「ヤマハ株式会社」企業徹底解説

メーカー専門のエージェントタイズが「ヤマハ株式会社」への「転職のコツ」を教えます!

「ヤマハ株式会社」(以下「ヤマハ」)の中途採用情報・求人情報です。
転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、年収などを徹底解説します!「転職のコツ」など、実際にヤマハへ転職成功させてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

安達 篤史

記事監修

担当コンサルタント
安達 篤史

1.中途採用について

1-1.中途採用は積極的にやっている?

会社の魅力イメージ

ヤマハの中途採用は行われており、中途の人材採用を強化している状況です。
中途採用で入社された方はさまざまな部門で活躍しています。

1-2.中途採用の難易度は?

人気の大手メーカー企業ということもあり、難易度は難しい傾向にあります。
求人ごとに求める人材やキャリアが大きく異なってきますので、そこに合致しているかが、入社できるかの大きなポイントとなります。

タイズではヤマハに詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を適切にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

学歴は不問ですが、それぞれの職種での一定のキャリアやスキルが標準で必要となってきます。ただ求人によって求められるスキル経験は異なりますので、一概にすべてが高いレベルで必要というわけではありません。ポテンシャルやお人柄の良さも評価されて入社されたケースもありますよ。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

ヤマハでは以下の職種で求人募集されています。

法人営業
デジタルマーケティング
生産技術(工程設計、工法開発)
品質保証、品質管理
ハードウェア設計(電気電子、機構)
ソフトウェア開発(組込み、クラウド、アプリ)
IT・デジタル(PM、アーキテクト)

※上記は一例で、時期によって異なります。

2-2.募集している求人情報 ※一例

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

3.ヤマハへ転職する方法

3-1.求められる人材

求められる人材イメージ

選考対策の前に、まずはヤマハが求めている人材を把握しましょう。枠を超え自身とヤマハの可能性を同時に広げる人を求めています。

  • 熱い想いを抱き、誠実に取り組む人
  • 意志を持って自発的に行動し、最後まで粘り強くやり遂げる人
  • チャレンジ精神を持ち、挑戦し続ける人

などは歓迎されやすいです。

3-2.面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 1次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

※筆記試験 有
面接は2回です。
適性検査も行われます。

※応募~内定まで最短1カ月程度を想定しております。

3-3.転職成功させるコツは?

これまで高い転職決定率で何人もヤマハへ転職成功させている担当コンサルタントに、転職成功のコツを確認しました。

安達 篤史

担当コンサルタント
安達 篤史

静岡からグローバル展開し、「世界一」の楽器・音響機器メーカーであるヤマハ株式会社の採用面接では、募集職種に必須のスキルはもちろんのこと、【志】【誠実】【自発】【挑戦】【執着】を体現した経験があるかを見極められます。例えば、「世の中にどのように貢献できるか」「信頼関係や協力関係を築けるか」「継続的に学んでいるか」「目標達成に向けてどのような道筋を立てて取り組むか」などの観点が挙げられます。また、企業理念への共感や、自由や挑戦といった社風にフィットする人材かどうかも重要です。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

日々、ヤマハとやりとりしているコンサルタントが、

  • ヤマハが求める人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

4.年収について

転職イメージ

4-1.年収はどれくらい?

年収は、30代で600万円以上、40代で800万円以上と高水準です。

4-2.福利厚生は充実している?

ヤマハの福利厚生は非常に充実しており、完全週休2日制で年間休日125日(2023年度)なので、働きやすい環境が整っています。
ここでは、福利厚生の一例をご紹介します。

◯休暇制度

  • 有給休暇
  • ライフサポート休暇(時間単位取得可能)
  • ファミリーホリデー(連続2日)
  • ライフサイクル休暇(連続5日、手当支給有)
  • 結婚・忌引・法要・出生支援・ボランティア
  • その他特別休暇
  • 法定休暇(産前産後・生理・介護・育児・子の看護)

◯制度

  • 各種社会保険完備
  • 企業年金基金
  • 共済会
  • 持株会
  • 財形貯蓄
  • 持家支援
  • ヤマハリゾート割引利用
  • 社製品割引制度 など

◯施設

  • 独身寮
  • 社宅
  • 診療所
  • 厚生会館
  • 総合グラウンド
  • 体育館
  • 法人契約施設 など

休日も多くあり、社製品割引制度もあるため、音楽好きな方には特に魅力的ではないでしょうか。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

5.企業・事業について

5-1.ヤマハってどんな会社?

ヤマハは1887年に創業した、世界で唯一かつ最大の総合楽器・音響機器メーカーです。
楽器事業はグローバル楽器市場でNo.1のシェアを誇る上に、国内SOHOルーターは市場シェア48%(国内No.1)、WEB会議用マイクスピーカー56%のシェア(国内No.1) と楽器・音響機器の業界では知らない人はいない最大手企業です。
海外売上比率も2024年時点で76%と驚異的な数字を誇るグローバル企業です。

設立 1897年(明治30年)10月12日
代表者 代表執行役社長 山浦 敦
資本金 285億34百万円
本社 静岡県浜松市中央区中沢町10番1号

参考:ヤマハ株式会社|会社情報

5-2.どんな事業を行っているの?

先述の通り、世界唯一(1887年創業)の総合楽器・音響機器メーカーで、事業は主に3種類あり、「楽器事業」・「音響機器事業」・「部品・装置事業ほか」です。

また、グループの主力である楽器事業は、楽器や音楽制作機器、防音室の製造・販売をはじめ、音楽教室等の運営、音楽・映像ソフトの制作・販売など多彩な事業を展開しています。
初心者からプロフェッショナルまで多様な音楽愛好家から高い評価を得ているこれらの製品・サービスは、アーティストとの対話を通して進める研究開発や、世界各国に広がるネットワークによるきめ細かな営業・サービス活動によって支えられています。

音響機器事業は「音・音楽」をコアとして培ったデジタルとアコースティックの両技術を生かし、業務用からコンシューマー向けまで多彩なソリューションを提供しています。
業務用音響機器、ホームオーディオ機器、さらにはネットワーク機器、音声コミュニケーション機器まで幅広い分野で展開しています。

さらに、電子デバイス、車載オーディオ、自動車用内装部品、FA(Factory Automation)機器からなる部品・装置事業と、ゴルフ用品事業およびリゾート事業においても、楽器の製造・販売を通じて蓄積した技術・ノウハウと感性を生かして、お客様に満足いただける製品とサービスを提供しています。

参考:ヤマハ株式会社|事業紹介

5-3.理念は?

ヤマハグループは「感動を・ともに・創る」を企業理念として共有し、音・音楽を通じて「世界中の人々のこころ豊かなくらし」に貢献することを目指しています。ブランドプロミスには、お客様が心震わす瞬間を表現した「Make Waves」を掲げ、1887年の創業以来受け継がれてきたお客様目線のものづくりをさらに推し進め、人々の心に響く製品・サービスを届けていく決意を示しています。

参考:ヤマハ株式会社|トップメッセージ

5-4.会社としての強みや特長は?

ヤマハは、なんといっても楽器市場世界シェアNo.1というのが圧倒的な強みになります。
楽器市場世界シェアNo.1だけでなく、国内SOHOルーター国内シェア48%、WEB会議用マイクスピーカー国内シェア56%、利益率10%以上と高収益企業です!

参考:ヤマハ株式会社|トップメッセージ

5-5.今後の展望は?

中期経営計画「Make Waves2.0」(~2025/3)では、「成長力を高める」をテーマとし、3つの方針「事業基盤をより強くする」「サステナビリティを価値の源泉に」「ともに働く仲間の活力最大化」を掲げています。

直近では、米国のギター製造・販売会社 Córdoba Music Group, LLC(コルドバ社)をヤマハグループに加えたほか、経済成長が期待されるフィリピンに楽器・音響機器販売現地法人を新設するなど、より幅広いお客様へ音楽の楽しみを届けるための基盤を強化しています。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

6.業績について

業績イメージ

6-1.業績の状況は?

東証プライム上場企業であり、ヤマハの業績は非常に好調であり安定しています。

資本金も285億34百万円と高水準なうえ、利益率も同じく高水準なため安定しています。
また、既にグローバル企業でもあるものの、さらなる拡大に向けて成長を続けている企業です。

 

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

7.社風や労働環境について

7-1.残業は多いの?

残業時間は1ヶ月あたり平均18.7時間(2022年度実績)です。
年間休日も125日あるため、働きやすい環境となっております。

7-2.ヤマハはどんな風土の会社?

日々、ヤマハに訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

安達 篤史

担当コンサルタント
安達 篤史

音楽のYAMAHAと言えば、誰もがご存じかと思いますが、非常に誠実な方が多いです。
グローバルで通用するジャパンブランド製品を開発・製造するメーカーとして、モノづくりに対する強いこだわりがあり、必要な半導体・生産技術を自ら開発しています。
音楽好きの方が多いことは事実ですが、人を大切にする会社で誠実、まじめ、穏やかな方が多い風土です。また、ご入社いただいた方が、挑戦し成長できる風土のある会社です。

7-3.転勤はあるの?

全体的に転勤は少ないものの、職種によっては海外駐在を数年間ほど経験することもあります。

7-4.女性でも働きやすい?

働く女性イメージ

ヤマハは、2021年には代表執行役社長の諮問機関である人材開発委員会に女性活躍推進部会を設置し、女性リーダーの継続的育成・創出により経営層/管理職層の多様性を高めるためのさまざまな施策提言と実行を主導し、定期的に経営層と議論しています。
また、2025年に管理職の女性比率をグループ平均19%とするなどの目標を掲げ、グループ各社で策定した行動計画と推進状況について、各社との具体的な対話を通じモニタリングしています。

近年では、「30% Club Japan※1」への加盟、WEPs※2署名など、トップコミットメントのもとさらなる取り組みを進めており、女性活躍の推進状況について取締役会で報告しています。

※1 30% Clubは2010 年に英国で創設された、取締役会を含む企業の重要意思決定機関に占める女性割合の向上を目的とした世界的キャンペーン。現在17カ国で展開されている。30% Club Japanは、経営トップがメンバーとなり、2030年にTOPIX100の女性役員割合を30%にする目標を掲げ活動している。
※2 2010年3月に国連グローバル・コンパクト(UNGC)とUNIFEM(現UN Women)が共同で作成した女性のエンパワーメント原則。女性の活躍推進に積極的に取り組むための行動原則で、企業が現在の慣行や基準、行動を調査し分析するための実践的な手引きとなっている。

参考:ヤマハ株式会社|DE&Iの推進 – サステナビリティ

 

SNSでシェア

ヤマハへの転職をお考えの方へ

ヤマハは業績好調で人気のある企業ですが、中途採用も積極募集しているため、取り組み方次第で転職は十分可能です。

転職をご検討されている方は、ヤマハを詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

送信中です