転職お役立ちコラム

[細井智彦 メーカー転職コラム 第八回]エンジニアの転職につきものの悩み

hosoi_pic.jpg

<細井智彦> 細井智彦事務所代表 転職コンサルタント

大手人材紹介会社にて20年以上転職相談や模擬面接などの面接指導に取り組む。企画し立ち上げた面接力向上セミナーは12万名以上が受講する人気セミナーとして現在も実施中。採用企業の面接官向けにも研修・講義を開発し、人事担当から経営者まで、260社、面接官3000人以上にアドバイスをしている。2016年3月に独立し、フリーな立場から、引き続き個人と企業の面接での機会創出に取り組んでいる。著書『転職面接必勝法(講談社)』ほか多数


エンジニアの転職につきものの悩み

勤務地のかべ

大きなメーカーの採用担当者が頭を悩ませている課題の一つが「勤務地問題」です。せっかく内定を出しても最終的に辞退されてしまうことがある。そしてその理由が、(勤務予定地には)行けない、行きたくない!というものです。あなたのために研究所を移転します!ということはまずない(一部の企業では、人材確保のために都心に研究所を作ったりしていますが)ので、これは断る側からすれば、伝家の宝刀のような相手に有無を言わさないとても都合のよい理由です。

ある会社で面接を担当する現場のマネジャーのみなさんと、そこの人事が調べた辞退理由を共有する際にそこに「勤務地」が散見されたときのこと。どこかでポソッと「だったら応募するなよな」というつぶやきが聞こえてきました。これは一見、実にもっともなぼやきで「勤務地は開示されており、それを承知で応募されてくるはずじゃないか」というのは筋が通っています。そうなのですが、一方で応募してくるエンジニアの心はもうちょっと複雑です。応募の際にも、もちろん勤務地は懸念材料として引っかかってます。じゃ、なんで応募するのかといえば、仕事や会社の魅力やメリットが大きければ考えてもいいかも、という天秤をもっているからです。そして内定時には、仕事は面白そうだけど勤務地を変えてまで行きたいか・・・・勤務地の不安が最後にムクムク首をもたげてきて、大いに迷いに迷っておられるのです。

自分だけの問題ではすまない勤務地問題

あと最近多いのが「嫁ブロック」なんて言われる家族の反対。当の本人はどこでもいいや、と独身気分で話を進めたら、土壇場で猛反対を受けてしまうということが起こってしまいます。だから面接官には、面接時には、勤務地の不安を打ち消すくらいの仕事の魅力をきちんと伝えることと、同時に勤務地の住環境を話す際には、自然に恵まれてる!仕事終わってからスキーに行ける、日本有数の釣り場が近い、ゴルフし放題、魚が旨い、30代で一戸建てが建つ、とかだけじゃなく、配偶者や両親のためにも、子育て環境やアトピー治る、新幹線で実は1時間で実家に行ける、というようなことも話せるようにしておかないとあきませんよ、とお伝えしています。

外からみた「関西」

さて、タイズさんが扱う求人の多くは関西のメーカーさんですが、関西はもともと他の地域に比べて土着性が高く、関西企業は関西出身の方には吸引力が強いのですが、一方で東の人を引っ張ってくるときには個性や土着性が強い分、なかなか大変です。特に関西人は全国津々浦々どこでも隠さずに関西弁を使う傾向があり、大阪本社の東京営業所に行くとだいたい社内では関西弁が飛び交ってたりします。どこかで関西人に出会った瞬間に、うわっ!この人大阪の人だ!とすぐわかります。そしてそれは必ずしも好感をもって迎えられるとは限らず、嫌悪ともちょっとちがう、なんともいえない、なんか口が上手で、うっかりすると言い含められてしまうような、ちょっと警戒したくなる気分にさせててしまうことがあるようです。私も複数の人から、特に名古屋や福岡、札幌の人たちは、関西弁でまくしたてられると押されているように感じて、引いてしまうので要注意、ということを聞いたことがあります。

関西は長く居るとよさがわかるところ

いま書いてて思い出したことがあります。はるか昔の話として聞いて欲しいのですが、結婚を控えた男性が関西の会社に内定して、妻になる人が下見にやってきたのですが、最初に関西人たちと接した場所が京橋駅だったらしく、そこでどんな人のなにを見たのかわかりませんが、自分は関西には絶対住めそうにない、と固い意志をもってしまわれ、辞退されたことがありました。3日我慢できたら、その後はとても好きになってくれると思うのですが、ね。
  ということで、関西のメーカーの採用に関わるみなさんは、関西以外の出身者を招こうとされる場合、あまり関西弁ののりで、ぐいぐいいかんほうがええと思います。おもろいところだけやなく、大阪のええとこも、ぜひきっちり紹介できるようにして、優秀なエンジニアを採用して欲しいもんです。あと最初はコワイかもしれないけど、慣れるとほんとエエところということもぜひお伝え願いたいものです。逆に関西のメーカーに興味をお持ちのみなさんへ。ほんまにええとこですよ、関西は。

<細井智彦 メーカー転職コラム>

■[細井智彦 メーカー転職コラム 第一回]タイズさんを応援します
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第二回]転職を思い立ったら読んでほしいこと
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第三回]職務経歴書について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第四回]面接官が転職理由を聞く本当の理由とは?(1)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第五回]面接官が転職理由を聞く本当の理由とは?(2)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第六回]志望理由について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第七回]論理的思考能力より大事なもの
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第八回]エンジニアの転職につきものの悩み
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第九回]年末年始と転職
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十回]「饒舌」より「情熱」
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十一回]転職活動を前向きに進めるコツ
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十二回]自信を持つコツ
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十三回]自信を持つコツ2
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十四回]「転職」に有利な「資格」について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十五回]スカウトメールとの付き合い方
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第十六回]お盆と転職

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP