転職体験談

転職体験談 case.26

profile

年 齢 20代後半
前 職 化粧品メーカーにて研究開発
現 職 化粧品メーカーにて研究開発

■転職を考えたきっかけ

前職の会社では、新卒入社時からスキンケア化粧品の開発に携わっていました。3年間で約80アイテムの開発に関わらせていただくなど、仕事は非常にやりがいがあり、職場の人間関係にも満足していました。ただ、会社の経営方針が安定しておらず、業績は年々下がり続けるばかり。それにともなって賞与も充分に出なくなり、家族との生活設計を考えると将来に大きな不安がありました。業績良好かつ将来性のある会社で、化粧品の開発に引き続き携わり続けたい。そう考えて転職を決意しました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
私より一足先に転職した同僚が、「なかなか親身になって考えてくれるよ」とすすめてくれたこともあり、タイズ社にHPから登録しました。また、情報収集のために大手エージェントにも登録。タイズ社からはすぐにメールでコンタクトがあり、キャリアコンサルタントの方と直接面談しました。「化粧品メーカーでの開発職」という私のマスト要件に対して、関西を中心に5?6社紹介いただいた中に、現職の会社があったんです。

その1社を本命に、他にも念のため、化粧品専業メーカーではないのですが近い業種の3社へ書類を送ってもらいました。滑り止めの3社のうち、2社は大手エージェント経由です。大手エージェントでは、あえて業界を絞らない幅広い情報収集を通じて、「他業界はどんな感じなのか」という感覚をつかむことができましたね。

<面接・内定>
タイズ社に登録してから約1ヵ月後に、現職の会社の1次面接を受けました。1次面接は研究所で、人事の方と研究所長、研究開発部門長とお会いしました。新卒の時以来の面接だったので、最初は緊張しましたよ(笑)。でも、始まってみるとすごく和やかな雰囲気の中で、今までやってきた仕事、今後やってみたい仕事などを聞いていただきました。私が「この会社は自分にピッタリだ」と感じていたように、人事の方も「あなただったらウチに合いそうですね!」と言ってくださったことが印象に残っています。

2次の最終面接はその2週間後に、本社で。社長と研究所長、人事の方2名の、4対1での面接でした。「1次のようにはいかないんだろうな...」と思っていたのですが、これも始まってみると1次以上の和やかさ(笑)。ゴルフといった趣味の話で盛り上がり、真面目な話は、経営方針や今後のビジョンについて社長に直接質門させていただいた時ぐらいだったでしょうか。後でタイズ社のコンサルタントの方から聞いたのですが、採用は1次でほぼ決まっていたそうです。2次面接を終えて帰宅後すぐに内定の連絡があり、嬉しかったですね。

■就職活動で苦労したポイント

活動開始から約2ヵ月で転職先が決まったので、とくに苦労したという印象はありません。ただ転職活動は、新卒の時の就職活動とはかなり勝手が違うため、最初は「何から手をつければいいんだろう?」という状態でした。企業研究のやり方も忘れていましたね(笑)。タイズ社のコンサルタントの方に、企業のどんなポイントを見れば良いのか等、イチから教えていただきました。

また、職務経歴書を書くのも初めての経験でしたが、これもタイズ社が用意してくださったフォーマットに添って、書くべき内容もコンサルタントの方が教えてくださいました。最初に思っていたよりも比較的簡単に作成できましたし、同じ経歴書を大手エージェントでも活用できたので助かりましたね。

■その企業に決めたポイント

なんといっても、「業績の良い、将来性ある会社で、化粧品の開発に引き続き携われる」ということに尽きます。現職の会社は、過去5年間の業績推移を求人票に記載するなどオープンにしていて、非常に好感が持てました。売上・利益が毎年右肩上がりで伸びており、海外展開も予定しているため、今後の成長にも大いに期待できます。

もちろん、研究開発のレベルが高いこともポイントでした。OEM開発を中心に行っている会社ですから、自社製品の開発に携わる以上に、色々なことにチャレンジできます。今までの経験を活かしつつ、この会社でさらに経験の幅を広げていきたいと思います。

■転職して良かったこと

前職給がかなり低かったためでもあるのですが、年収が約180万円アップしました。ベースアップの幅も大きいので、将来設計に明るい希望を持てるようになりましたね。

また、業績好調な会社だけに、研究開発の現場にも活気があります。上司の指示のみに従ってただ処方するのではなく、「こんなことをやってみてはどうか」と、自ら積極的に行動を起こせる自由闊達な社風です。そのぶん責任は重くなりますが、自分の考えを活かして新しいモノづくりに挑戦していける。収入だけでなく仕事のやりがいもアップしたと感じています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

一度「転職する」と決めたら、後ろを振り返らず、その決意を貫くことが大切だと思います。逆に「どうしようかな」「今のままでもいいのでは」といった迷いがあるなら、転職しないほうがいいのではないでしょうか。迷いのある状態で転職してしまったら、「この部分は前の会社のほうが良かった」「前の会社ではこうだったのに」とどうしても比較してしまい、後で後悔しがちです。

絶対に新天地を見つけるという決意があってこそ、会社選びにも慎重になれますし、おのずと入社後の満足度も高くなると思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

電話やメールのみで進めるのではなく、直接会って私の人となりを掴むなど、密にコミュニケーションをとってくださったことが印象的でした。また、求人票に書かれた表面的な情報だけでなく「この会社はこんな雰囲気ですよ」といった、内側から見た情報をしっかりいただけたことも他社とは違っていましたね。おかげで志望先の企業について事前によく知ることができ、的確な比較検討ができたと思います。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP