転職体験談

転職体験談 case.99

profile

年 齢 20代後半
前 職 食品メーカーにて製造
現 職 食品メーカーにて生産管理

■転職を考えたきっかけ

転職のきっかけは結婚を考えていたのが一番の理由です。前職の会社では、この先給与が上がっていくのか見えませんでした。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は、マイナビやリクナビNEXTに登録して、求人情報を見ているだけでしたが、エージェントという存在を知って、最初はタイズとは別のエージェントに依頼しました。しかし、私の希望と合う先方の求人案件が少なくて、応募できませんでした。そこで、「製造業に特化したエージェント」というキーワードで検索して、タイズを知って求人案件の紹介を依頼しました。タイズのキャリアコンサルタントからメールをやり取りして、何度か電話もさせてもらいました。本当に希望に沿う求人案件ばかりを数多く紹介してもらい、しっかりフォローしてもらったので、"めちゃめちゃ"良いエージェントに出会えて良かったと思っています。

全部で10社程の求人案件を紹介してもらい、その中から2社の求人に書類応募しました。そのうちの1社が、現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は人事課長、現場の部長と課長の3名が面接官でした。質問はオーソドックスなもので、志望動機や退職理由、前職でどんな仕事をしていたかなど。雰囲気もすごくフレンドリーで、良かったです。

<二次面接>
二次面接は役員の方、人事部長、現場の部長と課長の4名が面接官でした。今回も一次同様、最初から最後まで雰囲気はすごく良かったです。質問内容も大きくは変わりませんでしたが、役員の方からは退職理由について、結構突っ込んだ質問を受けました。

面接当日に帰宅してから内定の連絡をいただきました。

■その企業に決めたポイント

それまで何社か面接を受けていましたが、あまりいい雰囲気の会社はありませんでした。しかし、現職の会社では、3交代勤務で自宅から会社までの距離が遠く、私の通勤時間が長いことから「体は本当に大丈夫?心配だけどなぁ」と私の体のことを第一に考えた面接だったので、本当に人を大切にする会社なんだと思ったのが入社の決め手でした。

■転職活動で苦労したポイント

自分のキャリアを振り返って、それをきちんとまとめて、人に伝えることに一番苦労しました。前回の転職の時は派遣社員からそのまま正社員に登用されたので、本格的な転職活動は初めて。職務経歴書を書いたのも初めてでしたので、自分で本を読んで調べたり、人に聞いたりして、何とか作成しました。

■転職して良かったこと

給料が"めちゃめちゃ"上がったことです(笑)。もちろんその分、仕事は大変です。前職では単純作業がメインでしたが、今の会社では単純作業はまったくなくて、工場や現場の配管フロー図を見て、機械が故障したら自分でばらして修理も行っています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職活動をしようと思ったら、まずは自分の今までのキャリアをまとめておくことをお勧めします。そうすることで、転職活動が進みやすくなるはずです。また、退職理由と志望動機をどれだけリンクさせるかが大事です。そこがずれると、基本がずれるので、その基本をしっかり作っておくことが大切だと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

最初、利用していたエージェントは、どちらかというと自分の利益のためだけに、とにかくどこでもいいから入社してくれという感じが見えました。しかし、タイズのコンサルタントの方は、私の希望に合った会社にどうしたら入れるかを考えてくれる人でした。こちらの目線に立ち、いろんなアドバイスもしてくれて、私の転職を支援してくれたのが印象的でした。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP