「株式会社サムスン日本研究所」企業徹底解説

メーカー専門のエージェントタイズが「転職のコツ」を教えます!

「株式会社サムスン日本研究所」(以下「サムスン日本研究所」)の中途採用情報・求人情報です。
転職をお考えの方に向けて、事業内容や今の業績、年収などを徹底解説します!「転職のコツ」など、実際にサムスン日本研究所へ転職成功させてきたタイズしか知りえない情報もありますので、ご覧ください。

石田 晃平

記事監修

担当コンサルタント
石田 晃平

1. 中途採用について

1-1.中途採用は積極的にやっている?

サムスン日本研究所の中途採用は積極的に行われています。

1-2.中途採用の難易度は?

大手企業で、入社難易度はやはり高い傾向にあります。
求人ごとに求める人材やキャリアが大きく異なってきますので、そこに合致しているかが、入社できるかの大きなポイントとなります。

タイズではサムスン日本研究所に詳しい担当コンサルタントがいますので、「どういう人を求めているか」を適切にお伝えさせていただきます。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

1-3.どういうスキルや経験が必要?

一定の学歴や業界のキャリアが必要となってきます。ただ求人によって求められるスキル経験は異なります。また、採用基準としてお人柄面も重視されているようです。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

2.募集している求人情報

2-1.中途採用している職種

サムスン日本研究所では以下の職種で求人募集されています。

回路開発
制御開発
圧縮機設計開発

※上記は一例で、時期によって異なります。

2-2.募集している求人情報 ※一例


※現在、タイズで掲載中の求人が掲載されます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

3.サムスン日本研究所へ転職する方法

3-1.求められる人材

求められる人材イメージ

選考対策の前に、まずはサムスン日本研究所が求めている人材を把握しましょう。

外資系企業であるため、積極性や自主性を重んじる傾向にあります。
また、家電研究所ではありますが、直近2023年以降の入社者の内、約70%が非家電分野からの入社者になります。

3-2.面接は何回?

選考は以下の流れで進行します。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 社員面接(1~2回)
  4. 最終面接
  5. 内定

※選考プロセスは職種によって変わる可能性があります。

3-3.転職成功させるコツは?

これまで高い転職決定率で何人もサムスン日本研究所へ転職成功させている担当コンサルタントに、転職成功のコツを確認しました。

石田 晃平

担当コンサルタント
石田 晃平

中途入社での採用であることから、即戦力であるかや技術面のバックグラウンドに親和性があるかなど、技術面も重視されていますが、何よりお人柄面を重視されているようです。どれだけ優秀でも、受け身で指示待ちの姿勢が強い方や、過去の技術や成果に固執している方はお見送りにされるケースが多いです。主体的に物事を考えて、失敗を恐れずに挑戦していく姿勢があるかどうかを面接で確認されているので、こちらをアピールしていただくと良いでしょう。

Webサイトで記載できる内容は限られてしまいますが、求人へのご応募・転職支援サービスのお申し込みをいただければ、もっと具体的な情報をご提供させていただきます。

日々、サムスン日本研究所とやりとりしているコンサルタントが、

  • サムスン日本研究所が求める人材
  • 現在の状況や想定される年収
  • 応募書類や面接のアドバイス

など詳細にアドバイスさせていただきますので、転職をご検討の方はお申し込みください。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

4.年収について

転職イメージ

4-1.年収はどれくらい?

年収は500万~1,200万程度と高年収が見込めます。

4-2.福利厚生は充実している?

サムスン日本研究所の福利厚生は非常に充実しています。食事手当やお祝い制度などがあります。

入社時の転居運送費用の支援
入社時に転居が必要な場合は、物件見学時の交通費、運送費用をサムスン日本研究所にて負担します。

住宅手当
単身赴任/家族帯同不問、住宅が持家/賃貸は一切不問で、「平米数」に応じて支給されます。
※上限:5万円/月

食事手当
施設内に食堂やカフェがあり、朝はカフェでコーヒーとサンドイッチやおにぎりを低価格で購入できます。昼は食堂で日替わりの数種類のメニューから好きなものを選択して、美味しくいただけます。毎月2万円が食事手当として支給されます。

医療費手当、業務災害保険
3か月毎に健康保険適用の治療費及び薬代の自己負担分について3万円を上限として、会社から実費額が支援されます。また、会社が加入している業務災害保険によって病気で入院した場合は、1回の入院につき治療費の自己負担分が50万円まで支払われます。万一の場合に安心できる制度が完備されています。

アニバーサリーお祝い制度
サムスン日本研究所では従業員の様々な記念をお祝いしています。入社1年おきに、お祝いとして商品券が贈呈されます。また、10年以降5年毎に長期勤続への慰労として、お祝い金と休暇が付与されます。誕生日にもお祝い制度があり、会社からケーキをお祝いとして贈呈されます。モチベーションの向上にもなり、特に誕生日のケーキは家族も喜んでくれるようです。

同好会制度
サムスン日本研究所には様々な同好会が存在し、同好会活動は会社が一部支援しています。ジョギングやテニス、卓球、ゴルフのようなスポーツ系から釣り、写真、カラオケ同好会など、活発に活動しています。最近では、拠点間・部署間交流の一環として技術ワーキンググループが立ち上がり、興味のある技術分野で相互交流が可能となり、部署間の交流が活発化しています。

その他施設
ビル併設駐車場、食堂、カフェ、フィットネスルーム、リフレッシュルームなども完備しています。

参考:採用情報

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

5.企業・事業について

5-1.サムスン日本研究所ってどんな会社?

韓国の大手企業サムスングループの日本のR&D拠点。

設立 1992年8月
代表者 代表取締役 多田 充
本社 神奈川県横浜市鶴見区菅沢町2番7号

参考:会社案内

5-2.どんな事業を行っているの?

サムスン日本研究所が行っている事業は下記の通りです。

  • 電気製品
  • 電子部品
  • 素材
  • 通信機器
  • ソフトウェアの研究開発

参考:会社案内

5-3.ビジョンは?

続いてサムスン日本研究所のミッションを見ていきましょう!下記の通り、HPに記載されています。

日本の保有する強みを活かして未踏技術を創造し、世界に喜びと感動を提供する

私たちのミッションは、日本人の持つ強みや、
日本の環境や風土の中で育まれてきた他国には無い技術力を最大限に活かすことで、
ユニークな技術を創造し、世界中の皆様にサムスン製品を通して感動体験を提供することにあります。
当社は常に自分自身をUpdateして、最先端技術の発掘と創造により未来を創出します。

参考:About Us

5-4.会社としての強みや特長は?

やはり、韓国を代表する企業であるサムスングループであることと、最先端の高い技術開発力を持っていることと言えそうです。

5-5.今後の展望は?

SAMSUNGの海外研究所として日本の強い技術を活かして、グローバルに貢献していくことを目指されています。『世界一、世界初』をスローガンに、未踏の技術開発を進められています。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

 

6.社風や労働環境について

6-1.残業は多いの?

従事している職種によりますが、月の平均残業時間は10時間~20時間程度です。またフレックス勤務やリモート勤務ででき、働きやすい職場と言えそうです。

参考:採用情報

6-2.サムスン日本研究所はどんな風土の会社?

日々、サムスン日本研究所に訪問し、直接社員の方とコミュニケーションしている弊社担当コンサルタントに聞きました。

石田 晃平

担当コンサルタント
石田 晃平

モノづくりがとにかく好きな方や、年齢関係なく常に技術探求心が旺盛で、生涯技術者を目指したいという志向の方が多いです。また、ほぼ全員が中途入社者ですので年齢や入社歴に関係なく、様々な価値観を尊重して、自由に発言できるフラットな組織です。互いに強みとする技術を持ち寄って、チームでプロジェクトを推進するスタイルですので、コミュニケーションは活発な風土です。

6-3.転勤はあるの?

転勤は原則ありません。

6-4.女性でも働きやすい?

働く女性イメージ

サムスン日本研究所グループでは、女性でも働きやすい環境が整っています。
小学校入学前まで育児休暇が取れるなどの制度もあります。

また、HPで、実際に入社し活躍されている研究員の女性のインタビューが掲載されています。ここでは、その一部を紹介します。

会社の特徴
入社年数に関係なく自分のやりたいことを課題提案できる環境があり、さまざまなプロジェクトに挑戦できる機会があります。セミナーや展示会などへの参加や語学講座など自己研鑽の機会が多く、業務の知識やスキルアップの向上につながります。コンプライアンスを順守する風土が根付いていること、福利厚生が手厚いのも特徴です。

入社の決め手
家電という生活に密着した製品に関わりたいと思ったことです。

入社して驚いたこと
ビルの中に様々な実験装置が置いてあること。

業務内容紹介
冷蔵庫の断熱素材の開発を行っています。海外向け冷蔵庫はサイズがとても大きものが一般的で、消費する電力もかなり大きくなります。省エネ高効率な冷蔵庫を目指し日々実験を行っています。

本社との関係性
定期的なWeb会議や出張によって良好なコミュニケーションを築いています。

参考:採用情報

SNSでシェア

サムスン日本研究所への転職をお考えの方へ

サムスン日本研究所は韓国のトップ企業のグループ会社ですが、中途採用も募集しているため、取り組み方次第で転職は十分可能です。

転職をご検討されている方は、サムスン日本研究所を詳細まで知り尽くしているタイズまでご相談ください。
コンサルタントが転職をサポートさせていただきます。

タイズの強み

  • メーカー特化型エージェント
  • 技術職への深い知見
  • メーカーとの太いパイプと
    転職支援実績

送信中です