転職お役立ちコラム

Vol.8 第二新卒のメーカー経験者の転職先は?

pic8.jpg

弊社では、関西メーカーに転職を希望している方の転職サポートを行っており、新卒で入社した会社で2?3年目を迎える「第二新卒」の方も少なくありません。転職理由は「入社後、業績が急速に悪化」、「配属先の仕事がやりたいことと違う」、「定年まで働くイメージが持てない」など、様々です。

相談される方の希望として「大手メーカーで働きたい」とお考えの方も多く、「次こそ定年まで働きたい」と考え、できれば、福利厚生が充実して、教育もしっかりしているだろう、大手メーカーで働きたいとのお話をよくお聞きします。

実際には、「第二新卒」のメーカー経験者の転職先は、どのような所が多いでしょうか?

弊社での、過去1年間で第二新卒の方の事例を上げますと、

・中堅プラントメーカー(生産技術:経験年数3年)→大手食品メーカー(生産技術)
・中小部品メーカー(機械設計:2年)→ 中堅設備メーカー(品質管理)
・中堅部品メーカー(製造:3年)→ 大手部品メーカー(製造)
・中堅部品メーカー(製造技術:2年)→ 大手技術者派遣会社(機械設計)
などがございます。

特徴としては、技術系の素養を生かして、現職とは異なる職種への転職を行う人が少なくないことです。
(元々やりたかった職種、現職が合わないため、別の職種にチャレンジしたいなど)

関西大手メーカーへの転職事例は決して多くありませんが、リーマンショック以降の採用抑制分を取り戻すべく、エンジニアを中心に採用を行っているケース。新卒採用が激化しているため、新卒で採用枠が充足しなかった企業からは、2年目の方でも、機械系卒であれば、などの条件で求人をいただくケースもあります。(2016年現在)

また、第二新卒の採用は、求人環境に左右されることも多く、求人環境が良い今は、チャンスとも言えるかもしれません。

タイズにご相談いただければ、関西メーカーの求人状況を踏まえて、第二新卒での転職にふさわしい求人のご紹介や、アピールの仕方などアドバイスをいたしますが、ご面談でお話を聞かせいただいた結果、今転職するのがベストではない場合は、「転職をしないことをお勧めするケース」もあります。

実際に、3年前に「転職をしないこと」をお勧めして、3年経験を積まれた結果、当時だと入社できなかった「大手メーカー」への転職を実現された方もいらっしゃいます。

タイズの転職支援サービスは「転職ありき」ではなく、戦略的にプランニングを行っていきます。厳しいことを言うこともあるかもしれませんが、第二新卒の方も、一度ご相談いただければ幸いです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP