「JFEスチール株式会社」企業徹底解説

メーカー専門のエージェントタイズが「転職のコツ」を教えます!

「JFEスチール株式会社」(以下「JFEスチール」)の中途採用情報・求人情報です。
転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、年収などを徹底解説します!「転職のコツ」など、実際にJFEスチールへ転職成功させてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

安達 篤史

記事監修

担当コンサルタント
安達 篤史

1. 中途採用について

1-1.中途採用は積極的にやっている?

JFEスチールの中途採用は積極的に行われています。特にプラントエンジニアなどの技術系で募集していることが多いです。

1-2.中途採用の難易度は?

業界トップクラスの大手企業で、入社難易度は高い傾向にあります。
求人ごとに求める人材やキャリアが大きく異なってきますので、そこに合致しているかが、入社できるかの大きなポイントとなります。

また、お人柄面としてコミニュケーション力や、チームの一員として前向きに取り組める力が重視されています。

タイズではJFEスチールに詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を的確にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

一定の学歴や業界のキャリアが必要となってきます。ただ、求人によって求められるスキル経験は異なります。また、採用基準としてお人柄面も重視されているようです。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

JFEスチールでは以下の職種で求人募集されています。

プラントエンジニア(機械・電気)
プラントエンジニア(土木・建築)
営業
IT
製造技術
研究開発
生産管理

※上記は一例で、時期によって異なります。

2-2.募集している求人情報 ※一例

※こちらに掲載していない非公開求人も多数ございます。非公開求人についてはお気軽にご相談ください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

3.JFEスチールへ転職する方法

3-1.求められる人材

求められる人材イメージ

選考対策の前に、まずはJFEスチールが求めている人材を把握しましょう。採用サイトには以下のように掲載されております。

採用メッセージ

JFEスチールは、鉄づくりとその技術を通して豊かな地球の未来に貢献しています。変化の激しい素材業界において、高い志と情熱を持って挑戦を続け、会社とともに成長してくれる人材を私たちは求めています。

当社には年齢や職種にかかわらずオープンに議論を進め、若手のうちからどんどん挑戦する風通しの良い環境があります。当社の行動規範「挑戦。柔軟。誠実。」には、私たちが成長していくために一番重要だと考えている要素が集約されています。
今も、新商品開発・製造技術開発・設備技術開発などに熱い思いを持った技術者たちや、営業・生産管理・購買など各分野のプロフェッショナルたちが、この行動規範を胸に、時代を先取りする技術開発やビジネスの展開に取り組んでいます。

参考:採用チームメッセージ

3-2.面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. (カジュアル面接)
  4. 1次面接
  5. 適性検査+2次面接
  6. 内定

※選考プロセスは職種によって変わる可能性があります。

3-3.転職成功させるコツは?

これまで高い転職決定率でJFEスチールへ転職成功をご支援している担当コンサルタントに、転職成功のコツを確認しました。

安達 篤史

担当コンサルタント
安達 篤史

JFEスチールはいま、大きな変革の入り口に立っています。失敗を恐れず、現状を打破し、前に進もうとする「挑戦」に活力を持って日々の仕事に向き合うことを期待します。
また、鉄は「硬い・重い」というイメージがあるかもしれませんが、実は求められる用途に応じてさまざまな性質・形状に変化します。鉄のようにあらゆる変化に柔軟に対応し、「どうすればよりよくなるか」を常に考え、目の前の課題に「柔軟」に取り組むことを期待します。
その中で、多くの人を巻き込み、個人プレーではなくチームの総合力で目的を達成するために、円滑なコミュニケーションを心がけ、人に対しても仕事に対しても常に「誠実」であることを期待します。
企業研究はもちろんのこと、上記を踏まえた上で自分なりのビジョンを論理立てて説明できるように準備しておくことをお勧めします。自分なりの考えたビジョンに不正解はありません。面接は堅苦しい雰囲気ではなく、話しやすい雰囲気の中で進みますので、ぜひ面接官と熱く語れるよう楽しんで臨まれると良いでしょう。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

日々、JFEスチールとやりとりしているコンサルタントが、

  • JFEスチールが求める人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

4.年収について

転職イメージ

4-1.年収はどれくらい?

年収・福利厚生は非常に高い水準といえます。30代で1000万円台を狙える可能性もあり高い給与水準です。

参考:有価証券報告書

4-2.福利厚生は充実している?

JFEスチールの福利厚生は非常に充実しています。特に住まいについては、各配属地の近隣に独身寮を完備しています。
また結婚後、賃貸住宅の家賃の一部を会社が負担(賃料の75%、月額最大で関東10万円・西日本7万円)する借上社宅制度もあります(利用条件有)。

  • 独身寮・社宅、休日休暇
  • 在宅勤務制度
  • コアレスフレックス制度の導入
  • 事業所内保育所
  • ワーク・ライフ・バランス・サポート休暇制度
  • 子どもが小学校を卒業するまでの短時間勤務制度
  • 子どもが1歳6ヶ月に達するまでの育児休業制度

参考:福利厚生制度

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

5.企業・事業について

5-1.JFEスチールってどんな会社?

JFEスチールはJFEホールディングスのグループ会社で、鉄鋼メーカーです。高炉を所有し、鉄鉱石を原料に最終製品の生産までを一貫して行っています。世界トップクラスの鉄鋼生産規模を持ち、「常に世界最高の技術をもって社会に貢献します」という企業理念のもと、お客様や社会のニーズに応える鉄鋼製品をグローバルに提供しています。また、最先端の環境調和型製鉄プロセスの構築や、高機能鋼材の開発を通じて、製造工程はもとより製品においても環境負荷の低減に貢献しています。

設立 2003年4月1日
代表者 代表取締役社長 広瀬政之
資本金 2,396億円
従業員数 44,469名 (2023年3月31日現在)
本社 〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号

参考:会社概要

5-2.どんな事業を行っているの?

JFEスチールの生産品目や製品が使われる需要のある分野は非常に幅広いですが、主には、下記のようなものがあります。

鉄鋼製品・半製品(熱延薄鋼板、冷延薄鋼板、表面処理鋼板、厚鋼板、形鋼、H形鋼、鋼矢板、レール、継目無鋼管、鍛接鋼管、電縫鋼管、角型鋼管、電弧溶接鋼管、電磁鋼板、ステンレス鋼板、棒鋼、線材、鉄粉、スラブ)、チタン製品、鋼材加工製品、化学製品、素形材製品、各種容器類、鉱業・鉱産品、鉄鋼スラグ製品、機能素材、合金鉄、各種耐火物、築炉工事、各種運送事業・倉庫業、土木建築工事、設備管理・建設工事、電気工事、電気通信工事、火力発電、ガス、建設仮設材、不動産、保険代理業、各種サービス業、各種コンピュータシステム、材料分析・解析、環境調査、技術情報調査、知的財産支援等

参考:会社概要

5-3.理念は?

JFEスチールの企業理念は下記の通りです。

◯企業理念
JFEグループは、常に世界最高の技術をもって社会に貢献します。

◯行動規範
挑戦。柔軟。誠実。

◯行動指針
JFEグループの役員および社員は、「企業理念」の実現に向けたあらゆる企業活動の実践において、「行動規範」の精神に則るとともに以下の「行動指針」を遵守する。経営トップは自ら率先垂範の上、社内への周知徹底と実効ある体制整備を行い、企業倫理の徹底を図るとともに、サプライチェーンにもこれを促す。
本行動指針に反する事態には、経営トップ自らが解決にあたり再発防止に努める。また、社内外への迅速かつ的確な情報公開を行い、権限と責任を明確にした上で厳正な処分を行う。

参考:企業理念

5-4.会社としての強みや特長は?

鋼材輸出比率40%を超え、世界トップクラスの技術力を持っています。競争力の源泉は、東西2製鉄所への拠点集約により固定費が抑えられ、高効率生産が可能なことです。粗鋼生産量では国内2位。鉄はインフラから家電まで幅広い業界・製品に使用されており、社会貢献度・影響度も高く、安定している業界といえます。

将来性という点では、新興国を中心に鉄の需要は今後も増大することが予想されています。また、2050年カーボンニュートラル実現に向け、カーボンリサイクル高炉+CCUなど超革新的技術開発へ挑戦し、グローバルにビジネスを展開してきます。

参考:採用サイト
有価証券報告書

5-5.今後の展望は?

JFEスチールは気候変動問題への取り組みを、経営の最重要課題と位置付け、「JFEグループ環境経営ビジョン2050」を策定。2050 年カーボンニュートラルの実現を目指し、強力に推進します。 また、下記のような取り組みを通して、さらに事業を拡大・成長していく見込みです。

  • 量から質への転換
    コスト削減や労働生産性の向上とともに、高級無方向性電磁鋼板、洋上風力発電用大単重鋼板、自動車用ハイテン材といった高付加価値品の比率を50%まで引き上げ、収益基盤の強靱化を推進
  • 海外事業の成長拡大
    これまで培ってきた「知識・技能・データを活用したソリューション提供」による海外事業の成長加速・拡大に注力
  • DX戦略
    JFEスチールではDXを推進しており、その一貫として、製造プロセスのCyber Physical Systems(CPS)化を目指す
  • カーボンニュートラルの実現
    カーボンリサイクル高炉とCCUS(CO2の回収・有効利用・貯留)の連携

参考:JFEスチールの最新の取り組み
JFEグループ 第7次中期経営計画について

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

6.業績について

業績イメージ

6-1.業績の状況は?

JFEスチールの業績は2023年も増収で安定しています。
エネルギー・資源価格の高騰をはじめとした外部要因のリスクはあるものの、グローバル展開やより付加価値の多い製品を展開し、DX等にも挑戦を続けていくJFEスチールの業績は安定しているとみられます。

参考:有価証券報告書

 

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

7.社風や労働環境について

7-1.残業は多いの?

月間残業時間の平均は25.1時間となっています。(2023年度実績)

年間休日(所定休日119日+指定年休6日)も125日あるため、働きやすい環境となっております。

7-2.JFEスチールはどんな風土の会社?

日々、JFEスチールに訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

安達 篤史

担当コンサルタント
安達 篤史

アットホームで風通しの良い社風があります。行動規範として、「挑戦・柔軟・誠実」を掲げており固定概念にとらわれずより良いものを取り入れていく共通認識や、若手の台頭を称える文化が根づいています。
穏やかでありながら、仕事に対しては真摯かつ熱意を持って切磋琢磨できる、そんな環境があります。
事業規模に対して、総合職の割合が少ないというのもJFEスチールの特徴で、少数精鋭で一人あたりの裁量が大きいこともJFEスチールで働く魅力の一つです。

7-3.転勤はあるの?

JFEスチールは国内に複数の拠点があり、総合職採用の方は転勤の可能性もありますが、職種によっては当面なしの場合もあります。

7-4.育成体制は?

働く女性イメージ

多種多様なビジネスフィールドがあるJFEスチールでは、各分野に精通したプロフェッショナルな人材を育成するために、職場でのOJTをベースとした育成体系を整えています。 またOJTを補完する手段として、より高度な業務知識、専門知識に加え、種々のビジネススキルやマネジメント力の取得を目的とした、さまざまな研修制度(Off-JT)を整えています。さらに、グローバル人材の育成制度も拡充しており、海外での研修や留学制度もあります。

参考:人材育成・研修制度

 

SNSでシェア

JFEスチールへの転職をお考えの方へ

JFEスチールは業界を代表するトップクラス企業ですが、中途採用も募集しているため、取り組み方次第で転職は十分可能です。

転職をご検討されている方は、JFEスチールを詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

送信中です