関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」

技術系(IT/インターネット/通信)
技術系(電気/電子)
技術系(半導体)
技術系(機械/メカトロ)
技術系(化学/素材)
技術系(化粧品/食品/日用品)
技術系(メディカル)
技術系(建築/土木/プラント/不動産)
製造系
営業系
事務/管理系
クリエイティブ系
シンクタンク/コンサルティング系
経営者
関西
北海道・東北
関東
上信越/北陸
東海
中国
四国
九州/沖縄
海外
現在の条件に一致する求人情報0
職種:研究/開発(機械/メカトロ) 業種:化学/素材
求人番号:56263

研究員(メカ制御基板技術開発)【東証1部上場の老舗繊維メーカー】

募集要項
企業情報

仕事内容

メカ制御基盤技術開発の研究員として業務を行います。当面は各種装置のメカ設計および制御をメイン業務として担当する予定です。また、メカ制御のエンジニアとして製品開発にも参画します。製品開発では、光学・電子回路・ソフトウェアなど異分野のエンジニアとの共同開発になりますが、メカの責任者として進めることができるやりがいのある仕事です。

【求人背景】
技術研究所基盤技術グループのメカ制御チームは、開発した新技術の工業的応用検証に当たり、モノづくりの基本となるメカ設計・制御部分を担っています。昨今はロボット利用、、生産技術と視野が広がり、担当業務が多岐にわたっています。少数精鋭で与えられる権限も大きい状況で、さらなる体制強化に伴い人員増強を考えられています。

必要な経験・能力

【必須】
・装置、機器メーカーにおける機械設計(CAD)または製品開発の開発経験5年以上
【歓迎】
・電気制御設計経験
・3DCADの経験
・ロボット制御の経験
・少数精鋭で与えられる権限が大きい環境で仕事をされたい方
【環境メカトロニクス事業について】
環境メカトロニクス事業は今後のクラボウを引っ張っていく事業部で、営業利益率もクラボウの中で今最も高い利益率を誇っています。昨年度と比較しても、営業利益率が約3倍近くになっており、今後さらに事業拡大されていく事業部であります。その中でも、半導体関連分野やインフラ分野における検査・計測装置の拡販などによる業容拡大、技術研究所との連携による新規事業の創出などに取り組んでおられます。月に半分弱は出張があり、出張先は全国津々浦々となっています。そのため、フットワークの軽い方であれば、非常にやりがいを持って働くことができます。お客様は装置メーカー様になります。

勤務地

大阪府寝屋川市(クラボウ先進技術センター)

年収・給与

年収:470万円~700万円

給与事例

年収設定基準:経験・年齢により決定   ※上記年収は残業代20時間を含む
給与形態:固定給制 ■賞与年2回(昨年度実績平均4.3ヶ月支給)140~200万円
給与事例:
その他給与:住宅手当・家族手当・本社支社手当・地域手当等

就業時間

本社・支社・研究所:9:00~18:00 工場:8:35~17:00(事業所により異なる)
フレックスタイム  無

休日

年間120日、完全週休2日制(土日)、祝日、夏季、年末年始

その他福利厚生

社宅・独身寮、各種保険、財形制度、持株制度、自社保養所、クラブ・サークル、フィットネスクラブ法人会員、契約保養所(大和ロイヤルホテルズ)
社名 倉敷紡績株式会社
事業内容 綿の製造から始まったクラボウ。現在は原点である繊維事業を核にした多彩な分野に事業領域を広げ、「環境・健康・安全」をテーマに新たな技術と製品を世界に向けて発信しています。繊維機械事業の売上は約40%程、売上半数以上は化成品事業やエレクトロニクス事業等となっております。
初代社長 大原孝四郎が残した「やる可し、大いにやる可し」という言葉のように、好奇心と行動力で新たな価値を提供してきた会社です。若手にも責任ある仕事や大きなプロジェクトを任せ、「人を大切にし、育て伸ばす」社風が受け継がれています。歴史があって堅実でありつつ、チャレンジングな人財にできる限りの努力を惜しまない、そんな会社です。
設立年 1888年3月9日
決算情報 連結
【前々期】2018.3 売上:161,752百万円 経常利益:7,357百万円
【前期】2019.3 売上:157,080百万円 経常利益:6,190百万円
従業員数 1,273名(単体)/4,591名(連結)

メッセージを送信

「友人に求人を知らせたい」「自分にメールを送って、後でじっくり見たい」場合などに、ご利用ください。

※ facebookでの共有の場合、ボタンを押した後にメッセージを作成いただけます

前のページに戻りますか?

関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」で求人を探す場合は、「ほかの求人を探す」「関西メーカー専門の転職・求人サイトへ」を押してください。