この求人の応募は終了しました

東レ株式会社の求人紹介をご希望の方は、コンサルタントへご相談ください。

関西メーカー合格率No.1 企業多数関西メーカー合格率No.1 企業多数
求人番号:60245

半導体素子の電子顕微鏡解析(東レリサーチセンター出向)

  • 450万円~800万円
  • 滋賀県大津市(滋賀事業場)
上場企業
年間休日120日以上
募集要項
企業情報

仕事内容

・透過型電子顕微鏡(TEM)を用いた半導体素子の高分解能解析
・走査TEM(STEM)を用いてEDXやEELS手法を駆使したナノ領域の組成分析や状態分析
・HAADF-STEM法や電子回折技法を用いた結晶構造解析
【配属】東レリサーチセンター・形態科学研究部第1研究室(東レ株式会社籍、東レリサーチセンター出向)※待遇は東レ株式会社と同様です。
【東レリサーチセンター・形態科学研究部第1研究室について】
東レリサーチセンター・形態科学研究部第1研究室のTEM技術は高度な前処理から多様な観察・分析を駆使して、産業界のみならず学会でも高い認知度を得ています。当社では最先端のTEM設備と経験豊富な技術スタッフで高難度の受託分析評価を実施しつつ、大学や国立研究所との共同研究なども積極的に実施し、新しい知見を学会発表したり、評価方法を開発する取り組みも実施しています。
【東レリサーチセンターについて】
東レの研究開発部門から1978年に独立し受託分析・解析を専門に行っています。多方面にわたる高い技術力を集約し、R&D・生産を支援する総合的な受託体制を確立しています。
分析事業の内訳:半導体・実装、ディスプレイ・プリンター、電池・エネルギー、自動車、工業材料、環境、ライフイノベーション、医薬、バイオ他
http://www.toray-research.co.jp/kinougenri/(東レリサーチセンターの分析技術と原理が掲載されております)

必要な経験・能力

【必須】
・TEMを用いた半導体素子の高分解能観察及び分析
・固体物理学、半導体工学、電子工学などの知識
・英語力(ビジネスレベル/目安:TOEIC750点以上)
【尚可】
・TEM像シミュレーション、EELSスペクトルシミュレーション
(半導体デバイスメーカなどでのTEM評価経験があると良い)

勤務地

滋賀県大津市(滋賀事業場)

年収・給与

年収:450万円~800万円

給与事例

年収設定基準:経験・年齢により決定
給与形態:固定給制 ■賞与:年2回(6月,12月)
給与事例:
その他給与:上記年収は残業代込の目安。※こちらに加えて独身寮、社有・借上社宅制度有(利用条件有 ~3万円/月の自己負担)

就業時間

8:30~17:00(休憩1時間)
フレックスタイム 有 (標準労働時間7.5時間)

休日

年間休日124日 完全週休2日制(土日)、祝祭日、年末年始他

その他福利厚生

健康・厚生・雇用・労災保険加入、住宅・宅地融資制度、従業員持株会、確定拠出年金、グループ生命保険、再雇用制度、東レ福祉会、独身寮・社宅、社員クラブ、診療所、体育施設、保養所
社名 東レ株式会社
事業内容 繊維事業では、ナイロン、ポリエステル、アクリルの3大合成繊維すべてを展開、営業利益率では世界最大。PAN系炭素繊維においては世界最大のメーカーで、航空機から自動車、釣り竿・ゴルフクラブなど多様な分野で採用されています。
1950年代から女性管理職の登用を開始、60年代には自己申告による出退勤管理、70年代には育児休業制度を導入するなど法制化に先駆けて働きやすい環境を整備。社内の雰囲気は風通しがよく、穏やかな人柄ながらもモノづくりに対する情熱や誇りを持つ社員の方が多く、中途入社の方も馴染みやすい雰囲気です。
設立日 1926年(大正15年)1月
決算情報 連結
【前々期】2019.3 
売上:2,388,848百万円 経常利益:134,518百万円
【前期】2020.3 
売上: 2,214,633百万円 経常利益:103,355百万円
従業員数 【単体】7,568名【連結】48,031名(2020.03)