転職お役立ちコラム

[細井智彦 メーカー転職コラム 第20回]「今年こそ、転職!」と思ったら。ちょっと待った!

hosoi_pic.jpg <細井智彦> 細井智彦事務所代表 転職コンサルタント 大手人材紹介会社にて20年以上転職相談や模擬面接などの面接指導に取り組む。企画し立ち上げた面接力向上セミナーは12万名以上が受講する人気セミナーとして現在も実施中。採用企業の面接官向けにも研修・講義を開発し、人事担当から経営者まで、260社、面接官3000人以上にアドバイスをしている。2016年3月に独立し、フリーな立場から、引き続き個人と企業の面接での機会創出に取り組んでいる。著書『転職面接必勝法(講談社)』ほか多数


2018年がスタートしたと思ったら、あっという間に1月も半ば。毎年お正月感が薄れてきたなぁ、とか、そういえばハワイで過ごす芸能人情報がなくなった?なんてことより「で、採用環境はどうなのよ?」ということのほうが、これをお読みのみなさんの関心事かと思います。私はそのへんを語るだけのデータを持ち合わせておりませんが、私へのお仕事の依頼状況をみる限り、ここ当面は関西のメーカーの採用意欲は引き続き高いように感じています。そんな2018年もコラムを続けることになりました。さて年頭一回目はどんなことを書こうか、と、浮かんでくることを書き出してみました。

「『求める人材像』に惑わされるな」
「AIと面接」
「いいアドバイザーは希望を聞かない」

いかがでしょうか。書くかどうかはわかりませんが、読みたいと思われたらリクエストをください。書きます。

実は、今回、最初「2018年。いま、採用面接で企業が知りたいこと」という年初らしいテーマを設定し書いたのですが、どうにも、自分で書きたい!伝えたい!という気持ちになれずに盛り上がりませんでした。テーマ自体は読者にも役立つ大事なことだし、ここで奇をてらう必要もないのですが、これはメッセージではなく単なるニュースでありノウハウ情報にすぎない、こんなのコラムじゃない。「ぼくはイヤだ!」と、いい年こいて頭のなかで不協和音が鳴ってしまったのです。そう、自分は「今年は自分らしさをもっと出して自然体でいこう」と決めたのだ!と。

さて、正月らしさが失われつつあるなかでも、新年の節目としてこういった今年こそ、といった抱負を決める人も多いのではないでしょうか。わたしもゆるゆるながらも抱負らしいものは一応決めます。ただ、この抱負。目標にしてしまうのは曲者です。ヤバイことが多いです。例えば「今年こそ炭水化物を控えて絶対に5キロ痩せる!」といったものです。こういった目標を、お雑煮をおかわりしながら立てて「あしたからね」なんて余裕があるうちはいいですが、春になり夏がすぎ、目標に届かない状態が続くとどんどん辛くなり、目標を遠ざけて、そういえばそんなこと言ったかな、なんてことになりがちではありませんか。みなさんは知りませんが私はダメです。転職場面でも「今年こそ転職する!」なんていう行動や結果を抱負にしてしまうと、達成できたか否かがわかりすぎて未達のときにちょっとした嫌悪感がうまれがちです。あるいは、そもそもこんな目標を立てたことがおかしかった、なんて開き直るか。ビジネスでは結果が可視化できるほうがいいのですが自分の目標はときとしてあいまいなほうがいいこともあると私は思います。

それはともかく、このコラムを読まれている方にも「今年こそ転職するぞ!」なんて思っている方もおられるのではないでしょうか。そんな人にひとこと。どうぞ、この1年そんな目標にしばられないようにすることをおススメします。いや私は細井と違う、いままで年初に目標を抱負にして達成してきたからほっといてくれ、と思った人にもあえて言います。それは転職すること自体はそもそも目標ではないからです。なにかを解消したい、なにかを叶えたいから転職するのであってそれ自体は目標ではないのです。ただせっかく転職しようと決めた自分の気持ちは大切にしましょう。そのためには、転職することをなぜ抱負にしたかを考え、その根っこの部分を抱負にするのがよいと思います。目標よりも目的に心を向けることともいえるかもしれません。つまり上司との関係が嫌で転職しようと思ったなら、ここは「いざとなったら転職してやる!」と吹っ切れたということを受け入れ「これ以上上司に振り回されないように自分の意見はできるだけきちんと話そうと思う」って感じの抱負をもったほうがいいと思うわけです。いわば自分を会社に例えれば、目標設定ではなくこだわりたい行動規範のようなものです。意外にそうしたことでいまの会社での関係性がひょっとしたら変るかもしれませんし、転職するにしてもどういった会社を選べばよいかをより深く考えられるようになるはずです。「企業が面接で知りたいこと」についても、私なりの感覚でいずれお伝えしたいと思います。

■[細井智彦 メーカー転職コラム 第1回]タイズさんを応援します
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第2回]転職を思い立ったら読んでほしいこと
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第3回]職務経歴書について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第4回]面接官が転職理由を聞く本当の理由とは?(1)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第5回]面接官が転職理由を聞く本当の理由とは?(2)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第6回]志望理由について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第7回]論理的思考能力より大事なもの
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第8回]エンジニアの転職につきものの悩み
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第9回]年末年始と転職
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第10回]「饒舌」より「情熱」
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第11回]転職活動を前向きに進めるコツ
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第12回]自信を持つコツ
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第13回]自信を持つコツ2
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第14回]「転職」に有利な「資格」について
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第15回]スカウトメールとの付き合い方
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第16回]お盆と転職
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第17回]第二新卒(1)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第18回]第二新卒(2)
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第19回]ガラパゴス化する「面接試験」
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第20回]「今年こそ、転職!」と思ったら。ちょっと待った!
■[細井智彦 メーカー転職コラム 第21回]AIと面接

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP