転職体験談

転職体験談 case.33

profile

年 齢 20代後半
前 職 鉄道会社にて電気設備施工計画
現 職 電機メーカーにて電気設備システム設計

■転職を考えたきっかけ

祖母が亡くなり、両親のこれからのことなどを考えるようになったのが転職のきっかけです。前職は転勤が多くて、地元に帰れる可能性はありませんでした。また、子供も生まれ、育てていくにあたって、田舎と都会どちらがいいのか、転勤の多い仕事で何度も引越しをすることがいいのか、そんなことも考え、地元で落ち着こうかなと思ったのです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
まずは、リクナビNEXTに登録し、地元の企業に絞って、どんな求人があるかを探しました。オファーメールをいただいた地元のエージェントと面談して、いろんな求人を紹介してもらいましたが、私の思っている条件のものがなかなか見つからなかったため、応募には至りませんでした。

タイズ社からもメールをもらい、そこに気になった企業の求人があったので、返信しました。その後、電話でキャリアコンサルタントの方に、転職理由や希望などをお話して、トータルで7社ほどの紹介をいただきました。

その中から2社を選んで、応募しました。そのうちの1社が現職の会社です。

大手企業で福利厚生がしっかりと整っている、前職でその会社が作っている機器のことも知っていたので、私の経験が活かせると考えて、応募しました。

<試験・内定>
一次試験は筆記と面接。筆記はコンサルタントの方から、事前に対策を聞いておりましたので、大丈夫でした。面接は緊張したので、あまり上手く話せませんでしたね(笑)。面接官は上司になる方や人事の方3名。質問内容は、転職理由や志望動機などオーソドックスなものでした。

一次試験を通過して、二次試験は面接のみ。部長が加わっての面接となりました。一次面接のときは緊張しましたが、二次では開き直って面接に臨めました。質問も一次のときと大きく変わらず、部長からも質問を受けました。人事の方がとてもフランクな感じだったので、笑顔の絶えない雰囲気でした。

二次面接の後1週間ほどで内々定をいただき、本社の稟議が下りてから正式な内定をいただきました。

■就職活動で苦労したポイント

新卒の時の就職活動では、周りも同じタイミングで活動しているので、いろいろと相談できる仲間がいましたが、転職活動は周りが知らない中で、1人でいろいろと調べないといけない。転職していいのかどうかも相談する相手がいませんでした。また、勤務しながらの転職活動だったので、事前対策などに割く時間があまり取れませんでした。

■その企業に決めたポイント

もともと地元企業でしたので、新卒の就職活動の時にも応募するかどうか迷っていました。だから、転職活動の時にも求人があって気になっていました。また、求人情報を見たり、面接でお話させていただく中で、地元に拠点を置いており、転勤がほとんどないということが分かったことも大きなポイントでした。

■転職して良かったこと

やっぱり実家に帰りやすいことが大きいです。母方の祖父、父方の祖父母も体調があまり思わしくないですが、お見舞いにも行けますし、母も手術したことなどもあり、地元に帰れたことは本当に良かったと思います。

また、前職では仕事の関係上、3連休取るのも難しかったのですが、現職ではゴールデンウィークが10連休になるなど、まとまった休みが取りやすい環境があります。その点、連休中に妻の実家に帰省するなど、時間に融通が利き、やりたいことがやれますね。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職活動を始めることに躊躇される方が多いと思います。私自身、考え始めてから実際に動き出すまでに時間がかかりました。でも今思えば、いろんな会社を調べて、良いと思ったら受けてみて、受かれば、本当に今の会社より良いのかどうかを見定めて、その上で決断してもいいのかなと思います。受からなければ、勤務を続ければいい。だからまずは、調べてみないと何も始まらない。転職活動で会社を調べるのは自由なので、転職を考えているのなら、もっと気軽に始めればいいと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

エントリーシートや面談などへのアドバイスが的確で早かったです。応募を決めてから、すぐにエントリーシートを記入して、面接も迅速に手配いただき、早く動くことができました。

また、地元のエージェントに「地元で落ち着きたい」とお話したら、中小企業の求人が多くて、私の希望条件を満たす案件がありませんでした。一方、タイズ社の案件は比較的大きく希望条件に合う企業が多くて、助かりました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP