転職体験談

転職体験談 case.53

profile

年 齢 30代後半
前 職 部品商社にて営業
現 職 機械メーカーにて営業

■転職を考えたきっかけ

前職ではまったくワークライフバランスが取れませんでした。また、関西に家族がおり、関西勤務を希望していましたが、キャリアアップには関東勤務が必須でした。優秀な人が多くいますが、仕事を最優先する社風が私の価値観と合わず、また、年齢的にも転職するにはぎりぎりだと思い、転職することにしました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
まずはリクナビNEXT、デューダに登録して、情報収集することから始めました。何社かのエージェントからスカウトメールが来ました。登録する際に、希望する勤務地や仕事内容を書きましたが、その希望とはまったくかけ離れた求人が送られてきました。

タイズのキャリアコンサルタントの方からいただいたメールは、関西のメーカーに強いという特色に興味を持って、返信しました。

コンサルタントの方からのメールや電話が、欲しい情報を的確に発信してくれる方だなと感じて、春に一度お会いして話をしました。その時にコンサルタントの方が「今は焦って転職するタイミングじゃないかもしれないですね」「もう少し腰を据えて中長期的にやりましょう」と言われました。情報収集ということが見抜かれていましたね(笑)。ただ、やみくもに案件を紹介するのでなく、中長期的にお付き合いしていただける姿勢に好感を持ち、またいつか相談するだろうとは思っていました。

翌年の年始から、営業成績は好調だったもの、倒れるほど仕事が忙しくなり、これ以上は限界だと考え、再度コンサルタントの方にコンタクトを取りました。「会社を退職して、転職活動を始めようと思います」とお話しすると、今回は本気だと思われたのか、「それでは本気でやりましょう」と言われました。

最初に5-6社、2回目も5-6社、求人をご案内してもらいました。2回目の求人を案内してもらった翌日にコンサルタントの方から電話があり、「今日、訪問した会社の求人もお勧めです」と追加で案内してもらいました。それが現職の会社です。また、この時コンサルタントの方が紹介する会社に実際にきちんと足を運んでいることにびっくりしました。

<一次面接>
現職の会社の一次面接は、人事の方と支店長が面接官でした。面接でしたが、私の回答が3割、先方が7割の割合で業務内容や業界のことなどを話されました。前職では私の取引窓口も生産技術が多く、共通のお客様もいたので、話は盛り上がりました。私の経歴は書類で読んでおられたので、人となりを見られたのかなと思います。雰囲気は良かったので次に進めるかなと思いました。

<二次面接>
二次面接は人事担当の方と人事部長が面接官でした。この面接ではどちらかというと価値観を見られていたと思います。仕事はもちろん頑張りますが、家族も大切にしたいとお話ししました。前職での激務や社風をお話しすると「それは大変ですね」と同情されました(笑)。この時の雰囲気も良かったと思います。

<最終面接>
コンサルタントの方からは二次面接が最終と聞いていましたが、役員が年齢を懸念されて最終面接が行われることになりました。この年齢から現職の会社の技術を本気で一から習得する熱意はあるかの確認でした。人事担当と支店長、役員の方が出て来られて、役員の方が中心に質問されましたが、この方も和やかな方だったので、雰囲気も良く対応することができました。その後、数日のうちに内定のご連絡をいただきました。

■その企業に決めたポイント

ワークライフバランスと関西勤務の希望が実現可能だったからです。あとはトップシェアを持っている、そんな強みのある企業だったため、自分の営業力が更に活かせると思ったからです。コンサルタントの方に、私の希望を伝えた時に「大手だけじゃなくて、小規模でも技術力があって、営業が足りないという会社の方が、転勤も少ないし、融通も利くと思います」という提案を受けました。私自身、大手限定とは思っていませんでしたが、単純にどんな会社があるか知りませんでした。現職の会社もコンサルタントの方から案内いただくまでは、まったく知りませんでしたが、事業内容が面白そうだと思いました。実際に面接でお会いして、雰囲気が良かったことも決めた理由です。応募の段階である程度、私の希望が実現できる会社に絞っていたので、フィーリングが合って、向こうが必要としてくれるなら、最初にご縁のあったところで決めようとも思っていました。

■転職して良かったこと

今は工場で研修中です。年内の7ヵ月間は工場で製品づくりの流れをじっくりと学ばせてもらっています。キャリア採用でこれだけの期間、研修をしていただけることはありがたいことだと思っています。また、自分のスキルや経験を整理する時間にもなっています。現職の会社の加工技術や設計開発力ももちろん優れていますが、一番の強みはノウハウで、それは1日2日の勉強で身につくレベルのものではありません。基本的技術を習得して、早く営業に出たいと今はうずうずしています(笑)。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

やりたいことや何故転職するのかをしっかりと持っておく、これがポイントだと思います。そうしないと、多分流されて、転職してもまた後悔することになると思います。私はWant(自分が求めるもの:ワークライフバランス、関西勤務)、Can(会社に貢献できること:営業で業績に貢献する)、Culture(価値観:フィーリング)という軸があったからこそ、技術力のある中堅企業にも選択肢を広げることができました。

そうした軸をぶらさないことが大切だと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

すごく丁寧だと思いました。こちらの要求や要望に対して、的確に返してくれます。それは他社エージェントとは比較にならないと思いました。大手企業しか知らなかった私に、希望を叶えるためには、こんな会社もありますよと提案までしてくれた。他社ではまったくなかったことなので、それはとても良いなと思いました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP