非公開求人は80% 会員登録いただくと、非公開求人をご紹介できます 非公開求人は80% 会員登録いただくと、非公開求人をご紹介できます
求人番号:62914

センサー開発(Air solution、白物家電)

  • 600万円~1000万円
  • 京都市下京区(京都研究所) 京都リサーチパーク内、JR丹波口...
年間休日120日以上
ここに注目!
世界的企業LGの日本研究所で最先端の研究開発に携わっていただきます。
募集要項

仕事内容

1-1)日本のデバイスメーカーが保有するセンサーを発掘し、そのセンサーをBaseにして
 新たな製品機能を提案、製品適用するための開発を行います。
 デバイスメーカーや大学との協業を行い、設計、評価までの一連の業務を担当頂きます。
1-2) 既存センサーにはない新しい機能/性能を持つセンサーについて、その構造、材料、
 回路、アルゴリズム等を考案する基礎研究開発を行います。
 市場/技術動向を把握し、中長期視点で独自に技術開発を行います。
 大学や研究機関とのOI(Open Innovation)推進を含めて担当して頂きます。
 特にガスセンサーの基礎研究開発をご担当頂きます。
2) 日本の技術や製品も参考にしながら新技術を発掘・提案し、製品に適用するための
 要素技術テーマを推進して頂きます。
3) グローバル及び日本市場向け製品の要素技術開発をTargetとし、1人が1~複数の
 テーマを担当して業務を進めます。
4) 社外の大学・企業・研究機関及び韓国本社とも積極的に協力しながら、技術・製品の
 研究開発を進めます。
エアコンをはじめとした白物家電への適用を検討頂きます。

【採用背景】
LG Japan Labは、家庭用電化製品の研究開発において、 様々な融合・差別化技術を適用することで Product leadership 確保に力を入れております。 空調分野では,空気清浄機や家庭/業務用エアコンにおける 空気質の向上に取り組んでおり、自社が保有している特徴を USP(Unique Sales Points,強い商品訴求ポイント)にすべく 日々開発に取り組んでいます。我々はその一翼を担う人材を 採用しております。 具体的には、LGの家庭用電化製品に搭載されるセンサの開発、 アプリーションの開発を担当して頂きます。

必要な経験・能力

【必須】
・センシングデバイス開発経験またはエアコン、空気清浄機等への適用経験
・家電セットメーカー/センサーデバイスメーカー/自動車関連メーカー等での研究開発経験
 (目安3年以上)

【歓迎】
・Gasセンサー周辺技術の開発経験
・有機/無機化学(感知材料)に関する知見
・MEMS技術の開発経験
・回路、検知アルゴリズム等に関する幅広い知見
・空調関連機器の研究開発経験
・英語、韓国語スキル

勤務地

京都市下京区(京都研究所) 京都リサーチパーク内、JR丹波口駅より徒歩5分

年収・給与

年収:600万円~1000万円

給与事例

年収設定基準:経験に応じて支給。 上記年収は時間外手当、賞与含む。
給与形態:年俸制(12分割)  ※月40時間相当の固定残業代を給与に含み支給。 超過分別途支給。
給与事例:
その他給与:前職の給与を考慮の上、決定

就業時間

09:00~18:00 (所定労働時間08 時間00分、休憩60分)
フレックスタイム 無

休日

年間 128日 (内訳)土曜、日曜、祝日、夏期、年末年始、その他

その他福利厚生

保険(雇用・労災・健康・厚生年金)
企業情報
社名 LG Japan Lab 株式会社
事業内容 LG Groupは2017年7月に日本での融合複合型研究開発及び製品開発の拠点となる統合研究所を設立し、各々の研究所で培ってきた研究開発力を集約しました。素材から要素技術開発の各段階と連動したOpen Innovation活動を強化することで様々なSynergy効果を生み出し、未来に役立つ革新的研究開発成果を創出していきます。
日本地域でのR&D及びOpen Innovationの拠点として、素材からDeviceまでの研究及びMobile/TV/白物家電の開発活動を行い、事業に寄与する成果を創出しLG Groupの将来の成長に貢献しています。
設立日 2010年(平成22年) 9月1日
決算情報 【前々期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【前期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【今期予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【未来予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
従業員数 【単体】180名【連結】93,642名(2018.12)
求人番号:62914

センサー開発(Air solution、白物家電)

  • 600万円~1000万円
  • 京都市下京区(京都研究所) 京都リサーチパーク内、JR丹波口...
年間休日120日以上
ここに注目!
世界的企業LGの日本研究所で最先端の研究開発に携わっていただきます。
募集要項
企業情報

仕事内容

1-1)日本のデバイスメーカーが保有するセンサーを発掘し、そのセンサーをBaseにして
 新たな製品機能を提案、製品適用するための開発を行います。
 デバイスメーカーや大学との協業を行い、設計、評価までの一連の業務を担当頂きます。
1-2) 既存センサーにはない新しい機能/性能を持つセンサーについて、その構造、材料、
 回路、アルゴリズム等を考案する基礎研究開発を行います。
 市場/技術動向を把握し、中長期視点で独自に技術開発を行います。
 大学や研究機関とのOI(Open Innovation)推進を含めて担当して頂きます。
 特にガスセンサーの基礎研究開発をご担当頂きます。
2) 日本の技術や製品も参考にしながら新技術を発掘・提案し、製品に適用するための
 要素技術テーマを推進して頂きます。
3) グローバル及び日本市場向け製品の要素技術開発をTargetとし、1人が1~複数の
 テーマを担当して業務を進めます。
4) 社外の大学・企業・研究機関及び韓国本社とも積極的に協力しながら、技術・製品の
 研究開発を進めます。
エアコンをはじめとした白物家電への適用を検討頂きます。

【採用背景】
LG Japan Labは、家庭用電化製品の研究開発において、 様々な融合・差別化技術を適用することで Product leadership 確保に力を入れております。 空調分野では,空気清浄機や家庭/業務用エアコンにおける 空気質の向上に取り組んでおり、自社が保有している特徴を USP(Unique Sales Points,強い商品訴求ポイント)にすべく 日々開発に取り組んでいます。我々はその一翼を担う人材を 採用しております。 具体的には、LGの家庭用電化製品に搭載されるセンサの開発、 アプリーションの開発を担当して頂きます。

必要な経験・能力

【必須】
・センシングデバイス開発経験またはエアコン、空気清浄機等への適用経験
・家電セットメーカー/センサーデバイスメーカー/自動車関連メーカー等での研究開発経験
 (目安3年以上)

【歓迎】
・Gasセンサー周辺技術の開発経験
・有機/無機化学(感知材料)に関する知見
・MEMS技術の開発経験
・回路、検知アルゴリズム等に関する幅広い知見
・空調関連機器の研究開発経験
・英語、韓国語スキル

勤務地

京都市下京区(京都研究所) 京都リサーチパーク内、JR丹波口駅より徒歩5分

年収・給与

年収:600万円~1000万円

給与事例

年収設定基準:経験に応じて支給。 上記年収は時間外手当、賞与含む。
給与形態:年俸制(12分割)  ※月40時間相当の固定残業代を給与に含み支給。 超過分別途支給。
給与事例:
その他給与:前職の給与を考慮の上、決定

就業時間

09:00~18:00 (所定労働時間08 時間00分、休憩60分)
フレックスタイム 無

休日

年間 128日 (内訳)土曜、日曜、祝日、夏期、年末年始、その他

その他福利厚生

保険(雇用・労災・健康・厚生年金)
社名 LG Japan Lab 株式会社
事業内容 LG Groupは2017年7月に日本での融合複合型研究開発及び製品開発の拠点となる統合研究所を設立し、各々の研究所で培ってきた研究開発力を集約しました。素材から要素技術開発の各段階と連動したOpen Innovation活動を強化することで様々なSynergy効果を生み出し、未来に役立つ革新的研究開発成果を創出していきます。
日本地域でのR&D及びOpen Innovationの拠点として、素材からDeviceまでの研究及びMobile/TV/白物家電の開発活動を行い、事業に寄与する成果を創出しLG Groupの将来の成長に貢献しています。
設立日 2010年(平成22年) 9月1日
決算情報 【前々期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【前期】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【今期予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
【未来予測】 売上:   百万円 経常利益:   百万円
従業員数 【単体】180名【連結】93,642名(2018.12)