「日本電気硝子株式会社」企業徹底解説

メーカー専門のエージェントタイズが「転職のコツ」を教えます!

「日本電気硝子株式会社」(以下「日本電気硝子」)の中途採用情報・求人情報です。
転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、年収などを徹底解説します!「転職のコツ」など、実際に日本電気硝子へ転職成功させてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

三浦 舞羽

記事監修

担当コンサルタント
三浦 舞羽

1. 中途採用について

1-1.中途採用は積極的にやっている?

日本電気硝子の中途採用はかなり積極的に実施しています。エンジニア、技能職、営業職、管理系職種と幅広い職種を募集中ですが、特にエンジニアの募集の割合が増えており、採用活動を強化しています。

1-2.中途採用の難易度は?

大手メーカーということで、難易度は高い傾向にあります。求人ごとに求める人材やキャリアが大きく異なってきますので、そこに合致しているかが、入社できるかの大きなポイントとなります。

タイズでは日本電気硝子に詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を適切にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

やはり一定の学歴や業界のキャリアが必要となってきます。また、職種によっては専門的なスキル・経験が必須のものもあります。自身の経験とマッチしているかどうか、についてはコンサルタントにご相談ください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

日本電気硝子では以下の職種で求人募集されています。

プロセス開発・工程改善(電子部品用ガラス)
LTCC・めっき技術者
プラントエンジニア(動力、電気)
営業職
経理
人事

※上記は一例です。

2-2.募集している求人情報 ※一例

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

3.日本電気硝子へ転職する方法

3-1.求められる人材

求められる人材イメージ

選考対策の前に、まずは日本電気硝子が求めている人材を把握しましょう。採用サイトには以下のように掲載されております。

目指す人材像
あらゆるステージで
世界一のパフォーマンスを発揮できる人

求める要件・行動

日本電気硝子が求める要件・行動

参考:採用サイト 求める人材像

採用サイトでは、「目指す人材像」と「求める要件・行動」が定義されております。
求める要件・行動に関しては、プロ意識・チャレンジ精神・主体的行動力・変革力・執念の5つを重視されているようです。

3-2.面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 内定

※応募求人によって若干違うケースがあります。

3-3.転職成功させるコツは?

これまで高い転職決定率で何人も日本電気硝子へ転職成功させている担当コンサルタントに、転職成功のコツを確認しました。

三浦 舞羽

担当コンサルタント
三浦 舞羽

日本電気硝子の面接では、今までのご経験について整理ができているのか・自分の強みをアピールできるのかが重要なポイントとなります。また、経歴・スキルのみでなく「その経験を活かして日本電気硝子で何をしていきたいのか」も評価のポイントとなりますので、担当コンサルタントと協力しご準備いただければと思います。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

日々、日本電気硝子とやりとりしているコンサルタントが、

  • 日本電気硝子が求める人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

4.年収について

転職イメージ

4-1.年収はどれくらい?

日本電気硝子の平均年収は約751万円であり、比較的高いと言えます。

参考:有価証券報告書(第105期)

4-2.福利厚生は充実している?

日本電気硝子の福利厚生は非常に充実しています。

住宅財形貯蓄、財形年金貯蓄、従業員持株会制度 、確定拠出型企業年金、職場コミュニケーション補助、福利厚生支援サービス、慶弔制度(結婚祝金、出産祝金、弔慰金、災害見舞金、公傷私傷病見舞金等)育児休業制度、介護休業制度などから、在宅勤務制度、フレックスタイム制度など柔軟な働き方ができるようです。
また、独身寮、社宅、保養所、体育館などもあり、納涼祭・クラブ活動など、従業員が楽しめる制度も整っております。

参考:採用情報

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

5.企業・事業について

5-1.日本電気硝子ってどんな会社?

電子機器や機能材料に不可欠な「特殊ガラス」を製造・販売している会社です。

設立 1944(昭和19)年10月31日
代表者 取締役会長 松本 元春・社長 岸本 暁
資本金 321億円
従業員数 1,713人(2023年12月末現在)
本社 〒520-8639 滋賀県大津市晴嵐二丁目7番1号

参考:会社概要

5-2.どんな事業を行っているの?

