転職体験談

転職体験談 case.80

profile

年 齢 20代後半
前 職 機械メーカーにて設計開発
現 職 機械メーカーにて設計開発

■転職を考えたきっかけ

前職の会社で残業手当が出なくて、給与も8年位勤務された先輩と大きな差がありませんでした。その時はまだ良かったのですが、後々結婚をして、子供が産まれてといったことを考えると将来に不安を覚えて、転職を考えました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は「転職しようかな」位の軽い感じで、マイナビやリクナビNEXTに登録して、求人情報を閲覧していました。転職経験のある知人からの紹介で、タイズのキャリアコンサルタントの方に電話をしました。転職理由をお伝えし、関西圏の会社で、開発や設計の仕事に携われる求人を探していただきました。

コンサルタントの方からは20社以上の提案をいただき、その中から6社を選んで書類審査に応募しました。最初は倍率や基準も厳しいだろうけど、挑戦するという気持ちで、大手企業を中心に活動を開始したのですが、最初の1社に受かってしまい(笑)それで転職活動を終了したのです。

<一次面接>
書類審査を通過して、一次面接を行いました。面接官は、配属先の部長と本社人事の方、もう一人別事業の部長、3名でした。質問内容は、前職の経歴や志望動機、入社したらどんなことがしたいかなど、基本的なものでした。前々からコンサルタントの方と、「こんな質問が来たら、こういう話をしましょう」と相談していたので、詰まることなく応えることができました。雰囲気も穏やかに進んで、3日もしないうちに一次試験通過の連絡をいただきました。

<二次試験・内定>
二次面接を受けるまでの間にWeb試験を受験しました。二次面接は本社で人事部長と人事の方、2名との面接でした。基本的に技術的な質問はなく、入社動機など一次試験と同じ質問を受けました。二次面接も穏やかに進みました。しかし、1時間の予定が30分程度で終了し、思っていたよりも短かったのでかなり不安になりました。面接後、コンサルタントの方に「ダメかもしれないです。ちょっと早く終わりすぎました」と報告したほどです。コンサルタントの方から「時間は気にしなくて大丈夫ですよ(笑)」と言われて少し安心しました。3日ほど経って、コンサルタントの方から「内定が出そうです」と連絡があり、1週間後には正式な書類が届きました。他にも3社面接が進んでいましたが、現職の会社が第一志望だったので、転職活動を終了しました。

面接・内定をいただいた時は嬉しかったです。コンサルタントの方からも「2-3ヵ月は見ておいてください」と言われてましたので、「あっ、受かった。終わった。」と思いました。

■その企業に決めたポイント

面接を受けていた他の会社も魅力がありましたが、現職の会社は自動車業界で部品の根幹にかかわる製品を作っていたことに魅力を感じていました。また、企業グループに対する信頼、ネームバリューも大きかったです。

■転職活動で苦労したポイント

審査書類を出す時に、企業ごとに志望動機を考えるのが大変でした。コンサルタントの方とは、具体的なお話はしませんでしたが、私が書いた原稿で問題がないかどうかだけをチェックしていただきました。

■転職して良かったこと

やっぱり興味のあった業界なのでやりがいがあります。仕事をしていて、こうやってクルマは作られているんだなぁと実感しています。CMに出てくるクルマに自分の会社の製品が使われていると思うと楽しいです。また、新しいクルマの事前情報が入って来て、それを設計できるのは面白いです。クルマが好きだったので、みんなが知っているクルマに自分が関わっているのは嬉しいです。

待遇面では残業代はもちろん全額出ますし、給料も上がりました。福利厚生もしっかりしており、前日に相談しても有給休暇が取れる環境です。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

面接に行く時は緊張すると思いますが、いざ接してみると当たり前ですが、皆さん「普通の人(笑)」なので、そんなにビビらずに、臨めばいいのかなと思いました。変に自分を良く見せるために、筋道立てて話そうと力が入り過ぎてしまうと、矛盾が出てきた時に大きくミスすると思います。基本的に自分が今までやってきたことを聞かれると思うので、身構えずに普段通りに話をすることをお勧めします。まったく緊張しないというのは、難しいとは思いますが。私は矛盾したことを話してしまった時の予防線として、面接の最初に「今、ちょっと緊張しています」と正直にお話ししていました。

■タイズのサービスで印象的だったこと

コンサルタントの方は、親身になって聞いてくれました。面接対策では「こんな話をしてください」というような具体的な回答を押し付けられることはありませんでした。多分、面接では私の言葉で勝負してほしいとの思いから、意図的に話されなかったと思います。だからこそ、合格した時に大きな達成感がありました。

時間を問わず連絡させていただき、志望動機も何度も精査していただきましたが、「この時間は無理」ということもなく、親身になってサポートしていただいたので、本当に感謝しています。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP