求人番号:64570

製銑工程の生産管理(鉄鋼事業部門)

  • 400万円~800万円
  • 兵庫県加古川市(加古川製鉄所)
求人条件
第二新卒歓迎
企業の特長
上場企業
ここに注目!
・業界トップレベルの製鉄所でのに携わる
・19時退社でワークライフバランス良し
・給与モデル…25歳450万円、30歳550万円、35歳で目安650万円。以降実力主義による評価で1000万円以上も。
募集要項
企業情報
企業インタビュー

仕事内容

製鉄所での生産管理並びに開発業務です。
特に製銑工程(部内の工程・工場:原料荷役/加工工程、焼結/ペレット工場、高炉工場、電気炉工場、鉄源/スラグリサイクル工程)において、入社後はまず原料荷役/加工工程もしくは電気炉工場の生産管理をご担当頂きます。将来的には設備投資や技術開発の企画業務もキャリアパスの可能性があります。

【仕事の魅力】
*詳細は下記URLにも記載しています*
動画…https://www.kobelco.co.jp/products/visual_tour/kakogawa_works/
資料…https://www.kobelco.co.jp/products/download/steel/files/kakogawa_works_js.pdf
■担当製品について…原料荷役/加工工程は、日々4万トンの原料を全長50km超のベルトコンベアで搬送しています。電気炉工場は品質・価格面から製鉄他社からの需要も多く、共に負荷は小さくないが、全社の鋼材生産や収益へ大きな影響を与える仕事です。

■担当業務の特徴
原料荷役/加工工程は、大規模製鉄所ならではの大スケール設備です。電気炉工場は所内トップクラスの高収益工場。両ラインともに、個人の考え・意見を具現化できる点が面白味です。

■成長できるポイント
担当ラインの設備・技術要素は勿論のこと、コスト管理は設備投資を通じて、経理・資金回収に関する知識も習得可能です。

必要な経験・能力

【高専卒以上の理系かつ、下記記いずれかの経験が必須】
■製造ラインの操業管理(生産・設備管理、予算管理)
■製造ラインの設備改善及び開発業務
■製造メーカーでの設備投資の企画
■原材料の需給管理

勤務地

兵庫県加古川市(加古川製鉄所)

年収・給与

年収:400万円~800万円

給与事例

年収設定基準:経験・能力を考慮し当社規定により優遇
給与形態:月給制
給与事例:25歳450万円、30歳550万円、35歳までは年収カーブも上昇し、35歳で目安650万円。以降実力主義による評価で700万、800万円~1000万円以上。
その他給与:賞与:年2回(6月、12月)

就業時間

8:30~17:30
フレックスタイム   無

休日

119日 週休2日制(日曜、国民の祝日)※年間休日スケジュールを各事業所毎に設定

その他福利厚生

入社時:転居を伴う場合、引っ越し代が支給 ・寮、社宅制度:独身寮(満35歳未満の独身者および単身赴任者)社宅(入居から12年間利用可)※自己負担3~5万円程度にて入居可能 ・カフェテリアプラン(年間8万円相当) ・階層別研修、専門別研修、社内語学研修など充実 ・両立支援:育児休業(3歳まで)、時短勤務(小学校卒業まで)、在宅勤務制度など充実
社名 株式会社神戸製鋼所
事業内容 鉄鋼事業以外の事業が6割。神戸製鋼所グループは6つの事業部門と1つの技術開発拠点を持つ「複合経営」企業です。素材から機械・電力まで幅広い事業領域とシナジーが魅力、事業領域ごとに多彩なオンリーワン製品を産み続けてきました。
例)自動車用弁ばね(世界シェア50%)/自動車アルミパネル材(国内50%)/アルミ缶(国内70%)/チタン国内トップ/スクリュ式圧縮機(世界50%)/ゴム混練機(世界35%)/樹脂機械(世界37%)
「面白そう」「まず動く」が原点で、複合経営とオンリーワン製品・技術を支える組織風土。起点となるのは一人ひとりの「好奇心」です。面接にて来社前よりも志望意欲が高くなる会社です。
設立年 1911年6月28日
決算情報 連結
【前々期】2018.3 売上:1,881,158百万円 経常利益:71,149百万円
【前期】2019.3 売上:1,971,869百万円 経常利益:34,629百万円
【今期予測】2020.3 売上:2,070,000百万円 経常利益:30,000百万円
従業員数 連結 39,341人(2019年3月31日現在)
株式会社神戸製鋼所
企業インタビュー

【生産管理】
人気の求人特集

※ お早めにご応募ください