転職体験談

転職体験談 case.54

profile

年 齢 20代後半
前 職 重工業メーカーにてシステムエンジニア
現 職 電機メーカーにて電気設計

■転職を考えたきっかけ

大学時代には電気を専攻していました。新卒で入社した会社でも、エンジンの設計を志望していましたが、入社直前に知らされた配属先は情報系の部署でした。その部署で3年間働きましたが、電気関係の知識を忘れていくのももったいないと考え、電気関連の資格を取得しました。また、何度か上司とも相談させてもらって、部署の移動をお願いしましたが、部署の異動は認められないとのことで転職を考えるようになりました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
当初はそこまで本格的に考えておらず、リクナビNEXTに登録しました。電機関係の求人をいろいろと調べていて、タイズのキャリアコンサルタントの方からご連絡をいただきました。そこで私の希望に合致するような求人をいくつか紹介していただいて、2つの求人の書類選考に応募しました。そのうちの1社が現職です。

<一次面接>
一次面接の前に筆記試験がありました。コンサルタントの方からしっかり対策をしておいてくださいと言われていたので、事前に勉強していたので、まずまずの出来だったと思います。

面接では人事担当の方と直属の課長が出て来られました。質問は転職理由と現職の仕事について。そのほか「内定が決まった場合、どれ位の期間で入社できますか」との質問も受けました。雰囲気は和やかで反応も悪くなかったと思います。その後、コンサルタントの方から面接通過の連絡をいただきました。

<二次面接>
二次最初に工場見学をしてから、二次面接が行われました。二次面接では、直属の部長、課長、人事課長と担当の方が面接官でした。質問内容は一次面接とは大きく変わりませんでしたが、「当社に入社してから、また転職をすることはないか」と聞かれました。「私の希望している仕事なので、ここからは転職するつもりはありません」とお答えしました。その他、希望年収についても質問を受けましたが、「自分のやりたい仕事ができるので、年収アップは考えていません」とお答えしました。ただ、「今後、転職しないのか」という質問を3回も受けましたので、信用されていないのかなと感じました。その不安があったので、受かっていればいいけれどダメかなとも考えていました。だから、コンサルタントの方から「合格です」と言われた時は嬉しかったです。

前職で退職することをお伝えすると、何度も説得されましたが、折れることなく自分の意志をお伝えして、納得していただきました。現職の会社が第一志望でしたので、面接に進んでいた会社もありましたが、ここで転職活動を終了しました。

■その企業に決めたポイント

転職する大きな理由だった電気関係の仕事に就きたいと思っていましたので、まさに電機メーカーなので会社として申し分ありませんでした。また、前職も別業界でしたが大手企業、現職も大手企業でさらにキャリアアップとなるので何の迷いもなかったです。年収についても下がっていいと考えていましたが、前職より基本給が上がり、年収も20%増えそうです。予定していなかったことなので、これも思わぬ喜びです。

■転職活動で苦労したポイント

コンサルタントの方が親身になって相談に乗ってくれましたが、面接の対策が苦労しました。何を話すか、こう聞かれたら、こう答えるといったことを文章に起こすのですが、なかなかうまい言い方が思い浮かばない。また、転職する人の多くは前職で積んだスキルを活かせる求人への応募だと思いますが、私の場合は、情報系から電気関係へのキャリアチェンジとなるので、志望動機の説明準備も難しかったです。大学時代は電気の勉強をしていて、入社してからも電気の勉強を続けて、資格も取得したことをアピールして、そこは何とか乗り切りました。

■転職して良かったこと

先ほどお話しした年収が上がったことも結構うれしいことなのですが(笑)、やっぱり一番は仕事内容です。前職でシステムエンジニアとしてプログラムやDB設計など、新しいことに挑戦することも楽しかったのですが、やっぱり電気関係の仕事をしたいと思っていたので、やりがいは大きいです。残業してもまったく苦にはなりませんし、毎日楽しんで仕事に取り組んでいます。

また、周りの方も優しくてフレンドリーに接してくれます。入社してまだ半年ですが「あれっ、まだ半年だっけ。1年以上いる感じだな」と課長に言われ、馴染めていると感じて嬉しかったです。

前職も福利厚生は充実していましたが、現職はより充実していて、社員のことを大事に思っているという印象が強いです。特に自社で作っている家電製品を安く買えるのが魅力的です(笑)。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

最初から本気で転職することを決めている方より、「転職しようかな」くらいの軽い気持ちで求人を探す方の方が多いと思います。私は現職の会社に関して、調べれば調べるほど、入りたいという思いが強くなりました。転職活動では苦労もしましたが、その思いがあったので頑張ることができました。だから、まずは入りたい会社をしっかり調べて転職へのモチベーションを高めることが大切だと思います。逆に会社を調べてもやる気が起こらないということは、まだ本気で転職活動を考えていないということだと思うので、今の会社で頑張ればいいと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

エージェントのことは転職活動を始めるまでまったく知りませんでした。今は、こんなに親身になって相談に乗ってくれるんだと、本当にいい印象を持っています。なんとなく事務的に淡々と面接の案内だけをするイメージを持っていましたが、面接対策や合格した後の前職を辞める説得の仕方についても、結構詳しく相談に乗ってくれました。人に対して親身になって対応してくれるのがすごいと思いました。コンサルタントの方の対応は完璧で、もう頭が上がらないです(笑)。入社した今も自分1人では転職できなかった、コンサルタントの方のおかげだと思っています。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP