転職体験談

転職体験談 case.34

profile

年 齢 20代後半
前 職 液晶基板用ガラスメーカーにて生産技術
現 職 機械メーカーにて生産技術

■転職を考えたきっかけ

会社の業績が悪くなり転職を考えました。賞与も少なくなったり、出なかったり、業界全体も価格競争が激しくなっていて、業界の先行き、会社の将来性も見えなくなっていたのが転職の理由です。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
転職を考えた時は、海外赴任中でした。リクナビに登録していて、タイズ社のキャリアコンサルタントの方から送っていただいたメールに、気になる会社の求人があったので、連絡しました。実は、前回の転職で利用したエージェントからも同じ求人のメールをもらっていて、先にそちらに連絡したのですが、担当者が不在で1週間経っても連絡がなかったので、タイズ社に連絡したのです。タイズ社のコンサルタントの方からは、すぐに返信があり、その後の対応も良かったので、先のエージェントからは2週間後に連絡がありましたが、そのまま利用させてもらうことにしました。

私は10年程生産技術に関わる仕事をしてきて、そのキャリアに合った募集だったので応募することにしました。

<一次・二次面接>
海外赴任中でしたので、面接はすべてスカイプを利用してテレビ電話で行ないました。

一次面接は部長と人事の方の2対1。質問内容は一般的なもので、退職理由や志望動機などでした。面接の感触は良くて、大丈夫かなという気はしました。

二次面接は4対1で、質問内容もほぼ同じでした。ただ、仕事に関して「生産技術をする上で一番重視していることは何ですか」といったもう少し突っ込んだ質問もありました。あまりうまく答えられた気もしなかったので、感触は正直分からなかったですね。

二次面接後、わりとすぐに内定をいただきました。ただ、退職するまで1ヵ月ほどかかり、内定をいただいてから3ヵ月後に入社しました。

■就職活動で苦労したポイント

選考のプロセスでは特にありませんでしたが、退職を申し出てから前職の会社から、引き留めにあって、それがしんどかったですね。

■その企業に決めたポイント

業績が安定していること。仕事内容も担当できる範囲が広そうでした。キャリアコンサルタントの方から聞いた話からも、会社の雰囲気も良さそうでした。

結局、面接をスカイプで行なって、内定をいただくまで会社に行ったこともなかったのですが、帰国して面談した時も会社の雰囲気は良いなと思いました。

■転職して良かったこと

思っていたよりも、いろいろな仕事ができていて、やりたいことを任せてもらっています。自分の判断で仕事ができ、任せてもらえる自由な風土があります。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

私は2回転職していますが、自分がやりたいことをやるための前向きな転職なら良いと思います。もちろん、条件も大切ですが、自分がこういうことをやりたいということがあれば、転職すれば良いと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

キャリアコンサルタントのアドバイスがものすごく的確で、こちらが求めていることをすぐに理解してくれました。また、採用する会社が求めていることもきちんと把握し、その情報を教えてもらったことが、面接する上でとても役立ちました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP