転職体験談

転職体験談 case.59

profile

年 齢 30代前半
前 職 化学メーカーにて開発
現 職 化学・機械メーカーにて開発

■転職を考えたきっかけ

結婚を考える時期でもあり、職場が今よりも遠くなったこともあって、転職を考えました。また、給与面でももう少し高いところがあるだろうということもありました。なかなか重い腰が上がらなかったのですが、そういうタイミングになって、やっと動き始めたのです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
今のキャリアでどれ位の会社に転職できるかが、全然分からなかったため、とりあえずリクナビとマイナビに登録しました。その後、何社かのエージェントからメールがあり、タイズのキャリアコンサルタントの方のメールに記載されていた求人に興味を持ったので、返信したのです。コンサルタントの方から連絡をいただき、「もう少し詳しく教えてほしい」とのことだったので、職務経歴書を書いて、お送りしました。その時点では、まだそこまでのめり込んで転職活動をする気はなかったのですが、コンサルタントの方から「この日までに送ってください」と言われたので(笑)、頑張って期日に合わせて作成しました。

コンサルタントの方には、現住所から通える範囲の勤務地で、給与が今よりも上がるとこと。そして、それまでやってきた開発職を希望しました。コンサルタントの方に10社程の求人を案内してもらい、その中から3-4社に絞って書類選考に応募しました。

<一次面接>
書類選考に応募した中に、現職の会社もありましたが、選考はあまりスムーズには進まず、応募してから面接まで2ヵ月位かかりました。面接は2回で、SPIと独自の実験計画法を問うような筆記試験がありました。

一次面接は人事の責任者の方と直属の部長が面接官でした。人事の方が非常に気さくな方で、終始和やかで笑いもある雰囲気でした。基本的な質問に加えて、いろいろと掘り下げてくださって、趣味のフルマラソンで3時間を切った経験があり、それをお話しすると「すごいな」と言っていただき、とても盛り上がりました。

<二次面接>
二次面接は一次面接のお二人に人事の役員の方が加わりました。質問はほとんど一次面接と一緒でした。選考されているという感じではなかったです。面接後に人事の方とお話ししていたら、待遇などの条件の提示も受けました。「内定」ですとは言われませんでしたが、話の流れから決まったかなと感じました。

■その企業に決めたポイント

仕事内容が希望通り研究開発だったこと。これまでの分野とは違っていましたが、一からやり直すことはOKでした。また、その当時よりも給与が格段に上がることになり、婚約者を説得するには十分な条件でした(笑)。

さらに、海外にも拠点があり、これまで勉強してきた英語を活かせることも大きな魅力でした。

■転職活動で苦労したポイント

面接は平日にあるので、やはり休みが取りにくかったです。月に2-3日休みを取る必要があり、社内には話さず活動していたので、何か言われないかなと思っていました。

あとは、面接の前準備が大変でした。書類は何とか書き上げたとしても、面接で何を言うか、どんな自己紹介をするかなどを詰めだすと、何時間もかかって深夜になりました。面接が終わったら、帰宅した途端に寝る(笑)くらいにフラフラになっていました。

■転職して良かったこと

職場は良い方ばかりです。部長以外は30代前半の同世代の方が多くて、先輩や後輩ということもあまりなくて気軽に質問できるので、働きやすいです。新しい分野で勉強しながら、仕事をするので忙しいですが充実した毎日を送っています。

そして一番良かったのは転職後に、プロポーズして結婚できたことです(笑)。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職活動をしたことのない人にとっては、経歴やスキルなど、今の自分の価値がどれ位あるのかを測る指標がありません。そういうことをエージェントに相談することをお勧めします。また、自分ひとりで求人を探すのは時間的に大変です。エージェントのコンサルタントの方に、スクリーニングしていただいた求人の中から、気に入ったものを選ぶ方が効率的に動けるので、時間のない方はエージェントを使う方がいいと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

喋りやすかったです。いかにも関西人っていう感じでお話がしやすかったです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP