転職体験談

転職体験談 case.2

profile

年 齢 30代前半
前 職 大手上場半導体メーカーにて品質管理
現 職 大手上場総合電機メーカーにて品質管理

■転職の経緯

「自らの市場価値を知りたい」という思いもあり、実は長い間転職サイトには登録していました。何件かスカウトや求人案件のご案内はいただいていましたが、実際に応募しようと思ったのは、タイズさんからお声がけいただいたことがきっかけでした。ご案内仕事内容やメッセージに響くものがあったのだと思います。何かのご縁があったのでしょうね。

■転職活動で印象的だったこと

最も印象的だったのは、担当コンサルタントの方に設定していただいた模擬面接です。「実際の面接を想定して」とのことでしたが、今振り返ると模擬面接の方が厳しかったように思います(笑)
また、コンサルタントの方が、応募先企業に事前に私の事をアピールして下さっていたことを知り、とても驚くと共にありがたかったです。お陰様で、面接時には事前に自分の魅力が伝わっていると手ごたえを感じることが出来ました。

■転職してよかったと思うこと

自分自身が転職活動で大事にしたいと思っていたことを実現することが出来たため、大変満足しています。具体的には、業務内容や社内での働き方(職種やポジション)、それにお給料などです。今までの経験を求められることも多々あり、自分がやってきたことを認めていただけるような環境は大変ありがたいですね。

業務においても、現在の会社ではとても高品質な製品を世の中に送り出せている実感が強いため、そのような開発に取り組むことが出来ることに喜びを感じると共に、「もっとこうしたい」という前向きな気持ちになっています。

■これから転職活動される方へのアドバイス

今、もし社内で何かうまくいかないことがあったり、自らの理想とのギャップを感じていたりする場合、通常はそれを会社や環境のせいにすることはしないと思います。私もそうでしたが、「もっと自分が成長することで、周囲を変えていくべき」だと思い、転職に対しては最終手段だと、あまり積極的に活動していませんでした。

今振り返っても、その踏ん張りがあったからこそ今の仕事ができているとも思います。しかし矛盾するようですが、同時に「転職するという選択肢がある」ということも知っておいて欲しいと思います。私自身それほど構えずに転職活動を始めてみたら、今までずっと抱えていたことが案外あっさり解決した、というようなこともありました。

ご自身が何を大事にされるかを明確にさえすれば、転職活動をすることで現在より環境が悪くなる、と感じることはないはずです。例えば、今までの経験を活かす職種に就くか、もしくは未経験の職種に挑戦するか、といったことについても、ご自身の中でしっかりと考えて転職活動していただければと思います。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP