転職体験談

転職体験談 case.36

profile

年 齢 20代後半
前 職 機械メーカーにて調達
現 職 自動車メーカーにて購買

■転職を考えたきっかけ

前職の会社の業界は、競争が激しくて、将来性が見えにくかったことと、自分自身のステップアップのために、よりグローバルな企業で、高度なスキルが身に付けられる環境で働きたかったことが大きな理由です。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
転職を決意して、リクナビNEXTに登録。タイズのキャリアコンサルタントの方からオファーメールをいただきました。その他のエージェントからもメールをいただき登録。タイズのコンサルタントの方からは、20社位の求人を紹介してもらい、10社程書類選考に応募しました。

面接に進んだのは、タイズから紹介してもらった現職の会社の1社と他エージェントで3社、同時に選考が進みました。

<一次選考>
現職の会社の一次選考は、会社説明会と面接が同じ日にあり、説明会に参加後に、面接が行われました。面接官は上司となる部長と人事の方、2名。質問内容は転職理由、志望動機、他の自動車メーカーではない理由、夫が転勤した場合どうするのか、これまでの仕事内容と実績などでした。私は素直な性格なので(笑)、結構思った通りに答えられました。また、他社での選考も進んでおり、すでに何社かの面接を受けていたので、練習を重ね、慣れてきたタイミングだったので、わりとうまくお答えできたと思います。

それでも、コンサルタントの方から「一次面接を通過しました」と連絡を受けた時は「本当に私で良いの」とびっくりしました(笑)。

<二次選考・内定>
二次面接では、さらに上の方が出てこられました。一次面接とは違い、かなり突っ込んだ質問があり、私自身も勤務経験が2年ほどしかなく、何度か答えにつまる場面もありました。雰囲気も厳しかったので、「これは落ちたな」と思いました。日本語はネイティブではないこともあり、私の言っていることが、うまく相手に伝わらないということもありました。

しかし、面接の後に内定をいただき、給与や休日、職務内容などの条件面談がありました。すでに内定を2社もらっていましたが、この会社が第一志望だったので、その場で入社を承諾し、他2社はお断りのご連絡を入れました。

■就職活動で苦労したポイント

苦労したことは一杯ありますよ(笑)。冗談ですけど。そもそも仕事を探すのは楽なことではないですねよね。私は結婚したばかりの女性で、25歳を超えていましたし、特別なスキルを持っているわけでもない。転職活動にあたり、自己分析したら本当に良いところはないなぁと思っていました。

■その企業に決めたポイント

グローバルに事業を展開しており、世界的にも知名度の高い会社で、業績も順調だったこと。そして、夫の勤務地と私の勤務地の中間地点に住居があるので、一緒に暮らしながら通勤することができること。そして今取り組んでいる仕事が、これまで経験してきた仕事とは内容がかなり違いますが、私がやりたかったことだったことが、現職の会社を選んだ理由です。

■転職して良かったこと

会社の規模も大きく、待遇もよくなりました。私は小さな頃から、グローバルな仕事をしたくて、英語や日本語を学んできました。今の部署は、まずは基本的な知識を身に付けることから仕事をスタートしていますので、それほど英語を使うことはありませんが、全世界に拠点がたくさんあり、そのやり取りを行っており、会社全体のグローバルに対する考え方が進んでいると思います。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

タイズのキャリアコンサルタントの方には、本当に感謝しています。どんなに遅くてもフォローの連絡をいただいたり、応援・サポートしてくれて、とても良かったと正直に思っています。転職活動では、きちんとフォローしてくれるコンサルタントの方がいれば、何があっても乗り越えられると思います。だから、転職するなら、タイズのキャリアコンサルタントの方に相談することをお勧めします(笑)。

もう一つは、根性が必要です。物事を常にプラスに考える。頑張り続ければ、必ず光が見えてくると思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

タイズでは、一人のコンサルタントの方が、ずっと私をフォローしてくれました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP