実働8時間)
フレックスタイム 無 ※時間単位年次有給制度・時差勤務制度があります。

休日

週休2日制(年間休日123日)、有給休暇10日~20日
GW、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇、育児休暇、年次有給休暇(時間単位年次有給休暇制度あり)

その他福利厚生

通勤手当、住居手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度
■入社前集合研修、中途入社者研修、マネージャー研修、階層別研修、語学研修、OJT
■福利厚生アウトソーシングサービスの利用
■確定拠出年金、確定給付企業年金、社員持株制度
■財形貯蓄制度、独身寮、借り上げ社宅制度、勤務地手当
■単身赴任手当、各種社会保険、時差勤務制度
■在宅勤務制度(一定以上の等級の全社員対象)
社名 日本電産株式会社
事業内容 「世界トップクラスの総合モータメーカー」
主要3分野
●精密小型モータ ●車載用 ●家電・商業・産業用

精密小型から超大型までのあらゆるモータとその周辺機器へと製品領域を拡大し、IT関連のみならず家電製品や自動車、OA機器、商業・産業機器、環境エネルギーなどあらゆる分野に貢献。

☆力を入れて開発している「インテリジェンスモータ」
http://www.nidec.com/ja-JP/technology/rd/intelligent_motor/

<映像で知る日本電産>http://www.nidec.com/ja-JP/corporate/about/video/#Nidecグループ
設立日 1973(昭和48)年7月23日
決算情報 単独 2,222億17百万円(2019年3月期)
連結 1兆4,754億36百万円(2019年3月期)
従業員数 【単体】2,756名【連結】117,206名(2020.3)