特殊ガラス製品の製造・販売およびガラス製造機械の製作・販売をされています。
具体的な商品を幾つか紹介します。
電子・情報分野では、
薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラス、化学強化専用ガラス、光関連ガラス、電子デバイス用ガラスなど。

機能材料分野では
ガラスファイバ、建築用ガラス、耐熱ガラス、照明用ガラス、医療用ガラス、ガラス製造機械などを製造しております。

参考:製品情報

5-3.理念は?

日本電気硝子の企業理念は下記の通りです。

企業理念
ガラスの持つ無限の可能性を引き出し、
モノづくりを通して、豊かな未来を切り拓きます。

目指すべき企業像
世界一の特殊ガラスメーカー

また、「GLASS FOR FUTURE」というスローガンも掲げられています。

GLASS FOR FUTURE

参考:企業理念

5-4.会社としての強みや特長は?

やはり、特殊ガラス業界において高い世界シェアを持っており。液晶パネル用ガラス基板で世界3位シェア・樹脂強化用のガラス繊維事業は世界トップレベルシェアと、圧倒的なシェアを誇っていることにあります。

5-5.今後の展望は?

2023年度12月期の業績概要には以下の通り、記載されています。

エネルギー、医療、環境、食糧分野を中心に、特殊ガラスの強みを生かし、
成長の機会が来た出来る事業へリソースを積極的に投入し戦略事業を拡大する
また、ガラスの付加価値を高めるデバイス事業
(全固体ナトリウムイオン二次電池、次世代半導体向けパッケージ製品、光アイソレータ等)を拡大する。

参考:2023年度12月期業績概要

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

6.業績について

業績イメージ

6-1.業績の状況は?

日本電気硝子の業績は安定しています。2023年は営業赤字となりましたが、2024年に入り、営業黒字に転換しています。

2021年12月度
売上:2920億円 営業利益:327億円
2022年度12月度
売上:3246億円 営業利益:261億円
2023年度12月度
売上:2,799億円 営業利益:-104億円

参考:業績ハイライト

 

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

7.社風や労働環境について

7-1.残業は多いの?

日本電気硝子は、会社としてメリハリある働き方の実現を目指しております。
会社としての残業時間は20時間弱となっており、ワークライフバランスも安定が見込める企業です。

7-2.日本電気硝子はどんな風土の会社?

日々、日本電気硝子に訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

三浦 舞羽

担当コンサルタント
三浦 舞羽

日本電気硝子の社員の方は、自社に愛着のある方が多いと感じます。滋賀で育ち、滋賀に腰を据えて働いている社員の方が多いのも理由の1つではないかと思いますが、それ以上に自社の事業・将来の展開に自信を持っている印象を受けます。自社に誇りをもって働きたい方にはピッタリの社風だと思います!

7-3.転勤はあるの?

担当する仕事の状況や事業展開、現場のニーズに応じて移動・転勤の可能性がございます。
ただ、国内製造拠点は滋賀に集中しておりますので、職種にもよりますが、転居を伴うような異動は少ない環境と言えます。

7-4.女性でも働きやすい?

働く女性イメージ

女性にとって働きやすい職場づくりの取り組みを進められています。特に女性リーダーの比率を意識されており、2028年までには、2022年のリーダー比率の2倍を目指しております。

当社は2019年2月の「次世代育成支援対策推進法」に基づく“プラチナくるみん”を取得以降も、次世代育成に向けた取り組みを継続しています。

また、「女性力活性化プロジェクト」を通じ、女性の活躍をテーマとした意見交換や他企業との交流会を実施するなど、管理職を含む女性リーダー(※)の育成にも力を入れています。

2022年の新卒総合職の女性採用比率は33.3%で、採用時点で女性従業員の一定数確保を図っています。全従業員に占める女性従業員比率は9%、女性管理職比率は1%となっていますが、女性従業員に占める女性リーダーの比率は12.9%と上昇してきており、将来の女性管理職候補となる人材が増加してきています。なお、今後の目標として、新卒総合職の女性採用比率は25%以上を継続指標としています。
※女性リーダー…部下を持ち、実質的に指導する立場にある女性従業員

参考:人材採用と環境整備

 

SNSでシェア

日本電気硝子への転職をお考えの方へ

日本電気硝子は歴史のある老舗企業ですが、中途採用も募集しているため、取り組み方
次第で転職は十分可能です。

転職をご検討されている方は、日本電気硝子を詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

送信中です