求人番号:79371

材料開発 インダクタ向けコンポジット材料技術開発

  • 550万円~800万円
  • 滋賀県野洲市(野洲事業所)
上場企業
年間休日120日以上
ここに注目!
◎10年で営業利益約10倍の成長企業
◎海外売上90%以上
ムラタが止まれば世界のスマホが止まる(Apple首脳談)
30歳:580万円、40歳:820万円(残20時/月込)★子供手当/住宅補助別途有
募集要項
企業情報
企業インタビュー

仕事内容

【業務内容】
■概要
インダクタ等のノイズ除去回路に用いる電子部品向けの無機―有機コンポジット材料の開発を行って頂きます。

■詳細
・商品に応じた無機―有機コンポジット材料の開発。特に有機材料の側面から設計に携わる。
・無機材料と有機材料を混合するコンパウンド化技術の構想と検証。
・コンパウンドを成形および熱処理にてコンポジット化する成形プロセス技術の構想と検証。
・コンパウンドやコンポジットの状態観察および解析。それらの技術開発。
・社内関連課、社外素材メーカーとの協議ないし協働開発の実行。
・社内外の材料開発組織とのコンタクト、および技術導入。
★連携地域…国内グループ工場およびアジア圏の関係製造会社。
※日常会話で英語を使用することはありませんが、学術文献等の読み込みは必要です。
★使用ツール…材料開発実験装置の他、必要に応じて分析,解析装置も使います。テレワークを推奨しており、会議システムやファイル共有システムも日常的に使用します。

■働き方特徴
・フレックス制度適用。
・毎月、連携先との協業や実験、情報収集を目的とする出張があります。

【この仕事の面白さ・魅力】
事業部所属の材料技術開発のため、自分が開発した製品を世の中に出していく実感が得られます。技術内容として、有機材料の知識をベースに無機材料との組み合わせや、プロセス設計との組み合わせも含めたコンポジット設計を主導する仕事であり、材料開発からスタートして仕事の幅を拡げていくこともできます。当事業部では有機材料人材の必要性が高まっており、当該技術領域のキーマンとしての活躍も期待されます。

必要な経験・能力

【必須】
・有機材料化学に関する専攻。もしくは業務として経験していること。

【尚可】
・有機系の素材量メーカーでの材料(接着剤、ワニス、高分子素材等)開発経験。
・有機材料を含む複合材料(ペースト、ペレット、シート等)の開発経験

■専攻
有機化学系

勤務地

滋賀県野洲市(野洲事業所)

年収・給与

年収:550万円~800万円

給与事例

年収設定基準:※経験・能力等を考慮し、当社規定により決定いたします。
給与形態:月給制
給与事例:
その他給与:賞与年2回(6月、12月)、通勤手当、超過勤務手当、扶養家族手当、住宅手当、賃貸住宅補助、役付手当等

就業時間

8:30~17:00または9:00~17:30(部門による) ※所定内労働時間7時間45分
フレックスタイム 部門によりフレックスタイム制あり。コアタイム10:00~15:15/10:30~15:45

休日

年間休日123日(うるう年は124日):完全週休2日制(基本は土・日・祝、当社カレンダーにより若干異なります)
平均有給消化率73.2%

その他福利厚生

社会保険完備、健康保険組合、企業年金基金、退職金制度、財形貯蓄制度、従業員持株会、社員食堂
社名 株式会社村田製作所
事業内容 直近10年で売上2.95倍(1兆5340億円)営業利益率率5年平均17.1%と圧倒的成長と高収益を実現。設備投資2500億円/研究開発1000億円以上。海外売上比率91%のグローバル企業。スマホ向けの積層セラミックコンデンサーシェア35%、Wi-Fiモジュールシェア60%、SAWフィルタ40%など、TOPシェア多数
誠実、まじめ、穏やかな方が多い風土。技術開発には積極的で、原材料から設備まで自社開発を行う自前主義を徹底し、世界初、日本初にこだわり、世にない技術、真似できない技術を追求する企業。権限移譲、任せる風土があり、営業や開発の決裁権も係長クラスから任されている場合もあります。
設立日 1950年12月23日
決算情報 連結
【前々期】 2020.3 売上:1,534,045百万円 営業利益:253,247百万円
【前期】 2021.3 売上:1,630,193百万円 営業利益:313,240百万円
【今期予測】2022.3 売上:1,730,000百万円 営業利益:365,000百万円
従業員数 【単体】9,528名【連結】75,184名(2021.3)
株式会社村田製作所
企業インタビュー

株式会社村田製作所に
転職できる可能性は?

無料合格相談受付中!