転職体験談

転職体験談 case.84

profile

年 齢 30代前半
前 職 化学メーカーにて採用
現 職 化学メーカーにて採用

■転職を考えたきっかけ

もともと今回は、私自身がActiveに転職活動をしていたわけではありません。ずっと以前にリクナビNEXTに登録していて、タイズのキャリアコンサルタントの方からスカウトメールをいただいたのがきっかけです。そのメールに書かれていた求人企業にとても興味があり、その企業だけを受験するというカタチの転職活動でした。私のスキルが生かせる採用業務の求人に惹かれたのです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
スカウトメールをいただいて、前職の仕事にも満足していたので、2日間考えて返信しました。その後、タイズのキャリアコンサルタントの方と電話面談を行いました。業務の忙しい時期だったので、出張先で行いました。その際に、求人の背景から現在の人員構成など、詳細な情報を聞かせていただき、自分自身のスキルが今求められているところに、ぴったりマッチすると実感できました。それで具体的に選考に進むことにしました。

以前に作ったレジュメが古かったので、コンサルタントの方に添削していただいた上で、書類選考に応募しました。

<一次面接>
採用部門の管理職の方、2名が面接官でした。かなりオープンな面接で、1時間半位行いました。事業や業務の説明をいただきながら、私の経歴についてもかなり細かく質問を受け、終始和やかな雰囲気で進みました。面接官が直属の上司となる方でしたので、細かなところも含めて、いろいろと確認しながらの面接でした。

SPIの出来が悪かったので少し心配しましたが、面接は自分のやってきたことをきちんと説明できたので良かったと思います。また、コンサルタントの方から面接官のお人柄についても詳しく伺っていたので、ある程度イメージしながら面接に臨めたことも良かったと思います。

面接が終わった後、コンサルタントの方が出待ち(笑)をされていたので、その会社の地下のカフェで少し話をして、面接の感想などを伝えました。

<最終面接・内定>
一次面接の通過は、1-2日で連絡をいただきました。最終面接は、約2週間後となり、その間に、コンサルタントの方から「こういった所に注意してください」など最終面接の情報や電話で面接対策をさせていただきました。私も長く採用業務に携わってきましたが、タイズのキャリアコンサルタントの方が持つ情報量の多さと質の高いサポートは本当に想像以上でした。

最終面接では、役員、採用グループのリーダー、人事の管理職の方3名が出て来られました。雰囲気は和やかで、採用グループのリーダーの方がおられたので、テクニカルな内容を含めて細かな話やキャリア志向、人生観など1時間半位の面接となりました。一次面接程の手応えはありませんでしたが、自分のやってきたことを適切に表現できたので「これでダメなら、仕方がない」と思いました。

内定の連絡は、翌朝通勤電車の中で受けました。コンサルタントの方が会社の人事の方と即時にコミュニケーションを取れる、そんな繋がりの深さを感じました。

■その企業に決めたポイント

現職の会社の求人だったことが大きなポイントです。待遇や業務の幅など、明確に自分のキャリアアップになると感じられたからです。

前職でも楽しく仕事をしていましたが、ただ、業績の波が激しくて将来的な不安もなかったわけではありませんでした。

さらに、中途採用の業務を通じて、タイズのサービスの質が高いということを知っており、そのタイズからの紹介案件だったことも入社を決めた理由の一つです。

■転職活動で苦労したポイント

自分自身が転職することについて、大きな決断をして準備をして進めたわけではありません。声を掛けていただいて、それに反応するカタチで転職活動をすることになりました。

だから、本来自分がキャリアの中で何を望んでいるのかなど、転職の動機形成については、コンサルタントの方とキャリアの棚卸をしながら整理していきましたが、苦労しました。

もう一つは退職交渉です。私は採用チームをマネジメントする立場にいましたので、メンバーにどう伝えて、どう引き継ぐか、周りに納得してもらいたいと思っていたので、それに苦労しました。

■転職して良かったこと

規模や事業領域、持っている技術などは前職とは違います。展開しているビジネスの幅広さも非常に面白いです。前職で採用業務はやり切った感がありましたが、新しい組織の中で、マネージャーのもとで働き、一から仕事を学んでいくことが、とても新鮮です。前職での経験をいかに生かしていくかを今は試行錯誤していますが、現在の仕事環境については高い満足感があります。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

人材紹介会社とどう付き合っていくのかが大切だと思います。私の場合は、タイズのキャリアコンサルタントの方を完全に信じていました。だから、提供された資料に対して、真摯に向き合いました。私もきちんと対応し、コンサルタントの方もしっかり対応してくれたから、最短距離で成果が出せたと思います。紹介会社によって、情報の精度・鮮度にはかなりばらつきがあります。付き合う紹介会社のコンサルタントの方を見極めながら、どういう風に付き合っていくのか、どこにお願いするのかをしっかりと考えることが一番の近道ではないかと思います。

また、数多くの会社に応募することはお勧めしません。自分の軸と会社の軸を照らし合わせて、受ける必要があると明確に感じる会社を一つひとつ受験していくカタチにしないと、力が分散してなかなか良い活動に繋がらないと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

情報量は圧倒的なものがあると感じました。私の場合は、併願でなく1社専願でしたし、絶対にクリアしなければならない条件があったわけではなく、そういう意味では、スムーズと言えばスムーズに活動が進みましたが、一つひとつのポイントで豊富な情報量を渡してもらいながら、並走してくれているという感じがあり、とても安心感がありました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP