転職体験談

転職体験談 case.95

profile

年 齢 20代後半
前 職 電化製品メーカーにて製造
現 職 自動車関連メーカーにて検査

■転職を考えたきっかけ

前職では国内事業の縮小が始まり、工場の一つが閉鎖、もう一つが縮小となり、家族手当や住宅手当が廃止されるなど、将来に不安を覚えたのがきっかけです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
具体的な仕事のイメージを持っていたわけではなく、まずは、どんな求人があるのかを見るつもりでリクナビNEXTに登録しました。ただ、前職ではさらに国内事業を縮小するという話が出てきて、本格的に転職活動を始めようと思いました。すでに転職していた前職の先輩から、「タイズのコンサルタントから紹介をもらった」と聞いていたので、連絡先を教えてもらって、コンサルタントの方に直接連絡を取りました。

メールと電話でやり取りをして、7社程の求人を紹介してもらい、その中から2社の求人をピックアップして書類応募しました。そのうちの1社が現職の会社です。

<一次面接>
現職の会社は一次面接があり、その後筆記試験を挟んで、二次面接が行われました。

一次面接は配属先の課長と係長が面接官でした。雰囲気は和やかで緊張をほぐしてくれる場面もありました。質問内容は基本的に前の会社でどんな改善をしてきたのか、リーダーとしてどんな風にメンバーをまとめてきたのか、その2つをかなり重要視している感じでした。しかし、一次面接は緊張して全然しゃべることができず、絶対に落ちたと思いましたが、コンサルタントの方から合格との連絡を受けました。

<二次面接>
一次面接はふがいない結果だったので、二次試験に向けて、毎日2-3時間受け答えの練習をしました。後輩にも協力してもらい、雑談中に突然面接の質問をしてもらって、それにもパッと答えられるくらいまで、練習を重ねました。そして、二次面接では本社の上役の方2名が面接官でした。一次面接と同じくらいにくだけた雰囲気で、内容は一次面接とほぼ同じで、前回の確認みたいな感じでした。練習の成果もきっちり出せて、これでダメだったら仕方がないと思っていました。ただ、職務経歴書や履歴書などはパソコンで作成して、送っていましたが、二次面接の連絡メールに手書きの履歴書持参と書かれていたのを見落として、持っていくのを忘れてしまいました。先方からは問題ないと言われましたが、少し心配でした。ただ、面接が終わった後、面接交通費の精算をしている時に、「選考とは関係ないから」と前置きしてから、これからのことについて結構突っ込んだお話をされました。入社してからの寮制度ことや勤務地が関西でも大丈夫かといったことなどを聞かれました。それを聞いていけるんじゃないかなと思いました。

面接が終わってすぐにコンサルタントの方に電話を入れて、手書きの履歴書を忘れたことをお伝えすると、「確認します」と先方に連絡を入れてくれました。折り返し電話があり、履歴書のことは問題ないとのこととまだ正式ではないが合格だったと伝えてくれました。本当に嬉しすぎて、駅のホームで叫びそうになりました。

■その企業に決めたポイント

コンサルタントから紹介された中で、待遇や仕事内容など一番私の希望に合った会社でした。新しい仕事を始めるのにも条件が整っていましたので、一番入社したい会社でした。内定をいただき、その場で「入社します」とお答えして、転職活動を終了しました。大きな会社で業績も給与も安定していましたし、先輩が働いていていろんな話も聞いていました。面接に行った時に、会社の雰囲気も良くて、ここで働きたいと思っていました。

■転職活動で苦労したポイント

転職活動中は東北地方に住んでいたので、東海や関西の面接に行くための移動に苦労しました。どちらも前のりしなければならず、ホテルや飛行機・列車などの手配も自分でしたり、またどちらも行ったことにない土地でしたので、会社までの道のりを調べるのにも苦労しました。

■転職して良かったこと

前の職場は3交替勤務でしたが、今の職場は日勤のみで体にかかる負担も少なくなりました。休みも前職は不定期でしたが、今は月-金勤務で土日が休みで、整ったサイクルで生活できています。労働条件が良くなりましたが、給与も前職とほとんど変わりません。経営も安定していて、将来に対する不安もなくなり、健康的な生活と生活の安定という2つの面で精神的に楽になりました。

前の職場は現場でしたので、頭をほぼ使わず変わりのないことを毎日こなすだけでしたが、今の業務内容は結構流動的でやりがいを感じられる部分が多いことも転職して良かったことです。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

私の場合は、コンサルタントのおかげでとんとん拍子に話が進みましたが、正直最初は受かるわけがないと思っていました。しかし、結果は内定をいただくことができました。だから、恐れずどんどんチャレンジして求人に応募した方がいいのかなと思います。私も書類選考は2社受けて、1社が不合格でした。やはりその結果を少し引きずって弱気になってしましました。しかし、そういう時にも気にせず切り替えてすぐ次の求人に応募した方が良いと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

とにかくすべてに素早く対応していただきました。先輩から連絡先を聞いて、失礼かなと思いながら直接連絡させてもらったら、すぐにいつお話ししましょうかと段取りしてくれました。また、面接の対応や分からないことを聞いてもすぐに対応しれくれましたし、わざわざ先方の会社に聞いて対応してくれたこともあります。実は、現職の会社の書類選考を受けて、その回答までに1ヵ月近く間が空きました。こちらから聞くのも催促しているみたいで聞きづらかったので、コンサルタントの方に相談したら、すぐに問い合わせてくれました。本当にすべてのことに素早く対応してくれて感謝しかありません。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP