転職体験談

転職体験談 case.87

profile

年 齢 30代前半
前 職 電機メーカーにて製品開発・全工程管理
現 職 電機メーカーにてプロジェクトマネジメント

■転職を考えたきっかけ

前職の会社の経営状況が不安定で、家族にも不安を与えていました。ずっとこの会社にいても良いのか、ここでやりたいことができるのか、そう考えるようになったのが転職のきっかけです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
まずは、リクナビNEXTに登録しました。タイズのキャリアコンサルタントの方からメールをいただき、電話で面談を行いました。これまでの経歴とかこれからやりたいこととかをお話しして、10社位の求人を紹介してもらい、その中の2社に応募しました。そのうちの1社が現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は人事担当の方と直属の上司が面接官でした。ざっくばらんな雰囲気で志望動機や今までやってきた仕事内容、入社して何がやりたいのかといった質問や日本に留学した理由などの雑談的な質問もたくさん受けました。雰囲気が良かったので、手応えはありました。一次面接の翌日には二次面接の連絡をいただきました。

<二次面接>
二次面接は部長と人事課長・担当の方が出て来られました。ざっくばらんな雰囲気でしたが、志望動機など一次面接よりも踏み込んだ質問を受けました。この時も雰囲気が良かったので手応えを感じました。1週間ほど後にコンサルタントの方から内定の連絡があって、その時はホッとしました。現職の会社が第一志望でしたので、内定をいただいて転職活動を終了しました。

■その企業に決めたポイント

理由は2つあります。1つは幅広い事業を展開していて、しっかりとしたモノづくりをしている会社だったこと。もう一つは、所属部署の仕事内容が海外で活躍できる職場だったことです。前職の時から、そういう仕事をずっとやりたいと考えていたので、現職の会社が第一志望でした。

■転職活動で苦労したポイント

仕事をやりながらの転職活動でしたので、時間の調整に苦労しました。特に平日の面接に合わせて仕事を調整するのは大変でした。しかし、それ以外は特に苦労したことはありません。コンサルタントの方から適切なアドバイスをいただきました。面接ですんなりと通ったのもコンサルタントの方のおかげだと思っています。事前に「面接でこういうことを聞かれるので準備してください」とか「自己紹介はこういうところを注意した方が良い」といったことなど、親切に教えていただき感謝しています。

■転職して良かったこと

個人的には、関西に戻れて良かったと思っています。また、自分が入社前にイメージしていた通りの海外と関わる仕事をさせていただいています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

やっぱりまずは行動した方が良いと思います。マイナスのことを考えても仕方ないので、前向きにチャレンジすることをお勧めします。エージェント選びも大切です。私は経験豊富なコンサルタントの方に出会えて良かったと思っています。

■タイズのサービスで印象的だったこと

1回目の電話で連絡をいただいて、ざっくばらんに今まで何をしてきたのかをお話しすると、それだけで私の強みをすぐに分かってくださって、私にマッチした求人案件を紹介していただきました。それまでは自分で求人を探して、自動車メーカーなどにも面接に行きましたが、深く考えずに行動していたこともあり、あまりピンと来るものはありませんでした。しかし、タイズのコンサルタントの方と出会ってからは、的確なアドバイスをいただき、すごくスムーズに転職活動が進みました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP