転職体験談

転職体験談 case.44

profile

年 齢 30代後半
前 職 医療機器メーカーにてサポートエンジニア
現 職 医療機器メーカーにてサポートエンジニア

■転職を考えたきっかけ

子供が小学校に入るタイミングで、慣れた環境で仕事をしたいと地元にUターンしたいと考えるようになったのが転職のきっかけです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
リクナビNEXTに登録して、本格的に活動を始めようとした矢先に、タイズのキャリアコンサルタントの方からメールをいただきました。そのメールに現職の求人情報があり、勤務地が地元で、今までやってきた仕事が活かせる内容だったので、「応募したい」と返信しました。

<一次面接>
現職の会社の書類選考に応募し、無事通過。続いて、一次面接に臨みました。一次面接は人事の方と担当部長、係長の3名が出て来られました。事前にどんな面接か、質問される内容などをコンサルタントの方にお聞きしていたので、リラックスして面接を受けることができました。

実は、この時の応募職種は、工場での技術サポート職でしたが、人事の方が私の経歴を見て、「カスタマーセンターでの仕事の方が、経験を活かせるんじゃないですか」と別の部署を紹介してくれました。そこで路線変更となり、コンサルタントの方も柔軟に対応してくれて、仕切り直しとなりました。

<一次面接・最終面接・内定>
再度、カスタマーセンター職の一次面接となり、人事の方と担当部長、課長が出て来られました。この時もコンサルタントの方から、事前に情報をいただいていたので、特に答えに詰まることもなく、経歴についての質問などにお答えしました。

最終面接では、人事部長、カスタマー事業部長、執行役員の方が出て来られました。事前にマネジメント層の方々が面接官とコンサルタントの方からお聞きしてましたので、現場の経験をお話しした方が、興味を持っていただけると考えて、そういうお答えをしました。ただ、お答えするとすぐに質問が飛んでくる、まるでバッティングセンターのような早いリズムの怒涛(笑)のご質問だったので、面接時間は10分位で終了。反応が良かったのか、悪かったのか、早すぎて正直分かりませんでした。

ただ、コンサルタントの方に報告すると「こちらの2次面接は短いんです」と言われたので、少し安心しました。

3?4日後には、内定のご連絡をいただきました。子供の転校のこともあり、4/1の入社を希望していたので、コンサルタントの方が結論を早く出してくれるようにとお願いしてくれていたので、早いタイミングで内定をいただくことができました。

■その企業に決めたポイント

業績が良かったのと、業界での評判も良かったからです。上場企業ですし、安心して働くことができることも現職の会社を選んだ理由です。

■就職活動で苦労したポイント

4月1日に転職するというタイミングがあり、そこに合わせるためにコンサルタントの方にもいろいろと調整いただきました。結果としてすんなりいきましたが、そこに不安がありました。引越しをする必要もあり、前職の引き継ぎもありました。12月末にタイズのキャリアコンサルタントの方からメールをいただいて、1月に面接。ただ、募集職種の変更もあり、時間が迫ってくる気苦労はありました。

■転職して良かったこと

前職では19:30-20:00、21:00位まで残業していましたが、現職では定時の17:35を皆さんが意識されておられて、遅くとも18:30、19:30にはもう誰も残っていません。会議でも18:00まで伸びると「定時を超えてすみません」という風土があります。1-2時間の違いですが、これほど体が楽だとは思いませんでした。子供や家族過ごす時間が増えたことが良かったです。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

自分自身、35歳でしたので、最後の転職活動だと思っていました。ただ、転職するかしないかの見極めのタイミングが大事だったと思います。私の場合、4月1日というリミットがあるにも関わらず始めるのが遅かったので、落ち着いて活動できなかったという反省があります。仕切り直しのようなハプニングがあることも考えて、これから転職される方は開始時期をきちんと考えてスタートすることをお勧めします。

■タイズのサービスで印象的だったこと

求人企業の情報がすごくあるなと感じました。先方の人事の方とも密に連絡を取り合っておられましたし、"企業に対して強い"という印象があります。企業と強くて深い関係づくりができているなと思いました。私が聞き足りないことも、間に入って聞いていただいたのは本当にありがたかったです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP