転職お役立ちコラム

Vol.12 転職活動期間はどのくらいかかりますか?

タイズでは、関西の大手・優良メーカーへの転職を希望されている方のご相談に乗らせていただいています。その際に、「転職活動期間はどのくらいかかりますか?」という質問を頂きます。

実際に転職された方の活動期間は?
実際に、タイズを通じて転職をされた方の転職活動期間について調べてみました。
(転職者の声インタビューにご回答いただいた方のアンケート)

question1.jpg

一番多かったのは、3ヶ月-半年以内です。その次に、3ヶ月未満となっています。転職を実現された方は、概ね半年以内に転職を実現されていますが、1年以上活動を行った方もいらっしゃいます。

転職期間が長期化する要因は?
できれば早めに転職活動を終えたいのが本音だと思いますが、思いがけず長期化してしまう場合もございます。

転職活動期間が長期化する主な要因は、以下の点が挙げられます。
1)応募したい企業が見つからない。
2)書類選考を突破できない。
3)面接日の調整が難航する(かなり先の日程しか調整できない、出張や会議でリスケが生じる)
4)面接を突破できない。

この中でも、メーカーにお勤めのエンジニアの方で多いのは、(3)の「面接日の調整が難航する」ケースが見受けられます。

現職の仕事がお忙しく、休みがとりにくい。月に何回も休めないため、選考が進まず、結果として転職活動が長期化するケースもあります。「とにかくたくさん受けたほうが良い」とアドバイスをもらい、多くの企業に同時に応募した結果、面接の調整がつかずに、やむなく辞退されたケースも少なくありません。(タイズにご登録される前に、そんな活動をされたケースをお聞きいたします。)

(1)の応募したい企業が見つからないのケースでは、仕事の専門性が高すぎて、経験が活かせるポジションがなく、2年待って転職が実現したケースもあります。

チャンスを逃さないようにするためには?

いずれにしましても、転職活動を効率よくするためには、「戦略が必要」だとタイズでは考えています。

現在のお仕事の忙しさ、有給の取得しやすさ、頻度などに個人別の状況に応じて何社程度応募するのか?応募の順番をどうするのか?もう少し待てば、ご経歴に合う求人が出てくる場合、経験を積んだほうがよければ、数年待つべき等、バランスや状況を見ながら判断をする必要があります。
(とはいえ、求人はほかの方で採用が決まれば、募集が終了となるため、時には大胆に応募をしていくことも必要です。)

もちろん、正解はない世界ですが、ご自身で転職活動を行うのが心配な方は、確率を高めるためにも、タイズのような専門エージェントにお任せいただき、より的確な応募戦略をご相談されるのをお勧めいたします。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP