転職体験談

転職体験談 case.32

profile

年 齢 40代前半
前 職 輸送機器メーカーにて海外法人経営
現 職 化学メーカーにて海外拠点立ち上げ

■転職を考えたきっかけ

前職での上司の多くが転職組でした。その方々は話されていたのは「転職することで視野が広がった」ということ。もちろん、仕事でも大活躍をしており、その姿を見て転職に興味を持ちました。

また、前職では、工場の原価から財務、海外工場の財務、事業企画、営業、海外拠点の経営といろんな仕事を一気通貫でさせてもらいました。非常に良い経験をさせてもらったと本当に感謝しています。海外赴任から帰国し、帰任するか、他拠点にいくのか、志望を出すようにと言われた時に、転職も一つのオプションだと思いました。ビジネスマンとして、次の20年、自分の能力やキャリアをもう一度上げたいという思いを持っていたからです。しかし、この時点では、あくまでオプションの一つで実際に転職する確率はまだまだ低い状態でした。

■転職活動の流れ

初めての転職でしたので、そもそも転職とは何かということが分かっていませんでした。そのプロセスに興味があったので、まずは求人サイトを閲覧するために、登録を行いました。登録して最初にメールをもらったのがタイズ社です。キャリアコンサルタントの方と何度かメールのやり取りをして、5社程の求人を提案してもらいました。その中から、2社選んで書類選考に応募しました。どちらの会社も日本で高いシェアを持ち、これから海外に進出し、工場などを立ち上げていく計画を持っており、私の経験を活かせると考え、応募したのです。

■就職活動で苦労したポイント

転職のプロセスに関しては、コンサルタントの方にしっかりと進めていただき、アポイントもタイムリーに取っていただいたので、まったく不満はありませんでした。

ただ、前職の会社には、いろんな方々に育てていただいたので、転職することへの気持ちの葛藤が大きかったですね。

いろんな仕事にチャレンジして、自分の力が伸びていくのを実感していましたし、海外でも大きな成果を出しました。最終的には、自分の能力をもっと伸ばしたいという思いの方が大きくなり、転職を決断しました。

■その企業に決めたポイント

どちらの会社からも内定をいただきました。お断りした会社もすごく良い会社で、待遇も良かったのですが、現職の会社を選びました。本来なら面接を3回に分けて行う選考プロセスを私の都合に合わせて、1日に集約していただき、私のことを本当に必要としているという熱意を感じました。そして、取締役との面談で「日本でシェアNo1だけど、世界シェアNo1になりたい。それをあなたと一緒にやりたい」と言われ、その言葉に心を打たれましたのが現職の会社を選んだ理由です。

■転職して良かったこと

本当に転職して良かったと正直に思います。私が所属しているのは、10年程前に垂直立ち上げでスタートした新規事業。その事業がどんどん発展し、国内から海外へと急速に広がっています。海外事業を展開できる人材が不足しているため、いきなり責任のある大きな仕事をどんどんさせてもらっています。やりがいを持って仕事ができていることが一番嬉しいですね。先日、帰国したばかりですが、また来週から1ヵ月間海外出張に出かけてきます(笑)。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

一つのことを究めるということも大切かもしれないけれど、いろんなことに挑戦して自分自身を向上させていくことが大切だと思います。個人としての市場価値を高めることが転職では大切なのです。

また、私は前職では1つの会社の中で、いろんな職務に挑戦するという非常に恵まれた経験をしました。その経験が転職市場で高い価値を持っていたことが、活動を通じてよく分かりました。自分自身の価値を知るためにも、まずは転職にチャレンジしてみることも大切だと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

タイズ社のキャリアコンサルタントの方が、最初に連絡をくれました。その後、他のエージェントからも連絡が来ましたが、タイズ社のキャリアコンサルタントの方だけに絞って活動を行うことにしました。その理由は、コンサルタントの方にすごい情熱を感じたからです。責任を持って、プロとしてやっている。そんな意志をひしひしと感じたのです。

初めての転職活動だったので、良いオファーをいただいているのにもかかわらず、のんびりと構えていた部分もありました。例えば、「対策のためにSPIテストを受けておいてください」と言われて、「なぜ、そんなことをしないといけないんですか?」と生意気なことを言ったら、すごく叱られてしまいました(笑)。そういった一つひとつのことを真剣に考えて、やってくれている。そんなコンサルタントの方のプロフェッショナルな姿勢を100%信頼して、転職活動を進めていくことができました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP