求人番号:42882

自動車計測ラボ運用技術職【東証一部上場 自動車排気ガス測定装置世界シェア80%】

  • 400万円~600万円
  • 京都府京都市(本社)、滋賀県大津市(びわこ工場)
学歴不問
上場企業
年間休日120日以上
当社の年間採用実績数 13(2017年度実績)
募集要項
企業情報
企業インタビュー

仕事内容

各種自動車計測ラボの各セル運用業務。これまでの排ガス測定だけでなく、車1台をラボに入れ、ブレーキの耐久性、空気圧など自動車生産プロセス全体を測ります。
1.実路再現、開発効率のためのアプリ創出ラボ
2.ターンキー、最新システムパッケージの提案ラボ
3.エンジン適合・研究

【部署の規模】
部全体で約50名。チームで20名程度。

【湖西最大の開発・生産拠点「HORIBA BIWAKO E-HARBOR」を建設】
「HORIBA BIWAKO E-HARBOR」は、主力の自動車排ガス測定装置や煙道排ガス測定装置の開発、生産を本社などから移転・集約した、琵琶湖西岸で最大規模の工場です。今秋完成予定で、完成すれば自動車計測機器部門で(14年度実績で約550億円の)売上高が2.3割拡大しても対応することができます。なお、延床面積は約2万8,000平方メートルで地上5階地下1階の鉄骨構造、建設費を含めた総投資額は過去最大の約100億円です。これから”新たなHORIBA”を創っていく環境があなたを待っています!

必要な経験・能力

【必須】
下記いずれかの経験をお持ちの方
・自動車メーカー、自動車設備メーカーでの実験・分析・解析経験者
・自動車に関する学部、学問をご卒業で研究開発に関する経験者

【求める人物像】
・幅広い製品を扱うことを好み、新たな知識やノウハウを学ぶことにやりがいを見いだせる方
・マネジメント志向、向上心をお持ちの方
・チャレンジングで変化の多い環境を楽しめる方
・自動車が好きな方

勤務地

京都府京都市(本社)、滋賀県大津市(びわこ工場)

年収・給与

年収:400万円~600万円

給与事例

年収設定基準:年齢・経験・スキル等を考慮のうえ、当社規定により決定します。
給与形態:固定給制
給与事例:530万円/30歳例/月給25万円+諸手当+残業(15h)+賞与
その他給与:賞与年2回(6月、12月) 資格手当、次世代育成手当、業務手当、地域手当、通勤手当、外勤手当ほか

就業時間

8:30~17:15/9:00~17:45(休憩45分) ※勤務地により始業時間は異なる。
フレックスタイム ※就業区分によりフレックス出勤制度あり 

休日

完全週休2日制(土・日)、GW、年末年始 ※一部祝日と平日の入替あり 年間休日122日

有給:

その他福利厚生

健康保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険、労災保険、その他財形・持株をはじめ各種サポート制度をHORIBAグループの福利厚生会社(株)ホリバコミュニティとともに運営、実施
社名 株式会社堀場製作所
事業内容 分析計測機器の総合メーカー。 自動車排気ガス測定装置で圧倒的世界シェア80%。事業分野は【自動車計測、環境&プロセス、医用、半導体、科学】。製品ラインアップは1000種類以上。
総体的に見て、やりたいことをやれる、黙認してもらえる雰囲気があります。逆に、やりたいことを見つけられない、やらねばならないことが降ってくるのを待つ人にはつらいと思います。
設立日 1953年(昭和28年)1月26日
決算情報 連結
【前々期】2017.12 売上:195,399百万円 営業利益:26,834百万円
【前期】2018.12 売上:210,570百万円 営業利益:28,838百万円
【未来予測】2020.12 売上:250,000百万円 経常利益:29,000百万円
従業員数 8,288名 (2019/12/31現在)
株式会社堀場製作所
企業インタビュー