転職体験談

転職体験談 case.65

profile

年 齢 30代前半
前 職 システムにてSE
現 職 システムにてSE

■転職を考えたきっかけ

前職ではかなり残業時間が多くて、長時間労働となっていました。また、前職でインフラ系の仕事はしていましたが、プロジェクトの管理が中心で実業務には取り組めませんでした。スキルアップを図るために、もっとインフラ系の開発を深掘りできる職場で働きたいと考えたことがきっかけです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
まずはリクナビNEXT、マイナビに登録して転職活動をスタートしました。タイズのキャリアコンサルタントの方からメールをいただき、コンタクトを取りました。

関西圏勤務で、インフラスキルを磨けるところを要望して、コンサルタントの方から2-3社の求人情報を案内してもらいました。その他、直接応募もあって、書類選考には5社程エントリーしました。

<一次面接>
現職の会社の一次面接は、部長と直属のグループ長、人事の方3名が面接官でした。

人事の方から、志望動機の質問や年収・給与などの説明を受けました。部長やグループ長からは、職務経歴書に沿って、どんなことをやってきたのかといった質問や業務内容についての説明などを受けました。ざっくばらんな面接で、雰囲気も良くて、「これなら大丈夫かな」と思いました。

<二次面接>
二次面接では、人事の方、部長、副社長が出て来られました。面接というよりも最終確認で、5分程度で終わりました。具体的にいつからこれますかといったお話で、副社長とは雑談をして終わりました。その後、正式な内定をいただきました。その他3社程、選考が進んでいましたが、現職の会社から内定をいただいたので、転職活動を終了しました。

■その企業に決めたポイント

会社の雰囲気や上司になる面接官が自分に合っていると思ったからです。良い意味で個人的にキチッとしていないとお話しすると「うちもそんなにきれいな仕事をしてませんよ」とお答えいただきました。キチキチしている感じではないところが自分に合っていると思いました。

■転職活動で苦労したポイント

現職の業務が忙しく、面接日時を調整するのが大変でした。

■転職して良かったこと

一番は残業時間が少なくなったこと。月に10-15時間程度で、ほぼ毎日定時に退社できます。家族との時間も取れるようになりました。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職の成功はやはり会社に入ってみないと分からないことが、ほとんどだと思います。

面接に行った際、面接官だけでなく、例えば廊下で、すれ違う人を多く見るようにし、その会社の雰囲気を感じて入社されるか、判断してもよいのかなと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

面接日時のピンポイント調整や内定受諾期間の延長など、こちらからの無理なお願いを快く受けていただいたことです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP